公平な分配 - ドイツの富裕税

階級闘争の季節だ

1か月の若さの運動Umfairteilenは、支持者がドイツ中の道に達することを計画している9月29日のために計画している。Umfairteilenは、ドイツ語で再分配を表す言葉の一音節を英語のfairに置き換えたものだ。その目標は、すでに議会の野党によって採用されているが、富裕税だ。

この古い考えは、ベルリンのシンクタンクDIWが、ドイツを含んだヨーロッパに依然として存在している十分な民間の富の一部を政府が差し押さえれば、ユーロ圏の国際危機は簡単に解決しうると論ずる。おまけとして、そのような賦課はまた、不平等を減らす。

最初の疑問は、誰を金持として数えるかだ。DIWは、その分析を個人財産が25万ユーロの点から始めることに基づいている。しかし、それは中産階級をたたくだろう。だから、ドイツでの重要な政治的段階である討論番組は、その議論を取り上げた。一貫した答えは、「金持ち」とはその質問に答えた人よりも豊かな人は誰でも、ということのように見える。(Umfairteilenは100万ユーロにその線を引いている。)

原理的には、(定期的にやってくる)財産税には何の問題もない。自由市場のアメリカ人経済学者ミルトン・フリードマンは、土地への課税を「悪さが最も少ない」と是認した。ドイツは、裁判所がそれを憲法違反だと1995年に裁定するまで、連邦財産税を持っていた。

その裁定は、「富」に課税する実際的な問題を懸念した。誰がそれを調べ、そしてどのようにするのか?ある事業の工場にある機械はカウントされるのか?(そうならば、その従業員にさよならを言う。)屋根裏のルノアールはどうなるのか?国は、民間資産を監査するための費用がかかり抑圧的な社会資本を作らなければならないだろう。

一度きりの賦課に関して言えば、元憲法裁判官のポール・キルヒホフによれば、悲惨な緊急事態を除いては、ドイツの憲法はそれを禁じているという。二つの世界大戦の直後は、資格があった。しかし、最近、ドイツでの税収は記録的になっている。それは、戦時のがれきにはほとんど似ていない。

通常時の一回限りの富裕税に対する最善の議論は、それが自由と正反対だということだ。国は、その国民のどの集団の財産も勝手気ままにできはしない。不幸なことに、その理由付けは現在のドイツの議論では「あまりに観念的」に聞こえる、とリベラルな自由民主党の議員ハーマン・オットー・ソルムスは語る。政治家が来年の連邦選挙を前に思わせぶりな言動を始めるにつれ、多くがポピュリズムが安全だと思っている。
 

発行日: 
2012-09-08
雑誌名: 
記事区分: 
主地域: 
主カテゴリー: 
キーワード: 
関連国名: 
組織: 
0
まだ投票はありません

コメント

コメントを追加