Books and Arts

ソマリ人の息子 - 新しいフィクション

9月
22

ヌルディン・ファラーは、22年に渡るモハメド・シアド・バーレ独裁の間の1976年に、彼の母国のソマリアからの亡命を自らに課した。彼は今、ケープタウンとミネソタに住み、英語で文章を書いている。しかし、彼を現代フィクションの中で洗練された表現スタイルを持っているものだと、そしてまたアフリカのもっとも重要な作家のひとりだと認識させた10の小説は、全てソマリアを舞台にしている。それらは、家族内での詳細な権力の解体と、国家の、そして世界的な権力の陰謀についての強い量の懐疑を結びつける。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

試行錯誤の世紀 - 経済史

9月
19
経済学者はいかにして人類を不潔さと欠乏から救ったのか?
 
その人気雑誌「ハウスホールド・ワーズ」に寄せたエッセイの中で、チャールズ・ディケンズは、経済学者にその学問を人間らしくするよう要求した。「政治経済は、それが少しでも人を覆い、それを満たさなければ、単なる骸骨だ。」と彼は1854年に創刊号で書いた。「その上に小さな人間の輝きがあり、その中に小さな人間の暖かさがある。」
 
これは、どの経済学と経済学者が主として進歩に失敗してきたのかを名指しするものだ。元のニューヨークタイムスの経済特派員で、今はコロンビア大学にいるシルヴィア・ナサーは、彼女の本の中で、ディケンズの望みを満足させる道の一部を少なくとも進んでいる。「大追跡」は、肉付き、輝き、温かみに満ちた経済学の歴史だ。著者は、経済学には、トーマス・カーライルの「陰鬱な科学」よりもはるかに多くのことがあると示す。そして彼女は、ゲーム理論の裏側の悩んだ天才であるジョン・フォーブス・ナッシュについての1998年のベストセラー「ビューティフル・マインド」の著者としてみんなが期待するであろう様式と堂々とした態度でそれを示す。
 
Posted By gno-eagrai 続きを読む

鳥の目での眺め - 新しいフィクション

8月
03

ナイジェリア生まれの小説家、テジュ・コール(Teju cole)は、フィクション界の驚くべき新たな声だ

ニューヨークをめぐる発見の旅で、テジュ・コールの最初の小説「開かれた町(Open City)」の主人公のジュリアスは、夜の間に聖ヨハネのカテドラルから、セントラルパークまで15分のところにあるモーニングサイドパークへの小道へと出発する。さもなければ、彼はモーニングサイドパークから西に向かってサクラパークへ、そしてハドソン川に沿って北のハーレムへ当てもなくさまよう。その道に沿って、彼は読者に、愛、人種、アイデンティティ、友情、思い出、混乱、そしてマンハッタンの鳥の生活について新しい展望をもたらす。

ジュリアスの夜のさまよいは、彼が高齢者の感情障害についての精神医学の研究プロジェクトを仕上げている病院での忙しい日々との対照を成している。それは「成熟と能力の養生」でそのどちらも即興も失敗を大目に見ることも許さない。息をすることなしに、著者は「セラピーとしての散歩」の考えを認め、進む。彼の目はもっと離れた地平に向いている。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

ページ

Books and Arts を購読