致命的な沈黙 - アーロン・シュワーツとMIT

学問開放の活動家は部分的な死後の弁明を得る

2011年1月、24歳の天才アーロン・シュワーツは、マサチューセッツ工科大学(MIT)のネットワークを秘密に使って、学術記事の貯蔵庫JSTORから500万近いファイルをダウンロードしたとして逮捕された。ほとんど崩壊しかけたJSTORは、MITを数日遮断した。1986年のコンピューター詐欺と濫用防止法は、「承認されていない」ネットワークの使用を重罪にする。検察は、彼を35年間投獄しうる最も厳しい懲罰を押した。1月に彼は自殺した。

批判者は、MITがその手を血で汚しているという。シュワーツの弁護人は、彼がMITのネットワークにゲストアクセス権を持っていたと論ずる。そして、「犠牲者」と名付けられたMITは、JSTORがしたように罪を軽くするよう頼むことができた。しかし、「中立」であり続けようとして、誇り叩くハッカー文化を育て、開放性を擁護するその学校は、黙っていた。

7月30日に発表されたMITによる180ページの独立報告は、それがよりよくできたとほのめかす一方で、その学校を免責する。いま、それは、内部的にネットワーク違反に対処し、電子的記録を集めたり発表したりする条件を変えるといった、改革を考えている。しかし、才能のある理想主義的なシュワーツには遅すぎる。
 

発行日: 
2013-08-03
雑誌名: 
記事区分: 
主カテゴリー: 
キーワード: 
0
まだ投票はありません

コメント

コメントを追加