平行プレーヤー - アフリカの起業家

 

なぜ多くのアフリカの新進の事業家の人々は何でもできる人々なのか
 
シリコン・ヴァレーが事業の世界に伝えた多くの言葉の一つは、次から次へとビジネスを始める魂を持った人々につけられる「一続きの起業家」というものだ。たぶん、アフリカは今、ほかの表現に貢献することができるだろう。「平行起業家」というものだ。ガーナのシンクタンク、IMANIによる調査によると、開発途上世界のほかのどの部分よりも多く、その大陸の新進の事業家たちは、経済の多数の異なった部門にわたって、いくつかの企業ネットワークを作るという。それがガーナ、ナイジェリア、そしてケニアで調査した189の成功した起業家は、平均してそれぞれ6つの事業を持っている。一人は60以上を持っていることを自慢する。何がこの起業家的超活動性を説明するのか?
 
その理由の一つは、単に機会の富だと、リベリアの首都モンロヴィアのコネを持ったビジネスマンクリル・アレン2世は語る。彼とその家族は、ココアとコーヒーの農場を持ち、清掃業を営み、財産を貸し出し、国際的企業のためにロジスティクスを管理する。「ここでの冷戦が終わってから10年もたっていない。」
 
一度ある企業がその顧客の間である程度の信頼を確立すると、特に多くのほかの企業が信頼できないときに、それはひいては新しい事業を生むことができる。「我々は関係に基づいて働いているので、もし私が顧客とよい関係を持っていれば、彼らはほかのサーヴィスを頼むかもしれない。」インターネット・プロヴァイダーから経営コンサルタントまで関心を広げているケニアの起業家ンジェリ・リオンジは説明する。
 
必要はまた、一つ以上の会社を作り出すもとになる。ガーナのUTホールディングスは融資事業で1997年に始まった。しかし、その創業者のプリンス・コフィ・アモアベングは、融資事業を機能させるために、追加的なサーヴィスを提供する必要をすぐに発見した。彼は最初に債権回収会社を作り、それからセキュリティ会社を作った。「我々は既存の会社が足りないのを見つけたのだ。」アモアベング氏は語る。彼は、今では生命保険事業を含む、その事業ポートフォリオを拡大し続けている。
 
アフリカ経済のある特徴もまた、一つの大きなものを作るよりも、新しい企業をはじめ続ける方がより利益が出るようにしている。カギとなる資源は希少だ。中程度の管理者は十分に供給されているが、大きな事業を経営する能力を持つ者はほとんどいない。これがなぜ彼らがしばしばその才能をいくつかの企業に一斉に採用するかの理由だ。金融は手に入れるのが難しい(多くの国では融資はわずか20か月しか受けられない)。起業家は、大きな資金の塊よりもいくつかの小さな融資をそれぞれの事業のために手に入れる方が簡単だとわかる。
 
しかし、もっとも重要な要素は、官僚制度かもしれない。その予測不可能性は、事業家がすべての資源を一つのバスケットに入れるのを妨げる。その市場が煩わしい規制の目標になる恐れからだ。別々の会社は、しばしば低い税の支払いに慣れている、と、ビジネスアナリストとしても活動するガーナの首都のアクラの起業家ブライト・サイモンズは語る。所有者が価格と利益を調整できるように、2つ目の企業は、一つ目の企業に素材を供給するために形成されるかもしれない、と彼は説明する。そして一度ある起業家がどのようにお役所風の中を進むかを学べば、なぜこの価値のある技術を他の仕事に適用しないのか?
 
アフリカの平行起業家への批判者は、何でもできる人々はどれについても名人になれないと心配する。そして、投資家の中には、しばしば迷宮のような所有権構造のために、アフリカ企業に資金を入れるのに慎重なものもいる。しかし、複数の仕事は、よい面も持つ、と彼女の平行活動の一つで若い起業家の助言をしているリオンジュ女史は論ずる。「それはアフリカの事業指導者を敏速にそして適合的にする。それは両方とも多くの先進経済で欠けている良い技術だ。」
 
 
発行日: 
2012-06-23
雑誌名: 
記事区分: 
主地域: 
主カテゴリー: 
キーワード: 
0
まだ投票はありません

コメント

コメントを追加