歯列矯正器から宇宙飛行士の座席まで - 3D印刷

3D印刷が製造業を変えている兆候があるが、それは期待するかもしれないような方法ではない

プラスティックや金属で一度に層を作りそれらを積み上げることによって固い物質を作る能力である3D印刷に、数年前に人々が気づいて以来、意見は二つの極端な方向に逸れている。アメリカに多いそのファンは、それが劇的な影響を持ち、大量生産の経済を侵食し、西側に職を送り返すと主張する。ハーヴァード・ビジネス・レヴューによれば、「中国は世界の大量生産の工場になることを諦めなければならないだろう」、と言う。批判者は、それをやりすぎのインチキだと非難する。中国の製造大手であるフォックスコンの社長テリー・ゴウによると「ギミック」だというのだ。彼は、もし彼が間違いだと証明されれば名前を後ろから書き始めるだろうと語る。

実際、3D印刷はその両方の予言を無視するやり方で進化している。それは、はっきりと大きな経済的影響を持つ真面目な技術だ。しかし、それは必ずしも旧式の工場や中国人たちを傷つけるものでもない。
 

アメリカで大きく、中国でより大きく

それが趣味人にだけふさわしいインチキだという考えは、いままでよりも起こりそうもないように見える。消費者への安い3D印刷機は急速に売れているが、市場の5%を占めているにすぎない。多くの印刷機は依然として模型や試作品のために使われているが、2012年には3D印刷機から現れた25%以上のものが最終部品で、それは2003年の4%から上がった、とコンサルタント会社のウォーラーズ・アソシエイツは言う。それは、去年22億ドルの価値があったその産業が、今年28%成長すると予測する。透明の歯列矯正器を製造するアライン・テクノロジーは、去年だけでそれを1,700万個印刷した。そして、アメリカの宇宙機関NASAは最近、3D印刷の燃料噴射装置を持ったロケットエンジンを試験した。印刷は、それが115ではなくたった二つの部品で作ることができることを意味する。別のコンサルタント会社のCMリサーチによる技術についての最近の報告は、3D印刷を採用しない製造業者は「考えたよりも早くに費用の不利益を見るかもしれない」と結論付けた。

伝統的な工場の終わりをもたらすどころではなく、それはそれらによって採用され、両方の世界の最善を提供するために既存の過程に統合されている。3D印刷された道具、ジグ、金型、そしてダイは、生産ラインをより速く立ち上げることができるようにする。BMWの工場労働者は、部品を支え位置取りするのを簡単にするために、カスタムツールを設計し印刷する。印刷された部品は、専門の製薬や製紙の装置を作るために使われる。飛行機用のコックピットや冷却ダクトの部品や、専門的な車のためのパネルや部品は、3D印刷され、それからほかの部品と結びつけられる。3D印刷は、大量生産の競合相手と言うよりも補完品なのだ。

3D印刷が中国の製造業者にとって悪いニュースだという考え方はどうだろう?いくつかの製造業は、実に、製造業者の中には西側の消費者に近づくために「再上陸」しているものもある。しかし、3D印刷となると、中国企業は誰とでも同じくらいにその新技術を採用するのによい場所にある。世界最大の3D印刷機の中には、中国にあるものもあり、それには短距離飛行機用のチタン製の羽根の部品や機体枠を印刷するのに使う12メートルの長さの機械が含まれる。中国人技術者たちは、金属を成型するためのより速くより正確な方法として、鋳型用砂の金型の3D印刷を開拓してもいる。中国の宇宙飛行士は、体に合うよう作られた3D印刷された座席に座る。役人たちは、3D印刷を、上昇する労働費用がその利点を侵食するときに、中国の製造業を更新する方法とみなしている。

このすべてにおいて、企業にとっての教訓はなんだろう?3D印刷は、すべての種類の製造業を、さらに安く、さらに効率的にすることができる。それはたぶん、遅かれ早かれ、Uog(テリー・ゴウの名前の逆スペル)氏の工場を通って広がるだろう。
 

発行日: 
2013-09-07
雑誌名: 
記事区分: 
主地域: 
主カテゴリー: 
キーワード: 
0
まだ投票はありません

コメント

コメントを追加