大西洋横断転換点 - 自由貿易協定

アメリカとヨーロッパとの間の歴史的貿易協定は救済を必要とする

ちっぽけな政治の時代には、アメリカと欧州連合は何か大きなものを達成する可能性がある。一撃で世界貿易の1/3を自由化するだろう大西洋横断協定だ。新興国がイライラする西側に早く接近する時には、アメリカとEUを覆う自由貿易圏はより多くを提供するだろう。うまくすれば、それは、開放性、自由市場、自由な国民たち、そして国家資本主義の閉鎖的で管理された見通しに対する法の支配を好む大西洋横断経済モデルに錨をおろすことができる。

たった今、その協定は小さな考え方と相互疑念によって包囲され、困難を抱えている。これは狂気だ。自由貿易協定が、ホワイトハウスの西棟と同様にヨーロッパの大臣たちの支持をこれほど得たことはない。それは説得力のある論理に裏付けられている。しかし、支持者たちはまた、時が絶望的に短いことも知っている。この政治的な窓は、たった18か月で閉じるかもしれない、とその過程の中心にいるあるヨーロッパの高官は語る。これは、「タンク一つのガス」で迅速になされなければならない、とあるアメリカ人高官は語る。

危険は、すべて小さく考えることを伴う。ヨーロッパの政府は最近、アメリカへの提案についての最初の会議にブリュッセルの貿易担当者を送った。フランス人に率いられたヨーロッパの東部と南部からの使節団は、赤い線の長いリストを要求した。これらはいつものものを覆っている。農業、公共サーヴィス、そして「映像音声」コンテンツ(例えば、フランスの映画ファンのための栓、フラマン語のヒップホップへのラジオでの割り当てなど)だ。それらは、アメリカ人が非難されないためではないけれども、チームオバマに訴える。金融サーヴィスから航空旅客サーヴィスまで、アメリカは貿易にたくさんの障壁を維持している。真の恐れは、もしヨーロッパが赤い線を並べ始めたら、アメリカの貿易会議派は自分たちの赤い線を引くだろう。さらに、アメリカの貿易官僚は「悲観的」で狭量だ、とある内部者は言う。コロンビアとの貿易協定が彼らの野望の頂点だ。そして心配すべき議会がある。

上院金融委員会のメンバーは、先月、合衆国通商代表のデミトリオス・マランティスに、EUのエタノール、バイオディーゼル、牛肉、豚肉、鶏肉への、それぞれの州からのアクセスについて質問した(デラウェアからのある上院議員は断固として、私の州一人につき「300の鶏肉だ」と言及した)。議長のモンタナ選出上院議員マックス・バウカスは、ヨーロッパの「科学に基づかない規制」について苦情を言った。それは、アメリカの規制が費用と利益をはかりにかけ市場の力と訴訟を通して逸脱を罰し、一方ヨーロッパの「予防原則」は安全だと証明されるまで製品や新技術を信じないという、古い哲学的議論を一瞥する。

これらの議論のいくつかは本当に解決が難しい。しかし、視界に入っている褒美は大きい。巨大な大西洋横断の貿易の流れで、ほんの少しの自由化でも報償をもたらすだろう。さらには、これはアメリカとEUが、世界経済の開かれた自由なルールを作る最後で最高の機会かもしれない。主導者は責任を持たなければならない。

悲劇は、取引が二重だということだ。バラク・オバマは経済が急成長しながら職を辞すことにあこがれている。ワシントンの行きづまりによって彼の国内での選択肢が狭まっている中で、海外貿易を増加させることは行動を起こす数少ない可能性を示す。1期目の貿易への注意の研究を通して、大統領は今リスクをとる準備ができている、と高官は語る。ヨーロッパ政府から歓迎されるように、オバマ氏は今年の一般教書演説を、アジアとの貿易協定を締結する作業とともに、環大西洋貿易投資パートナーシップ(TTIP)の交渉を発表した。

ヨーロッパが真剣だとオバマ氏が納得するのには時間がかかった。英国、いくつかの北欧諸国、そして(EU加盟国の代わりに貿易交渉を行う)欧州委員会は、自由貿易について何年間も働きかけたが、彼らの熱意はワシントンでは軽く受け取られた。ドイツのアンゲラ・メルケル首相は、断固としてオバマ氏を説得した、といわれる。アメリカが他の首都と接触すると、大きな変化が確認できた。公的債務におぼれ、成長だけが彼らを救うことができると知って、ヨーロッパの指導者たちの重要な多数は、フランスでさえも、交渉の準備ができている。上部の見方は重要だ。EUの貿易交渉は、ユーロ官僚によって運営され、首脳会談で承認される、テクノクラートの事象だ。
 

勃興する中国に直面して、大西洋はそれほど広くないように見える

アメリカの貿易政策は、議会が大統領の野望を邪魔することができ、より乱雑に民主的だ。しかし、議会を口説き落とすことができると望むべき理由がある。EUアメリカ間の貿易はほぼ1兆ドルととても大きく、多かれ少なかれ均衡している。EUの労働と環境水準は高いので、左寄りの民主党と労働組合の連合はアメリカの労働者が低賃金で働いていることについてほとんど不平を言うことができない。共和党はヨーロッパを不要な遺物だとして退けることを好む。しかし、彼らの事業連合は、何百万ものアメリカの職がEUとの貿易や投資に頼っていることを知っている。

ヨーロッパとアメリカは、前回貿易協定が試みられた時以来、収斂している、と両側の高官は語る。例えば、エアバスとボーイングはかつて航空産業でひどい貿易戦争の引き金を引き、ヨーロッパ人とアメリカ人を国の補助金と市場アクセスを巡って犬猿の仲のままにした。今では、誰も苦闘する王者への国の気前の良い援助をする余裕がなく、エアバスはアラバマに工場を立て、両社は新興市場に押し入ることについてより心配している。規制のやり方もまた収斂しており、アメリカの役人は「人間化させた」費用利益分析についての話をし、ヨーロッパ人たちは注意しすぎの対価について不平を言う。

最後に、重要なことに、中国がある。ヨーロッパ人たちは、新興大国によって支配された経済秩序の中で「標準世話人」になることを恐れて、アメリカ人たちに一緒に標準設定者になりたいという。

試されていることの大胆さを見ることができるものもいる。トルコはアメリカにTTIPのテーブルに着く助けをするよう頼んでいる(無駄に終わっているが)。ブラジルは突然長く眠っていたヨーロッパとの地域協定に関心を示している。しかし、アメリカ側の重要人物は、その交渉がなされうるだろうと「注意して楽観的」なだけだ。そして、時は両側にとって大きな圧力だ。この協定は、依然としてすくわれることができる。

Lexington欄より
 

発行日: 
2013-04-27
雑誌名: 
記事区分: 
主地域: 
主カテゴリー: 
キーワード: 
0
まだ投票はありません

コメント

コメントを追加