2012年合衆国選挙

ウィスコンシンのオタクはミット・ロムニーが勝つのを助けることができるのか?

最初から、ミット・ロムニーの副大統領候補探しは、ある元アラスカ州知事の亡霊が出没する怪談のようなものだった。4年前のサラ・ペイリンとの焼けるような経験の後で、共和党は次の副大統領候補が真剣で実体のある人になるだろうことを誓った。

ウィスコンシン選出のポール・ライアンを8月11日に大統領候補に指名するに際し、ロムニーは、ペイリンが浅かったのと同じくらい深い、すべての問題でもっとも実体的なもの、すなわち連邦予算の名人として知られる勉強好きなオタクを選んだ。副大統領候補は、しばしばその信任かその出身州か、または彼らの見た目や人格で選ばれる。ライアンはこれらのすべての範疇で得点を得る。しかし、彼の場合、彼の友人で同僚議員の院内幹事であるケヴィン・マッカーシーが言うには、一つの要素がほかのすべてに打ち勝った。「彼は政策によって選ばれた最初の男だ。

しかし、ワシントンでは、予算政策についての戦いはほとんどいつでも善悪両面を持つ。ロムニーは今、その名前が巨大な予算削減とメディケアや社会保障といった愛された権利付与の変化の同義語になっている快活で歯切れの良い若い男とともに選挙運動の最後の直線に近づいている。

多くの共和党員が、ロムニーは財政規律や保守的な経済的価値といった大きなテーマで勝つことができ、ライアンを両面で信頼を勝ち得る仕事をしている珍しいワシントンの政治家としてほめたたえる。しかし、彼らはカリスマ的な改革運動者を加えることがそのチケットを、治すチームではなく、イデオロギー的な殺し屋組織に見せることを心配している。「それはリスクだ。」2000年の大統領選でジョン・マケインを助け、今では南カリフォルニア大学で教えているダン・シュナーは語る。「もしこれが最後にその選挙を権利付与についてにするのならば、それはロムニー氏が登るにはより険しい丘になるだろう。」

ライアンの投入はアップルの製品発表のようにつやつやしてウキウキするものだった。保守派はニュースコラムで歓迎し、群衆は集会で増加し大声で叫んだ。ロムニーは目に見えて活気づいた。ウィスコンシンでのライアンとのイヴェントで、二人の男は感情で圧倒され、舞台上で引き裂かれた。何人かの民主党員すらも、これが今では、実体と考え、特にそして目立ってライアン氏の考えについての選挙運動かもしれないという意見を歓迎するものもいる。

ライアンははっきりとこれらの考えを、下院予算委員長として過去2年間のそれぞれに書いたものを含むいくつかの全面的な予算提案の形で表現している。予算はイデオロギー的な文書の中心で、ライアンは供給側経済学とニューディールの福祉国家への攻撃を結びつけた。彼の最新の予算は、連邦支出を10年間で5.3兆ドル削減し、一方メディケアの主要な解体修理を概説している。ライアンは、多くの詳細をあいまいにしたままだが(政治的勇敢さへの彼の評判の点検)、彼の計画は航空管理から疾病管理予防センター、FBIそしてその間にある多くまで、重要な計画すらも骨まで削るような削減を要求しうる。貧者と障碍者のための保健計画メディケイドは、10年間にわたって8,000億ドル削減されるだろう。そして富裕層と会社への税金は、ライアンは不特定の抜け穴を封じるだろうが、低く保たれるだろう。防衛はかなり節約されるだろう。(ライアンは過去には社会保障の削減を支持しているが、最新の予算はそれを含んでいない。)

ライアンは、低税率と小さな政府が更なる繁栄につながると語る。オバマ大統領はこのヴィジョンを強いものに報い、貧困者を見捨てる「社会的ダーウィン主義」と呼ぶ。これは、なぜ8月13日のUSAトゥデイ=ギャロップ世論調査が、1988年のダン・クエール以来の副大統領候補で最も好ましくない大衆の反応を表したかを説明するかもしれない。ロムニーの顧問は、これらの数字が、精力的な以前の遊説への信頼をそのペアが得るにつれて変わると考えている。「アメリカ人は真剣な考えが真剣に議論されるのを聞きたいと思っている。」ウォールストリートジャーナルの保守的な論説ページは歓迎した。「彼の成績について話すことができず二期目について何も考えを提示していない大統領との対照は大きくならないだろう。」

かかって来い、と民主党は言う。有権者は赤字を嫌うかもしれないが、福祉と海外援助計画以外の削減はほとんど含まれない、と彼らは論ずる。ライアンの計画は、彼らに切り裂くための厚い書類を渡す。(ロムニーは、彼自身の計画は違うが、それは同規模の歳出削減を思い描いていると主張する。)「ロムニーは完全にライアンの計画につながっている。」ライアンの予算を「金持ちのアメリカ人以外のみんなとすべてを犠牲にして彼らに大きな税控除を提供する非妥協的な右翼的ティーパーティー宣言」だと呼ぶ、民主党の政治的戦術家の一人であるメリーランド選出のクリス・ヴァン・ホレンは語る。

ヴァン・ホレンのような民主党員が、ライアン氏のメディケアへの議論を呼ぶヴィジョンほど切望したものはない。それは医療提供者への連邦の支払いを終わらせ、高齢者に競合する政府の承認した計画から自分の保険を買うのに定額を与えるだろう。これらのヴァウチャーの価値は年ごとに上がるだろうが、現在予想されている保健費用のペースほどではない。ライアンは、支払いに上限を設けることは費用を制限するだろうが、そうしなければ高齢者は違いを埋めるために自分のポケットから支払わなければならない、と語る。共和党戦略家は多くの人に、この野心的な費用管理実験が実際的に民主党に最悪のシナリオを描く「メディスケア」運動を開始するよう頼む。去年あるリベラルなグループは車いすに乗ったおばあさんが崖に捨てられているのを描いた広告を出した。一方、ライアンの計画が55歳とそれ以上の人々には適用されないことは都合よく言及されない。

これらの攻撃を予知して、ロムニーの運動は、2010年のオバマの保健法によってなされた7,000億ドルのメディケアの削減にスポットライトを当てた広告戦略で攻撃している。これらの削減が病院や医者といったメディケア供給者からきて、受益者からではないことは気にしない。または、ロムニーの計画ではなく、ライアンの予算は、ロムニーが攻撃しているまさにその削減を維持するだろうことは。

ロムニー氏が彼のために話す馬の口を持つことは役立つかもしれない。ライアンは、カール・サガンが宇宙の科学にとってそうであるように、予算にとっての神話だ。「ポールは最高のコミュニケーターだ。」マッカーシーは語る。「彼は共和党の地盤から出ていないが、彼は外出し話し人々のことを聞くことによって毎回勝ってきた。彼は考えに基づいてそれをしているのだ。」

民主党はほかの柔らかい点でライアン氏をたたこうとしている。彼は、おそらくアメリカでもっとも忌まわしい組織である議会で14年を過ごしており、議会事務所以外に何も運営したことがない。(ペイリンですらも役職経験を持っていた。)彼はまた、外交政策の背景にかけており、ロムニー=ライアンの組み合わせを1944年の共和党のデューイ=ブリッカーの組み合わせ以来、最も薄い国家安全保障体制にしている。

もちろん、ライアンはロムニーにたくさんの戦術的利益をもたらす。ライアンは、特に彼が前回その州の南東部の民主党寄りの地区で68%の票を取ったので、ウィスコンシンの10人の選挙人をゲームに入れるかもしれない。彼のカトリック信教は労働者階級の浮動票に訴えて当然だ。ロムニーの顧問はまた、経営コンサルタントと予算オタクの間のオタク愛的な真の人的化学作用を描写する。強烈なフィットネス療法を維持している元個人的訓練者の、黒髪でテレビ映りの良い42歳のライアンは、ロムニーに彼自身の競技者的アダルトチルドレンを思い出させることを示唆している。

しかしながら、ロムニーがそうではない一つのことは、リスクテイカーであることだ。彼のライアンの選択は、ロムニーが失業率に専心した競争に敗れるだろうことを恐れており、彼の選挙運動を広げて活性化する必要があることを感じているということを示唆する。その意味で、カリスマ的な改革運動者のライアンは、サラ・ペイリンのこだまだ。ジョン・マケインもまた、2008年に「ゲーム・チェンジャー」を探していた。しかし、彼が示したように、ゲームを変えることはいつもそれに勝つことを意味するわけではない。
 

発行日: 
2012-08-27
雑誌名: 
記事区分: 
主カテゴリー: 
キーワード: 
0
まだ投票はありません

コメント

コメントを追加