音符と雑音 - 20世紀の音楽

20世紀のクラシック音楽だった音の不協和音を再調査する

「音楽はそのような真剣な仕事なのか?」オーストリア皇帝のフランツ・ヨーゼフは19世紀終わりのウィーンでの新しい音楽の演奏の後にそう尋ねた。「それは人々を幸せにするものだと私はいつも思っていた。」彼は続けた。

期待に反して、(幸せなものも真剣なものも)クラシック音楽への関心は好調かもしれない。最近のユーゴヴの世論調査は、英国ではそれを学ぶのに25歳以下の方が55歳以上よりも熱心だと楽観的にも見つけた。中国では、3,000万から1億の子供たちがピアノかヴァイオリンを学んでいる。成都の四川音楽学校だけでも1.4万人以上の生徒を持っていると言われる。

しかしながら、20世紀中のクラシック音楽作曲は、あまりに難しく、あまりに深刻で、あまりに当惑させるものだとの評判を依然として持っている。無調性、マイクロトーンの使用、音の電子的歪み、そして偶然の役割だ。より革新的な20世紀の作曲家たちに好まれたその発展は、聞くのを簡単にしていない。英国やアメリカでのコンサートホールでの演奏オーケストラの予定では、やアルノルト・シェーンベルク、ベルント・アロイス・ツィンマーマンそしてリゲティ・ジェルジュといった人々による作品は、ベートーヴェンやブラームスのよりよく知られ愛された作品にほとんどいつもはさまれる。それはまるで、20世紀の作曲の夕べには、たとえよく知られた名前でも、依然としてそのスプーン1杯の砂糖を必要としているかのようだ。

ロンドンのサウスバンクセンターで1月19日に始まる予定の1年間のお祭り「残りは雑音」は、そのすべてを変えるよう望んでいる。ニューヨーカー誌の音楽批評家アレックス・ロスによる2007年の同名の本に感銘を受けて、リヒャルト・シュトラウスのオペラ「サロメ」で始まり、現代のアメリカ人作曲家ジョン・アダムズによるオラトリオの「エル・ニーニョ」で終わる250以上のイヴェントと100以上のコンサートは、20世紀に作曲された音楽の弧をなぞるだろう。

学者、キュレーター、劇場監督、作曲家、そして作家は皆、関連した話題について話をしている。流れ作業の発明、クラシック音楽へのジャズの影響、そしてアルベルト・アインシュタインの相対性理論だ。その年中に、18のオーケストラが演奏し、主要な提携オーケストラのロンドン交響楽団は2013年のシーズンを1900年代に書かれた音楽だけに捧げている。

それは大胆な動きだ。サウスバンクセンターの芸術監督であるジュディ・ケリーが説明するように、コンサートのシリーズはふつう「ある作曲家の人生の旅かいかに彼らがそれ以前の作曲家ら影響を受けているかもしれないか」ということの周りで行われる。これは、例えばワイマールのベルリンや1920年代のパリ、2つの世界大戦か1930年代のアメリカのニューディールによっていかに音楽が色づけられたかに取り組んで、「歴史の行進」を通して初めてそれをすることだ。それは「しばしばそれ自身へのかかわりの中でそれ自身についてあまりにしばしば語られるクラシック音楽に文脈を与える」方法だとケリー女史は語る。

ロス氏の本に親しんだ人々は、それがあるお祭りに影響を与えていることに驚かないだろう。ピューリツァー賞にノミネートされた「残りは雑音」は、たとえそれがその音楽を通して20世紀の歴史をうまく要約していても、いつもその部分よりも大きいようだ。もともとの原稿は半分に削られなければならず、その本は最後には訪問者が選ばれた曲を聴くことができさらにロス氏のエッセイを読むことができるウェブサイトを伴っていた。そして、ロス氏の批評家としての才能は、音楽についてとても明快な方法で書くのでそれをほとんど聞いているように感じさせる能力にあるけれども、このお祭りは彼がその本で書いているように「小説や絵画とは違って、楽譜はそれが観衆の前で演奏された時に初めてその完全な意味を与える」という彼の信念に命を与える。

しかしながら、専門家の音楽は別にして、現代音楽だけに捧げられたコンサートシリーズを持つことは依然として普通ではない。ロンドン交響楽団の首席指揮者ウラディーミル・ユロフスキは、サウスバンクフェスティヴァルが、少なくとも最初はみんなに訴えるわけではないかもしれない、普通のものよりも「はるかに厳しいメニュー」を提供するだろう、と認める。

ロス氏は現代のレパートリーにますます開放性を感じているが、「それはあなたがどこかにいるかによる。」それはロンドンやベルリンよりもニューヨークに当てはまる。ニューヨーク交響楽団やメトロポリタンでは、「私の周りの聴衆から、古い自動の、この音楽に対する頑迷で偏見に満ちた感覚、それはとても不満のたまる姿勢で、人々はそれとともに育ち、そこから離れて展開するよう彼らを説得するのはとても難しいだろう物」を彼は感じる。

ケリー女史は、気の進まない聴者を説得するようそのお祭りが幾分進むことに自信を持っている。「地政学、20世紀の歴史、経済状況に関心のある聴衆は、バルトーク・ベーラが注意しようとした人々で、これらのことを経由した道(を見つけることができる)。」ユロフスキ氏は彼の聴衆の啓蒙された姿勢により自信さえ持っていた。「私の次の望みは、21世紀に書かれた音楽だけで1年間それをすることだろう。しかし、最初に新しい本を書いてくれる誰かが必要になるだろう。」
 

発行日: 
2013-01-12
雑誌名: 
記事区分: 
主地域: 
主カテゴリー: 
キーワード: 
0
まだ投票はありません

コメント

コメントを追加