彼らに送金させろ - アフリカの資金移転

資金洗浄についての西側の心配は、何百万ものアフリカ人の経済的生命線を脅かしている

モハメド・アブドゥルにとって、ソマリアの家族に金を送ることは、大きな国外居住者共同体がある東ロンドンスタンフォードの大通りへの旅を意味する。そこに着くと、彼は、現金、電話番号そして普通はソマリアの首都モガディシュに住む彼の祖母の名前を代理人に手渡す。数分後、店の助手として働くアブドゥル氏は、その現金が向こう側についたということを知らせるテキストメッセージを受け取る。ソマリアでの何十年もの戦争の間に開発されたこの早くて信頼できる制度は、いくつかの国連事務所や援助機関が職員に支払うのと同様に、多数の世界的なディアスポラによって使われる。

多分、長続きはしない。大きなリテール銀行のバークレイズは250程度の送金事業の口座を閉鎖するとの知らせを送達した。その銀行は、その決定がルーチンの法的見直しに従ったと語った。資金送金者の中には、「犯罪的行動を正しく見つける適切なチェックを持っていない」ものや、「知らずに」テロリストに資金を渡しうる、とその銀行は言う。

バークレイズは、貧しい国々に安く資金を移転する代理人と取引する意思を持つ最後の英国銀行の一つだった。多くのヨーロッパの銀行は、アメリカ政府が去年別の大きな英国の銀行のHSBCに、主張によるといかさまの資金洗浄についての19億ドルの支払いについて無理やり押し入った後で、そのような資金移転について神経質になっている。

バークレイズの決定の影響は、東アフリカにわたって感じられるだろう。口座がなければ、送金代理人は営業できず、ソマリアの隣国ケニアやエチオピアでのその事業も邪魔されるかもしれない。免許を取るために銀行口座を必要とする代理人は、法執行や規制者と何の問題もない、と主張する。ソマリアで過激派の下に行ったカネは、一度に数百ドルのロンドン郊外からではなく、サックにつめて飛行機で送られたのだ。

その代理人は、銀行が彼らに更にどんな手法をとるよう求めているのかを尋ねている。最大のソマリ人資金移転代理人で15年間バークレイズの顧客であるダハブシルを運営するアブディラシド・ドゥアレは、その銀行が求めるいかなる透明性チェックにも従う意思がある、と言う。彼は、毎年英国からソマリアに5億ドルが送られていると推計し、このカネの多くはもし合法的な送金業者が事業から外されれば、地下の代理人に変えるだろうと考える。

英国送金取引協会の会長のドミニク・ソーンクロフトは、その170の加盟者のうち50もが閉鎖に直面している、と言う。うち何人かは大きな移民人口のある選挙区で選ばれた英国国会議員からの圧力の下で、その銀行は8月半ばに終わる30日の猶予に合意した。

一方、100人の学者やほかの著名人のグループは、英国政府にアフリカの角での人道危機を避けるための手紙を書いた。ソマリアの人工の40%と推計される人々が外国からの資金に依存している。ある最近の研究は、3/4の受取人が食料や薬と言った必需品を買うためにその資金を必要としていると示した。

「これは、子供たちが学校から引き揚げられ、人々が飢え、または必要とする薬を得ることができないことを意味する。」ロンドン大学の講師ローラ・ハモンドは語る。別の英国の取引団体ソマリ資金サーヴィス協会は、口座の閉鎖の帰結は、2年前にソマリアを荒廃させ何万人もを殺した「旱魃よりも悪い」だろうと警告した。

いまのところ、注意は何年もの紛争が銀行を破壊し、安い資金移転に何の代替も残されていないソマリアに集中している。しかし、バークレイズによって知らせを出された250の企業には、インドやバングラデシュと同様にガーナやナイジェリアのものも含まれる。ウエスタン・ユニオンのようなより洗練され高価な競争相手は、今利益を受けるかもしれない。アフリカの送金市場での競争の減少は価格を跳ね上げるだろう。

アフリカ人たちは、カネを故郷に送るのに、すでに他のどの移民集団よりも多く支払っている。一般的に12%程度のサブサハラアフリカへの送金費用は、世界的平均よりも3ポイント高い、と世界銀行は言う。もしアフリカの率が南アジアのものに即していれば、アフリカの移民家族は年に40億ドル以上節約するだろう。代わりに、率はさらに上がりそうだ。

観察者の中には、民間銀行にとってかわりうる新しい組織を作り出すことを求めているものもいる。一つの提案は、国連か多国籍の機関が主体となった「送金銀行」だ。別のものは、送金者、銀行、そして規制者によって作りだされた行動規範だ。「これは政府によって動かされる必要がある。資金移転網国際協会のレオン・イザックは語る。「さもなければ、銀行は彼らの望む快適さを得られないだろう。」
 

発行日: 
2013-07-20
雑誌名: 
記事区分: 
主地域: 
主カテゴリー: 
キーワード: 
0
まだ投票はありません

コメント

コメントを追加