Books and Arts

不条理王子 - アフリカ文学

7月
18

コンゴのアラン・マバンクの常軌を逸し品性を欠いた小説

アラン・マバンクは、パリ中心部のレ・アールにあるアフロ-キューバ・サルサバーのジップスで愛想よくお披露目会を行った。色あせたデニムのジャ ケットをはおり、彼のトレードマークであるフラットキャップをかぶり、彼は控えめに彼の広がるキャリアと、パリの黒人コミュニティのメンバーとともに行っ たグアドループからギニアに至る三大陸をまたぐ旅行についてのニュースを分けあった。バーテンダーであるか新進作家であるかにかかわらず、彼らは、過去 10年以上にわたって、アフリカのサミュエル・ベケットとして知られるようになったフランス在住コンゴ人の書いたどのページにも入り込むことができた。

Posted By gno-eagrai 続きを読む

ページ

Books and Arts を購読