鉱物以上に - アフリカと中国

中国のアフリカとの貿易は成長し続けており、新植民地主義への恐れは誇張されている

北京からの5人の旅行者集団が、フィーヴァーの木の黄色い幹と霧のような枝に囲まれた埃っぽい飛行場に着陸する前に、彼らの自家用機でケニア山を低空で通り抜け、リフトヴァレーに向かった。彼らはシマウマやキリンがうろつく草の生えた広場を横断し、襲ってくるバッファローを見続けながら写真を撮る。彼らがテーブルに座る時、彼らは空腹のようだが、くつろいでいる。「去年、私は何人かの友人とともに南極に行った。」と二人の主婦のうち一人が言い、永久凍土の上のペンギンの群の写真をiPhoneで見せる。中国人たちはアフリカにかつてないほどの大人数でやって来て、それを訪問、仕事、そして取引の快適な場所だと見つけている。推計100万人が、今アフリカに住んでおり、10年前の数千人から増えており、更にやって来続けている。中国人は南アフリカに4番目に多くやって来ている人々だ。その中には、その指導者としての最初の外遊でタンザニアとコンゴ民主共和国も訪れる、中国の新しい主席習近平も含まれるだろう。

中国がアフリカに魅了され始めた起源は簡単に見ることができる。サハラ、カラハリ領砂漠の間には、その産業が求める原材料の多くが埋まっている。中国は最近アメリカを追い抜いて世界最大の純石油輸入国になった。中国のアフリカからの輸入のほぼ80%が鉱物資源だ。中国は、アフリカとの貿易が1,660億ドルを超え、一番の取引相手だ。しかしそのすべてが鉱物というわけではない。アフリカへの輸出はごたまぜで、機械が29%を構成する。

中国のアフリカへの直接投資の大きさは、貿易ほど測るのが簡単ではない。去年の夏、中国の商務大臣陳徳銘は、その数が「2009年から60%増えて147億ドルを超える」と語った。同時期に、中国の南アフリカ大使田学軍は、「さまざまな種類の中国のアフリカ投資は400億ドルを超える」と語った。明らかに、最初の数字は政府に報告されたアフリカへの投資だ。二つ目は、世界中の税回避地から流れ込む中国資金の推計を含む。

中国アフリカ関係は、過去数年間で広がっている。その関係は、今ではアフリカ自身と同じくらい多様だ。しかし、習氏は残りのすべてに話ができる一人のアフリカの指導者の電子メールアドレスを得ようとするのは失敗に終わり、むしろヨーロッパの単一の電話番号を得るのに伝説的に苦労したヘンリー・キッシンジャーのようになるだろう。

最近まで、中国は、アルジェリア、ナイジェリア、南アフリカ、スーダン、そしてザンビアを含んだ数少ない大きな資源の豊富な国々に集中していた。しかし、鉱物が少ないか掘り出すのが難しいエチオピアやコンゴといった場所が、特により多くの中国事業が非資源部門に手を広げるにつれて、より多くの注意を惹いている。どちらも本国よりもはるかに高い利益率にひきつけられた国有企業と民間企業が競争している。若い中国のプライヴェートエクイティファンドもまたアフリカに来ている。

アフリカ人たちは押しつぶされているどころではない。彼らの政府は驚くべき自己主張を示している。アフリカの最も若い国南スーダンから追い出された最初の人物は、中国マレーシア系石油会社でその政府の最大の顧客のペトロダルの現地総裁中国人の劉英才で、申し立てられた8.15億ドルの石油「泥棒」とつながりがあった。コンゴはキヴ地域で二人の悪漢商品商人をけり出した。アルジェリアの裁判所は、不正を申し立てて、2つの中国企業が公共入札に参加することを禁止した。ガボンの役人は、好ましくない資源取引を捨てた。ケニアと南アフリカの環境保護主義者たちは、中国に象牙とサイの角の取引をやめるよう求めている。

アフリカ人エリートは中国人たちを新興諸国の中でその最大のパートナーだとみているが、決して唯一ではない。(同じくBRICSの)ブラジル、ロシア、インドとともに、トルコ、韓国など数か国が中国の後に続いている。インドの会社は、中国アフリカ貿易の1/3に値する取引をしており、いくつかの推計ではその割合が50%まで上がっているとみている。3月26日と27日にBRICSの指導者たちが南アフリカで会ったのは偶然ではない。彼らはみなそこでは競争者なのだ。

かつては疑いで損なわれた中国のアフリカでのイメージは、変わっている。特に農業、小売、小規模貿易といった中国との競争に直面する事業家は依然として不平を言っている。マラウィ、タンザニア、ウガンダ、そしてザンビアでは、中国人が営業することのできる産業や地域を新しいルールで制限する。しかし、ますます多くのアフリカ人が、中国人が職を生み出し、技術を移転し、現地経済で金を使うという。そのアジアの巨人が最も恐れられる小さな国々では、との変化は特に目立つ、ザンビアの大統領で2011年まで野党だった時長きにわたる中国批判者だったマイケル・サタは、職に就くとその調子を変えた。去年、彼は、中国とインドの事業利益を非難した労働大臣を降格させた。彼はまた、副大統領を北京に送り、彼の愛国戦線と中国共産党のつながりを議論した。

アフリカの民主主義は、今のところ被害を受けていない。中国は人権侵害に目をつぶるが、それは民主的組織や会議を侵食していない。ジンバブエでは、それはロバート・ムガベ大統領と仕事をし続けているが、それはまた、その野党の民主変革運動の指導者モーガン・ツァンギライを北京に招いて、その関係を発展させている。中国の指導者は、2005年にセネガルの外交関係を台湾から中国に変えたアブドゥライ・ワッド大統領の権力喪失を含んだ、セネガルでの去年の民主的権力交代を調停した。

中国の増加する存在感が引き金となったほかの一般的な恐れもまた、からっぽだと証明されている。それは武力紛争を焚きつけていない。対照的に、中国は、自己利益の動機付けられたものだが、時にピースメーカーの役割を果たす。スーダンと南スーダンは両方とも大きな中国の貿易相手だ。彼らが去年戦争になりそうになった時、中国はほかの大国とともに外交的に干渉した。

アフリカ最大の経済でだけ、中国は人気が無くなっている。そこではそれはますます競争相手だとみなされている。長く中国との接触を耕してきた南アフリカの大統領ジェイコブ・ズマは、去年姿勢を変えるよう国内の批判に強いられた。ナイジェリアでは、その中央銀行総裁が最近、中国が「植民地主義の兆候」を表しているとして非難した。他のアフリカ人たちは高笑いしている。過去にはその市場に割り込んできたのは、しばしばナイジェリア人と南アフリカ人だったのだ。
 

発行日: 
2013-03-23
雑誌名: 
記事区分: 
主地域: 
主カテゴリー: 
キーワード: 
0
まだ投票はありません

コメント

コメントを追加