北部マリでの2012年反乱

通常2012年トゥアレグ反乱として知られる北部マリでの反乱は、2012年1月にサハラ砂漠のアザワド地域のトゥアレグや他の人々によって、マリ政府に対する分離主義反乱として始まった、継続中の事件だ。それはアザワド解放民族運動(MNLA)に率いられた、かつては遊牧民だったトゥアレグの人々によって、少なくとも1916年までさかのぼることのできる一連の反乱の、直近の具現化だ。MNLAは、かつての反乱軍や、リビア内戦でリビア国民評議会かリビア軍かのどちらかで戦っていた重武装のトゥアレグ戦士の大量の帰還兵によって形成されている。MNLAはそれには非トゥアレグの人々も参加しているという。

背景

MNLAは紛争前にはアザワド民族運動(MNA)として単に知られていた政治運動だった。その闘士の中には、投獄されたり、暴力をふるわれたりした者もいる。それからそれは武装闘争に変わった。リビア内戦の終結後、兵器の流入が、アザワドの独立を求めるトゥアレグの武装につながった。この蜂起の強さと、以前の紛争時には存在しなかった重火器の使用は、マリの高官や監視団を「驚かせた」といわれる。 別のトゥアレグが支配的な集団のアンカー・ダイン(イスラムの擁護者)も政府と戦っている。この集団はしかしながら、アグ・アウサによると、領域内全体でシャリア法を課すことを求めている。彼は、ひいては、1990年代初めの反乱に参加しており、いとこのハマダ・アグ・ハマに率いられているイスラム・マグリブのアル=カーイダ(AQIM)の分派につながっていると信じられている運動の指導者イヤッド・アグ・ガリーと緊密な連携をしている。

事件

1月 ストラトフォーによれば、最初の攻撃は1月16-17日にメナカで起こったという。1月17日に、アゲル・ホックとテッサリトで攻撃が報告されている。マリ政府は、次の日にはこれらの三つの町すべてで支配を回復したと主張した。1月24日に、反乱軍はアゲル・ホックを再び落とした。次の日、マリ政府は、再びアゲル・ホックを奪い返した。1月26日に反乱軍は北部マリの町アンデラムボウカネとレールの町を攻撃し、軍隊と衝突した後で支配を得た。ストラトフォーはまた、1月31日にニアフンケへの攻撃を報告した。AFPは、反乱軍が2月1日にメナカを落としたと報告した。2月13日にフランスのラジオ局RFIはトゥアレグの戦士たちが死刑執行を非難されていると政府が主張していると報道した。フランスの開発大臣アンリ・ドゥ・レンクールは、60人の死者が出たと言及し、一方で死体を埋めるのに関わったマリの役人はAFPに93人の兵士が殺されたと語った。それは以前に推計された40人の兵士が殺されたというものよりも大きな数字だ。モダン・ガーナ誌は死者の数を82人だとした。 2月 2月1日に、MNLAはメナカの町の支配を得た。そのとき、マリ軍は彼らが言うところの戦術的撤退をしたのだ。北部での暴力は、首都のバマコでの反対行動につながった。多くのマリ人兵士がアゲル・ホックでの戦いでも殺された。バマコでの抵抗を受けて、内務大臣は防衛大臣を変えた。マリの大統領アマドゥ・トゥマニ・トゥーレはまた、バマコの抵抗の間に何人かのトゥアレグの財産が攻撃された後に、どの共同体も攻撃しないように人々に呼びかけた。 2月4日にトゥアレグは、キダルの町を攻撃しているといい、一方でマリ軍は町が攻撃されるのを防ぐために重火器を発砲しているといった。攻撃の結果として、3,500人の市民が町を出国境を渡ってモーリタニアへ入った。その前に、1万人と推定される市民が、メナカとアンデラムボウカネでの戦いの後で、ニジェールの難民キャンプに逃れた。 マリの政府筋は、トンブクトゥ地域でほとんどが軍の武装ヘリによって20人のトゥアレグ兵士が殺されたと報告した。 2月8日にMNLAはマリとアルジェリアの国境の町ティンザオウテンを、マリ軍の兵士が国境を渡ってアルジェリアに入ったときに、奪い取った。反乱軍の報道官は、彼らがその町の軍事キャンプで見つかった武器と軍用車を手に入れることができたと語った。その町の攻防で政府軍と反乱軍の兵士がそれぞれ一人ずつ死んだ。 国境なき医師団によると、2月23日に、マリ空軍が北部にある国内避難民のためのキャンプを空爆したとき、一人の少女が死に、10人の他の女性や子供がけがをした。それはまた、MNLAの外国人傭兵によって操縦されたマリ軍の攻撃ヘリによる無差別爆撃の非難に耳を傾けている。 3月 3月4日に、新段階の戦いが、かつては保持されていた町テッサリトのそばで報告された。次の日に、その町の包囲を解こうとしたマリ軍の護衛部隊が反乱軍の強さのために撤退を余儀なくされた。 3月11日に、政府とその同盟軍のその町への再補給への努力が失敗し、その軍隊がアルジェリア国境に向けて逃げ出した後で、MNLAはテッサリトとその飛行場を再び手に入れた。MNLAは、軽重火器や軍用車とともに、何人かの兵士も捕らえたと発表した。 トゥアレグはトンブクトゥから125キロ離れたところまで進んできた。彼らの前進は、ディレやグンダムの町に戦わずに入ったように、野放しだ。フランスからの解放軍の新聞は、トゥアレグはマリの1/3を支配し、マリ軍が反撃に苦戦しているということを書いた。ウクライナ人傭兵によって操縦された彼らが持っている3機のヘリのうちの1機は壊れて、残りの2機は南部を守るために保たれている。

交渉

2012年の2月のはじめに、マリ政府と5月23日同盟として知られるトゥアレグ反乱軍の一つとの話し合いがアルジェで開かれた。合意は、停戦と対話の開始を要求した。しかしながら、MNLAは合意を拒否し、彼らがこれらの話し合いを代表していないと語った。 マリの大統領トゥーレは、軍隊は2012年の大統領選挙の前に勝たなければならないといって、北部の反乱を鎮圧する期限を決めた。マリ軍は、ヘリコプターの使用によりMNLAはキダルのそばまで押し戻されていると発表した。

反応

反乱に対するメディアの反応の中で、AFPは、単にマリ政府や軍隊の言葉だけに頼った偏見を非難されている。他の国際的報道機関もまた、蜂起と主張されるリビアの事件とのつながりや武器の流入のつながりを過度に単純化していることを非難されている。トゥアレグの国外脱出者の間でのソーシャルメディアは、今にも起こりそうな「解放」の幸福感に浸っていると報告する。一方で、南部マリのそれは、彼らが呼ぶところ「殺される」べきの北部の「無法者」に強く反対する。同じように、マリの報道も蜂起を素早く批判した。

元記事更新日: 
2012-03-18
元記事: 
主カテゴリー: 
主地域: 
キーワード: 
評価: 
0
まだ投票はありません

コメント

コメントを追加