離陸への準備が十分とは言えない - アフリカの航空会社

アフリカの低価格航空ファストジェットは立場を打ち立てるのに苦労している

最近、ウォルザー・オニンゴがケニアの首都ナイロビでの大学の仕事から故郷に戻るのは、飛行機で45分だ。その工学教授が湖畔の町キスムに到着するには、骨をゆするバスに8時間乗ることが必要だったものだ。今、彼は週末にさっさと帰る。彼は、そのバスが「することのない人々」のためのもので、時間を因数分解すると飛んだ方が安い、と語る。

片道バスチケットは15ドルだが、格安航空のFly540の到来で、彼は110ドルで飛ぶことができる。以前には、国営航空会社のケニア航空でのチケットは200ドル近かった。混雑した金曜の朝の便には、スーツを着た弁護士、大きな帽子をかぶった結婚式参加者や日帰りの葬式参列者がいた。午後の戻りの便は、徴税人に人気がある。最近まで、彼らの多くは穴の開いた高速道路を車でがたごと走ったものだ。

国際的航空会社団体のIATAは今週ケープタウンで年次総会を開き、アフリカ政府に、飛行機旅行の能力のほとんどで成長を押し上げさせるために、航路を自由化し燃料やチケットへのしばしば煩わしい税金を削減するよう要求した。「アフリカ大陸ほど飛行機産業の潜在力が大きなところはない。」IATAの事務総長のトニー・タイラーは語る。

Fly540の社長ドン・スミスもまた、より広いアフリカ市場が彼のケニアの飛行機会社のような低価格航空を待っていると納得する。その年間売上は、2007年に1,200万ドルだったものが去年は3,200万ドルに成長している。この成長速度は、その主要株主の一つでロンドンの複合企業体のローンホ(Lonrho)がFly540ブランドを、通勤客よりも援助を受け取ることに慣れた目的地に飛ぶ、ガーナ、アンゴラ、そしてタンザニアに展開するのを促した。

その航空会社のケニアで最も業績の良い経路は、ナイロビと「翡翠海」のトゥルカナ湖に近い砂漠の町ロドワとの間だ。多くの乗客は、途中のエルドレットで降りてそのもっとも近いスーパーマーケットで仕入れるために1,000キロの往復旅行をするロドワの商人たちだ。一方、沿岸の町モンバサと隣のタンザニアのザンジバルへの飛行は、新中産階級によって満たされている、とスミス氏は語る。

これが、ヨーロッパの低価格の開拓者であるイージージェットのステリオス・ハジ=イオアヌと彼の元経営陣が去年買収しようとした潜在力だった。ローンホはそのFly540の利益を、元イージージェットの重役エド・ウィンターを社長としたファストジェットとして再ブランド化したその投資媒体につぎ込むことに合意した。その計画は、Fly540の飛行機がファストジェットの装いのより大きなものにとってかわるにつれて、その名前が段階的に消えるだろうというものだった。

自身を最初の汎アフリカ低価格航空と呼ぶファストジェットは、その象徴としてその知性で有名な長寿のヨウムを選んだ。7か月後、そのヨウムはそれほど賢くないように見える。ファストジェットは訴訟や損失に巻き込まれている。ウィンター氏はアフリカで見つけた保護主義と不正のせいにし、事態は「期待よりも長く」かかっている、と認める。東、西、そして中部アフリカに点在するその別れた部門に参加することは、思い描いたよりも難しいことが判明している。ナイロビに出入りすることへのケニアからの許可は、まだ現れそうもない。今まで、ファストジェットブランドはタンザニアの国内航空としてだけ運営している。それは最初の国際線にどの日付も設定していない。

さらに、依然としてFly540としてブランドされているそのガーナとアンゴラのサーヴィスは、今、赤字経営をしている。ケニアの営業の支配権を保っているスミス氏とのその関係は、公然の結果に悪化している。両側は今、その論争を解決する話し合いをしている。ファストジェットはまた、それが南アフリカの大統領の息子であるエドワード・ズマと協力し、破産した現地の飛行機会社1タイムを買収するだろうという4月の発表に、現地のプレスがあざけっている南アフリカでも大荒れに陥っている。

ヨーロッパの格安航空ブームは、1990年代の「オープンスカイ」協定への激しく戦われた闘争の後にのみやってきた。アフリカのそれに相当するものは1988年以来紙上では存在しているが、それを制定するのにはほとんど何もされていない。ロンドンのコンサルタントマンゴのアフリカの航空産業専門家のクリストス・シェパードは、その大陸の新しい飛行機会社の問題は、保護主義と不透明な政策を越えているという。低価格航空への需要はあるが、それは「費用が低くないので運営できない」と彼は語る。

高い燃料とチケット税以外に、アフリカの飛行機会社はほかの地域の飛行機会社よりも飛行機を借りるのに多くを支払わなければならない。5年落ちのボーイング737は、ヨーロッパの会社が1月18万ドルで借りられるのに対して、ナイジェリアの飛行機会社が借りるには40万ドルかかるかもしれない。現地飛行機会社の貧弱な安全記録と以前の破産を取り扱った裁判所の無精のためだ。アフリカの飛行機会社の保険費用もまた、成層圏並みに上がっている、とシェパード氏は語る。これらの費用を引き下げるのに役立つだろうことは、既存の国際飛行機会社との提携だ。ドバイの大手エミレーツは、乗客をエミレーツの24のアフリカ路線に供給するために、ファストジェットとの提携の可能性を議論している。

ファストジェットの利益を得るための努力は、ケニア航空が自身の低価格航空ジャンボ・ジェットを始める(まだ日付は決まっていない)と、より難しくなるだろう。競争が増すにつれて、チケット価格は下落しつづけそうだ。これは株主には心配なニュースだろうが、依然としてその飛行機による最初の旅行を夢見ている多くのアフリカ人にとっては喜びだろう。
 

発行日: 
2013-06-08
雑誌名: 
記事区分: 
主地域: 
主カテゴリー: 
キーワード: 
0
まだ投票はありません

コメント

コメントを追加