正確に誰を助けるのだ? - 援助政策

オバマ政権はアメリカの海外食糧援助の遅れた改革を提案する

ある政策に「甘い点」を占めさせることは、アメリカの海外食糧援助の悲しい運命だ、とコーネル大学のその問題についての専門家クリス・バーネットは語る。どの国のものよりも大きいその予算は、貪欲な特別利益を惹きつけるには十分大きいが、その恥ずべき非効率性がめったに見出しを飾らない程度には依然として十分に小さく複雑だ。

恥ずかしくも、やっとそれをカヴァーする。アメリカが余剰の小麦、トウモロコシ、植物油などの農産品を世界の飢餓者たちに60年前に寄付し始めて以来、その計画は議会からの多くの助けを得て、農業権益、輸出業者、そして自発的組織の「鉄の三角形」にとらわれている。規則では、ほとんどの食糧援助はアメリカの農業者から買われアメリカで加工されなければならないとなっている。少なくとも半分はそれからアメリカ船籍の船で運ばれなければならない。競争がひどく抑制されているので、海運が最大の食糧援助計画フードフォーピースの予算の16%を食い尽くしている。

(フードフォーピースの約30%を占める)非緊急援助に関わった「マネタイゼーション」と呼ばれる関連した醜聞の中で、慈善団体と非政府組織は、アメリカの製品を受け取り、それを外国の現地市場で売り、その収入をよい土木作業のために使う。直接資金供与計画と比べ、「本質的に非効率な」マネタイゼーションは平均して送られたカネの25%を失う、と政府監査院は言う。そして供給された食料はしばしば脆弱な市場にあふれ、現地の農民を傷つける。

ホワイトハウスはその最近の予算計画の中で大きな変化を提案したが、これらは援助をアメリカの利益に結び付けるルールを終わらせるには達しない。フードフォーピース資金の約14億ドルは、より柔軟なルールの下で運営されるアメリカ合衆国国際開発庁(USAID)の口座に移り、現地調達や、ヴァウチャーを通じて飢えた人たちに直接送られる基金か、携帯電話送金すらもできるようにするだろう。それは配達時間を11-14週まで減らすことができる、とUSAIDは言い、同時に毎年400万人多くの子供たちに食料を与えるのに十分な資金を節約する。

フードアンドピースの中のマネタイゼーションは、廃止されるだろう。国内農民へのえさとして、基金の少なくとも55%はアメリカ産品の購入と輸送のために依然として使われるだろう。濃縮ピーナッツバターやビスケットといった高栄養の食品に向けての動きは、同量のカロリーをより少ないかさで運ぶのに必要だ。怒りっぽい運輸業者は調整のための暫定援助で2,500万ドルを受け取る。

今、予算を承認した議会は、何をするか決めなければならない。USAIDの長官ラジヴ・シャーは、すべての金額が数えられるべきだという財政環境を指し示し、改革者たちがこの議論に勝つということについて楽観的だ。現代の食糧援助は、極端な思想との戦いの一部だ、と彼は付け加える。アメリカは地球規模の困難な点を助ける知的な方法を必要としている。

しかし、もし農業委員会のメンバーと外交を見る同僚議員が争う議会の縄張り争いが立ちはだからなければ、それはアメリカではないだろう。改革は以前に失敗した。それが再び起こらないよう願うことができるだけだ。
 

発行日: 
2013-04-27
雑誌名: 
記事区分: 
主カテゴリー: 
キーワード: 
0
まだ投票はありません

コメント

コメントを追加