Books and Arts

空間を作る - メシャック・ガバの芸術

9月
12

テート・モダンで「現代アフリカアート博物館」が開かれる

現代アフリカアート博物館とは、どのようなものだろうか?一つのギャラリーは、焼き物の鶏の足、刻まれたカネのバッグ、そしてアフリカの国旗のパズルのピースで満たされうる。他のものは、異なった宗教のトーテムを取り上げ、職業タロットカード読みを含むかもしれない。レストランがあるだろうが、食事はその作品が展示されているアフリカ人アーティストによって作られるだろう。店の品物は、木のパレットの上に並べられうる。

これは、少なくとも、主導的なアフリカ人アーティストメシャック・ガバの将来像だ。彼のおどけた「現代アフリカアート博物館」は、その作品を去年購入したロンドンのテート・モダンで、7月3日から展示される。1997-2002年の大規模な5年計画のガバ氏の12部屋の「博物館」は、挑発的になるよう設計されている。それは、彼の「アフリカの芸術に場所を作るための戦い」だと彼は説明する。本当の博物館がないので、彼は自分で一つ作り出すことを決めたのだ。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

歴史の始まり - 日中戦争

9月
08

[書評]

いかに日本の野蛮な占領に対する闘争が現代中国を形作ったか
China’s War with Japan, 1937-1945: The Struggle for Survival  By Rana Mitter

日本軍が1937年に中国の首都南京に進むにつれて、中国政府の高官周仏海(Zhou Fohai)は、その町を食い尽くすパニックと恐怖について彼の日記に書いた。彼はその破壊と、彼の国へのその示唆を予想した。「中国にはこれ以上の歴史がないだろう。」彼は書いた。

日本の侵略が浴びせるだろう荒廃は、実に衝撃的だった。しかし、ラナ・ミターがその日中戦争についての啓蒙的で注意深く調査された新しい本で示すように、中国の歴史は南京の陥落で終わらなかっただけではなく、多くの点でその戦争は現代中国を作り出すのを助けた。それは、新たな国が作られたカナトコだったのだ。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

豊穣の角 - ユニコーンとその神話

8月
25

クロイスターズは、ユニコーンの祝賀とともに、その75回目の記念日を記録する

純白で、サラブレッドのような優美さで、そのおでこから突き出る長く先細りする角を持つユニコーンは、古代から人々を欺いている。目撃例は、ドイツとインドの森で報告されている。キリスト教徒はその存在証拠を、ユニコーンの異常な強さを証言した4世紀のラテン語の聖書に見つけた。水をきれいにし、病気を治すと言われるユニコーンの角の形で、素材の証拠があった。特権的な少なさのために、それらは大事に保有された。女王エリザベス1世は二つ持っていた。

その生物の珍しさはその魅力を強めた。神話は、ユニコーンの行動と精神的な重要性について成長した。これらは、中世にその影響力の頂点に達した、ユニコーンはキリストの象徴とみなされた。彼らを追い求めることは、受難の物語なのだ。彼らはまた、上品な愛の象徴にもなった。誰も、そしてどんな獣もユニコーンを捕らえることができないのに対して、乙女の見た目と香りはすぐに彼を飼い馴らすだろう。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

ポンプ・プライマー - 現代哲学

8月
25

(書評)

Intuition Pumps and Other Tools for Thinking (思考への直観ポンプとほかの道具)
By Daniel Dennett, W.W. Norton

「思考は難しい」ダニエル・デネットは認める。「いくつかの問題について考えることは、とても難しいので、それらについて考えることを考えるだけで頭痛を引き起こすこともある。」デネット氏は知るべきだ。タフツ大学の哲学教授の彼は、半世紀を辺りのもっとも解決が困難な問題を考えることに費やしている。意味の性質、心の実体、そして自由意志が可能かどうか、といったことだ。彼の新著、『思考への直観ポンプとほかの道具』は、77のわかりやすくほとんどが一口サイズの章に蒸留された、この50年間の要約だ。

「直観ポンプ」は、デネット氏が、概念の核心に到達することを狙った思考実験を呼んだものだ。彼は何年にもわたってたくさん案出しており、そのいくつかを共有している。しかし、この本の狙いは、単にいかにそのポンプが機能するかを示すことではなく、読者が最も深淵(で偏頭痛を誘発する)難問のいくつかを考え抜くのを助けるためにそれらを展開することだ。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

アフリカの角の苦闘 - ソマリアのシャバブ

8月
20

(書評)

ソマリアのアル=シャバブ:あるイスラム民兵集団の歴史と思想
Al-Shabab in Somalia: The History and Ideology of a Militant Islamist Group
By Stig Jarle Hansen. Oxford University Press

世界で最も危険な場所:無法国家ソマリアの内側
The World’s Most Dangerous Place: Inside the Outlaw State of Somalia
By James Fergusson. Da Capo Press

2005年に、40人弱のソマリ人がイスラム主義者のクラブを作り、間もなく自分たちをシャバブ(アラビア語で「若者」)と呼んだ。ひと世代にわたって混沌がソマリアに君臨し、軍事的支配者シアド・バーレが1991年に没落して以来、そこには本当の政府はなかった。しかし、1年以内かそこらで、シャバブは、いくらかの厳格な成功で秩序をもたらすことを求めたイスラム法廷の緩やかな連合の中で支配的な勢力になった。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

芸術的な解決 - 現代アート

8月
20

ヴェネツィア・ビエンナーレの主要テーマは、いかにして世界はそのような混乱に陥ったか?だ

世界最大の芸術祭ヴェネツィア・ビエンナーレは、単に芸術についてだけではなかった。1930年に、イタリアのファシスト独裁者ベニート・ムッソリーニは、そのビエンナーレの潜在力をプロパガンダのショーケースとして見、彼の執務室からそれを運営した。彼はそのイヴェントがとても成功したとみなしたので、4年後にヒトラーをパーソナルツアーに連れ出した。第二次世界大戦以来、国の関与はより距離を置くようになっている。例えば、英国館はブリティッシュ・カウンシルによって運営されており、アメリカ館に責任を持つ国務省派遣団はヴェネツィアにあるペギー・グッゲンハイム・コレクションへのものだ。

今年、国別館を満たすよう選ばれた芸術家の多くは、ふたたび彼ら自身の国の鼓動を話している。(10年の中断後の)ボスニア・ヘルツェゴヴィナ、バハマ、(ベスト・パヴィリオン賞をかっさらった)アンゴラ、ツヴァル、そして教皇庁を含んだ、10の新参加国がある。ヴァチカンは、その初登場を、その計画を監督するテレビ映りのいい高位聖職者のラヴァージ枢機卿の言葉で「芸術と信仰との関係を再建する」ために使っている。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

微妙な物語 - カンヌ映画祭

8月
12

アブデラティフ・ケシシュの映画『アデルの人生』が最高賞を獲得する

フランスで国民全体が落ち込んでいるときに、カンヌ映画祭は貴重な瞬間だ。それが依然としてもっとも名声のある映画祭を開催でき、スターがちりばめられたパーティーを催すことができ、そして最高のハリウッドのタレントを惹きつけることができるということを世界に示す機会なのだ。何年にもわたって、カンヌはまた、その産業が言い分を述べる機会になっており、それはその祭の最高賞であるパルムドールの今年の受賞者に簡単に見ることができた。それは、チュニジア生まれの監督アブデラティフ・ケシシュによって監督された3時間の官能レズビアンドラマの『アデルの人生:La vie d'Adèle』の下に行った。「完璧な象徴だ。」リベラシオン誌は思いを巡らせた。

リールの多文化学校の生徒であるアデルは、先生になりたい。演ずるお告げである19歳のアデル・エグザルコプロスによって演じられた彼女は、自由で知的な環境のアートの学生でおてんばな身なりで青く染めた髪をしたエマ(レア・セイドゥ)との爆発的な情事によって混乱に、そして恍惚に、更に憂鬱に投げ込まれる。それは、女性についての感情的ではない成年映画で、情熱と怒りの物語で、弁解をしない生き生きとした愛の物語だ。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

壁の飴 - ウォルポールの名画

7月
14

エカチェリーナ2世によって飛びつかれた伝説的な英国芸術蒐集が、250年後に戻ってくるが、ほんの数か月間だ

1742年、英国の初代、そして最も長く仕えた首相である、ロバート・ウォルポール卿はついに退職した。20年以上にわたって、ウォルポールは大蔵大臣として得たその巨額の富を使って、ヨーロッパの偉大な民間蒐集品と競り合う美術と芸術の蒐集品を作り出した。

ノーフォークのホートンにある彼の父親の家の跡地に建てたパラディオン邸宅に、ウォルポールは、ダウニング通り10番地を含んだ彼の様々なロンドンの家を飾った絵画をまとめた。ルーベンス、レンブラント、そしてヴェラスケスによる肖像画が、当時もっとも流行の建築家だったウィリアム・ケントによって設計された内装の中に、パオロ・ヴェロネーゼによる名画に並んでつるされている。3年間、ウォルポールはこの栄華にふけり、彼の支出についてのどんな書類仕事も破壊した。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

金の指を持つゲルギエフ - マリインスキー劇場

7月
03

ウラジーミル・プーチンは、ロシアの指導者としての10年目を始める。2つの作品のうち一つが、彼のより印象的な友人たちの一人によってランドマークの劇場のこけら落としを特色づける

ある日、1988年以来サンクトペテルブルグのマリインスキー劇場の芸術監督を務めるヴァレリー・ゲルギエフのために彫像が建てられるだろう。それは、皇帝アレクサンドル2世からその妻マリアへの誕生日の贈り物として1960年に名づけられた古いマリインスキー帝室劇場と、7億ドルをかけゲルギエフ氏がその60回目の誕生日の5月2日に開いた新しいものとの間に建つだろう。暗く半分閉じた目で強力な存在感を持つゲルギエフ氏は、たとえその指揮者がずっと静かになるのを想像するのが難しかろうとも、彫刻家への贈り物だ。

新しいマリインスキーへのこけら落とし公演は、その指揮者の真髄を捕らえた。ゲルギエフ氏が、セルゲイ・プロコフィエフの『ロミオとジュリエット』からの劇的なモンテギュー家とキャプレット家の組曲に彼の交響楽団を突っ込んだとき、背景映像が新しい劇場を飛び回るクリスタルボールを示した。輝く階段を登り、ロビーを通り、更衣室を出入りし、屋根を越え、そして空へ上がったのだ。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

荘厳さの夜明けに - ルネサンスの春

4月
22

新たな展覧会が15世紀初めの巨匠たちをほめたたえる

イタリアのうぬぼれは引き潮にある。先月の選挙は、道化者たちが勝利した。イタリア経済は苦労しており、新たな教皇は、前任者によって彼に譲られたローマカトリック教会への不幸な調査の結果を読んでいる。しかし、フィレンツェへの訪問者にとって、フィリッポ・ブルネレスキが1436年に建設した大聖堂は、同時代の評論家によれば、「すべてのトスカーナの人々を陰に覆うほど広く空の上に」そびえたつ。

ブルネレスキの大聖堂は、フィレンツェがかつて新しい世界の支点だったことを思い出させるものだ。それはまた、多くがここで生まれたと論ずる、ルネサンスとして知られるようになった知的芸術的運動をかたどる。

この重要な瞬間に捧げた新たな展覧会が、いかにフィレンツェ共和国の著名な人々の小集団が、古代の学びを再発見するために、中世の思想の甲羅を突破した。彼らは、政治、芸術、建築、文学、そして哲学にわたって広がる研究と創造性の波を自由にし、復活の手本になっている。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

ページ

Books and Arts を購読