アフリカへの案内

なぜフロンティア市場の投資家は案内人を必要としているのか

段ボール箱は格好良くない。しかし、それは有益だ。ローリーいっぱいの卵を包装なしで農場から店に移そうとすることを想像してみるとよい。箱はものを持ち運ぶのを簡単にするので、それにより店は幅広い品種のものをより安い価格で並べることができる。だから、段ボール工場をアフリカで経営することは、アフリカ人の皿の上により多くのより良い食料を置くことになる。

ウガンダのライリー包装工場は、すごい光景だ。壁から壁まで、そして床から天井まで、それは大量の巻紙を詰め込んでいる。訪問者は、トイレットペーパーの山を見つめる蟻のように感じる。経営コンサルタントは訊ねるかもしれない。なぜライリーは、3か月分というこれだけ多くの在庫を遊んで床に積み上げて持つ必要があるのか?確かにその会社の資本を使うより方法があるのでは?

実際にはないのだ。その紙は輸出されなければならない。ウガンダは内陸国だ。最も近い港のケニアモンバサは、不確かな道路で1,000キロ以上離れている。そこの税関を通り抜けるコンテナは、長くて予測できない遅れに直面している。その工場は、供給物が時間通りに到着するということに頼ることができないので、大量の在庫を保っているのだ。そして「我々は顧客を失望させることはできない。」その会社の共同所有者のアシシ・タカーは語る。
 

無学の投資家たちは用心する

世界的投資家たちがアフリカによだれを垂らしている。彼らはその大陸が急速に成長していることを知っており、彼らは何らかの行動をとりたいと思っている。でもどうやって?サハラの南に流れたいとうずうずしている無知な金の一部でさえ吸収するのに十分な上場アフリカ企業はない。ボツワナ、ガーナ、ケニア、モーリシャス、ナイジェリア、チュニジア、そしてジンバブエの株式市場の価値総額はたったの240億ドルで、口紅を作る会社のエスティ・ローダーとほぼ同じだ。

アフリカの本当のお金は、現れる中産階級にものを売ることにある。多数の外国企業がアフリカ人が買いたいものを作る方法を知っている。しかし、彼らはアフリカへの道を知らない。彼らは案内が必要なのだ。それが、タカー氏が入るところだ。彼は、アフリカで事業を行う部外者を助ける複合企業体のマラ・グループの創業者だ。マラは、すべての味のパイに指を突っ込んでいる。その合弁事業は、ウガンダで箱を作っているだけではない。彼らはまた、アフリカ中で、ガラスを作り、ホテルを立て、コールセンターを運営している。

タカー氏はその三つの事業のどの分野の専門家でもない。IBMが携帯電話会社のバーティ・エアテルとのIT契約を満たすのを助けるのに、マラが一体何をしているのかを尋ねると、彼は説明するために責任者を受話器につないだ。典型的なマラの事業では、外国の提携者は技術専門家を提供する。マラは地元の知識を提供する。いかにして土地を買い、官僚主義に対処し、事業を促進し、供給者との関係を管理するか、といったことだ。

これは説得力のあるビジネスモデルだ。アフリカについての現在のすべての楽観主義にもかかわらず、それは依然として事業をするには厳しいところだ。タカー氏はこれをただ本当によく知っている。彼の家族は(インドから)ウガンダに1890年に到着した。彼らは、1972年に専制君主の劣等生だったイディ・アミンがウガンダのアジア人をけり出し、彼らの店を奪った時、すべてを失った。タカー一家は、1993年にアフリカに戻った。ジェノサイド直前のルワンダにだ。彼らは再びすべてを失った。当時生徒だったタカー氏は、引き上げるときに、死体が道にばらまかれているのを見た。くじけない彼は15歳の時に最初の事業を始めた。毎週末、彼はエンテベからドバイに飛び、ウガンダに持ち帰って売るための電化製品をスーツケースに詰めた。マラ・グループは今7,000人を雇っている。それは非公開なので、どれだけの利益を出しているのか言うのは不可能だが、タカー氏はその利益率が「きちんとしている」と語る。

マラは、他のアフリカの仲介者たちと二つの点で違う。一つ目に、それは汎アフリカ的だ。ほとんどの仲介者は一つの国にしか接点を持っていない。マラは19の国で活動している。これは重要なことだ。多くのアフリカ諸国は小さい。多国籍企業は、たくさんの小さな契約よりも、ひとつの汎アフリカ契約に調印するだろう。彼の家族がみんなを知っているウガンダで始めたタカー氏は、大陸中の大物たちとつながりを作った。彼の家族が東アフリカのほかのグジャラートの事業家家族を知っていることが役立つ。タカー氏が、アフリカの大統領が多数出席し、母国でよりも近づきやすいダヴォスのようなパーティーに招待されることも、より助けになる。

二つ目に、マラはブランドを持っている。統合の評判と、仕事をしたことだ。これは得るのが難しかった。箱作り機の操縦者が病気になった時、タカー氏は指示マニュアルを奪い、責任を持ち、夜なべをして、ユニリーヴァへの注文配達に遅れないようにした。潜在的な提携者は、タカー氏がマラブランドを錆びさせるのを避けるために何でもすることを知っている。法の支配が弱く、契約を施行するのが難しい国では、これは重要だ。

アフリカには基本的なものを正しくすることによって作られるお金がある。例えば、ウガンダの首都カンパラでは、マラは店のついたホテルを立てている。一つの売りどころは、十分な駐車場だ。道をまたいだショッピングセンターでは、客を降ろす運転手が必要だ。運転手がいなければ、きつい。

タカー氏は、新しい事業の考えで満ちている。東アフリカでの携帯電話経由のマイクロファイナンス。ナイジェリアでの砂糖栽培。そして、彼の非営利財団を通じての汎アフリカソーシャルネットワーキングサイトすらもだ。彼はまた。リチャード・ブランソン型の広報に熟達している。彼は宇宙飛行士になり、彼が営業している国の旗を宇宙に持っていくことを計画している。

マラは家族の関心(タカー氏の父親は議長だ)で、湾岸に富裕な支持者たち(ドバイに拠点を持っている)を持っている。しかし、その成長は、一人の休まない個人によって力づけられている。それは弱さかもしれない。一人の男の魅力と交渉能力に頼る企業複合体は、彼より長生きするのに苦労するかもしれない。明らかに並び立つのは、からいばりの英国起業家の故「小」ロウランドによって打ち立てられた汎アフリカ企業複合体のロンローだ。ロンローは、ロウランドが退職した後にバラバラになり、今ではその前の栄光のほんの一部しか残っていない。マラ・グループは、「本当にたった一人の動かす男しかいない。」ほかのアフリカ人起業家は警告する。そうかもしれない。しかし、タカー氏はたった31歳で、たくさん運転することが残っている。
 

発行日: 
2013-02-23
雑誌名: 
記事区分: 
主地域: 
主カテゴリー: 
キーワード: 
0
まだ投票はありません

コメント

コメントを追加