アフリカと中国 - ジャングルの中の不満

なぜ北京政府は貧しい国々の中国人投資家が抵抗するのを防ぐよう行動する必要があるのか。

中国は、遠く離れた発展途上国に投資するに際して他の経済大国にはあまりない比較優位を持っている:昔からの敵意がないことである。過去十年の間、 中国の投資家は、西洋の植民地主義国家がかつて過ちを犯し、その子孫たちが時々まだ疑いの目で見られるような場所で、心からの歓迎を受けた。

経済成長と有益な技術を持ち込みながら、多くの中国人はアフリカで気分よく店を立ち上げてきた。彼らの政府は、母国での資源や産業の拡大に対する制 限をゆるくすることに熱心になり、豊富な融資で彼らを助けた。アフリカは今では中国の石油の35%を供給している。去年、双方向貿易は39%増えた。

中国は、ひどく投資を必要としている大陸に関与することについて信頼に値する。多くのアフリカ人は、中国企業によって建設されたか、または彼らが拠 出した財源によって支えられた道路や学校、病院を使っている。驚くべきことではなく、多くのアフリカの指導者たちは、特にインフラ計画に対する巨額の融資 を申し出たときには、中国に喜んで応じている。対照的に、指導者たちが言うには、最近の西洋の政府はよい統治に関する説教以外にはほとんど何もしてくれな い。

しかし、ハネムーンは終わり始めている。東からの救世主に背を向け始めるアフリカ人が増えている。彼らは、中国企業は彼らが資源を取るための国立公 園を破壊し、繰り返し初歩的な安全規制にすら従わないと不平を言う。労働者はほとんど毎日事故によって死んでいる。管理者に撃たれるものもいる。中国がそ の企業に選択的な融資をするとき、アフリカの会社はそれと競争するのに悪戦苦闘する。中国人は、地方役人や警察を買収するだけではなく、彼らの作った道路 はしばしば欠陥がある。不正は長い間アフリカの問題だったが、人々は中国人がそれを悪化させたと不平を言う。
 

歓迎から反発へ

この反感は中国政府を心配させているだろう。そうだとしても、それは、中国がやってくることによって個人的に利益を受ける親中派の独裁者によって管 理された資源へのアクセスを失わせることにはなりそうもない。しかし中国の野望は資源の確保をはるかに超えて広がっている。中国の会社は私営公営を問わ ず、農業、製造業、小売業に投資している。多くはますます不幸になっている地元の人たちとの協力に頼っている。タンザニアの商業首都であるダルエスサラー ムでは中国人は市場での販売を禁止された。南アフリカでは起こった労働組合の手により工場が閉鎖に直面した。

さらに中国の投資はアフリカをはるかに越えて広がっている。中国の悪名の汚点は他の地域での商業計画を傷つけている。そして他の大陸の政府は、アフ リカの政治家たちが中国のやり方に障害を設ける理由を見つけたよりも、厳しく対応するだろう。ある中国の建設会社はポーランドの高速道路契約に応札したと き、うんざりされた。それは部分的にはその会社がアンゴラで作った病院が、開院後1ヶ月もしないうちに崩壊したからだ。

中国政府は、海外在住者の悪巧みに対して彼らはほとんど何もできないという。実際には彼らはたくさんのことができる。それは、彼らが批准している不 正に対する国連条約といった賢明な国際ルールを守らせることから始まるかもしれない。中国の役人やビジネスマンの中にはその母国で賄賂によって罰せられる ものもいる:同じようなことを海外でも適用すべきだ。中国がやっているようなアフリカ政府との金融取引を国家機密として扱うやり方は、横領犯を助け、疑い を奨励する。

あなたは言うかもしれないが、これ以上のことを期待するのは、絶望的に世間知らずだといえるだろう。最初に中国政府は他国の内政に対して不干渉であ るという外交政策原理を持っている。アフリカの役人に対してビジネスルールを守らせる訓練をするといった明らかに穏健な段階でも、これを犯すことになりか ねない。中国がしばしば自分の地方の強奪や国内の工場や鉱山での労働条件に無関心であるように見えるときに、よりよい条件を海外で期待するような理由はど こにも見当たらないだろう。そして彼らは、西洋人のアフリカでの歴史が偽善の非難にさらされていることから、西洋人からの説教を好まない。

しかし、中国の支配者は、自分たちの会社によりよい行動を求めることがますます彼らの国益にかなうことだと理解するかもしれない。地球規模の野望を 持つ経済大国には、アメリカが1世紀前に学んだように、ほとんど選択肢はない。市場が良く機能し、彼らのビジネスが歓迎され、恐れられたり、不信感をもた れたりしないことは、交易大国にとって利益である。特に彼らが良くやっているときには。
 

発行日: 
2011-04-23
雑誌名: 
記事区分: 
主地域: 
主カテゴリー: 
キーワード: 
0
まだ投票はありません

コメント

コメントを追加