アラン B. クルーガー

アラン B. クルーガー

アラン・ベネット・クルーガー(1960年9月17日生まれ)は、プリンストン大学で経済学と公共問題でのベンドハイムの教授で、全米経済研究所のリサーチ・アソシエイトである、アメリカの経済学者だ。2009年3月7日に彼はバラク・オバマ大統領により、米国財務省の経済政策担当副長官に任命された。2010年10月には、彼は財務省を辞めることを発表し、プリンストン大学に帰った。彼は、IDEAS/RePEcによると、世界最高の経済学者50人の中に入っている。2011年8月29日に彼はオバマによって大統領経済諮問委員会の委員長に指名された。
 

幼少期

クルーガーはニュージャージー州リヴィングストンで育ち、1979年にリヴィングストン高校を卒業した。
 

経歴

クルーガーは、自然実験の方法を発展、応用し、教育の収入に対する効果や最低賃金の雇用に対する効果などの問題を研究した。

クルーガーは、最低賃金を引き上げたニュージャージーでのレストランの仕事とそうしなかったペンシルヴァニアでのそれを比べ、ニュージャージーでのレストランの雇用が増え、ペンシルヴァニアでのそれが減ったことを見つけた。その結果は後に粉砕された。

「テロの経済学:人はなぜテロリストになるのか(2007)」で、彼は、テロリストが貧困の教育を受けていない環境から来るという仮定に反して、彼らはしばしば中産階級の大学教育を受けた背景から来ると書いた。
1994-95に、彼は米国労働省で主席エコノミストとして働いた。彼は、カーショウ賞、マハラノビス賞そして(デヴィッド・カードと共に)IZA賞を受賞した。彼は、アメリカ芸術科学学会、労働経済学者会、そしてアメリカ政治社会科学学会のフェローである。彼は、チェコ共和国のプラハにある学術研究所CERGE-EIの幹部・監督者委員会(ESC)の委員である。

クルーガーはコーネル大学の産業労働関係学部で(優等で)学士号を取り、1987年にハーヴァード大学で経済学のPh.Dを取得した。彼はまた、教育、労働市場、所得配分といった問題に関連した多くの本を出版している。彼はまた、環境クズネッツ曲線についての彼の研究で知られている。2000-06に彼はニューヨーク・タイムスの経済シーンのコラムを担当した。

Wikipedia 英語版より
Original page was last modified on 2 September 2011 at 19:06.

元記事更新日: 
2011-09-02
元記事: 
主カテゴリー: 
キーワード: 
評価: 
0
まだ投票はありません

コメント

コメントを追加