マイクロ・スコープ - バラク・オバマの新しい経済学者

アラン・クルーガーが大統領経済諮問委員会の委員長に指名される

バラク・オバマがその職に就いた時、彼の優先順位は、経済を崩壊から守ることだった。ふさわしいことに、彼の最初の大統領経済諮問委員会(CEA)の委員長は、1930年代の大不況のような問題を調査してきたマクロ経済学者のクリスティーナ・ローマーだった。

今、彼の第一期の最後の年が近づいて、オバマ氏の野望と策略の余地は縮んでいる。9月8日に彼が議会で演説する時、彼は、より小さな計画の詳細なリスト以上の大きな刺激策を要求しそうにない。適切なことに、8月29日に彼がCEAの委員長に任命した男は、アラン・クルーガーで、彼は、例えばどのように最低賃金がニュージャージーのレストラン労働者に影響するかといったことを勉強したプリンストン大学の経済学者だ。

経済は、たしかに、より多くの刺激策を要求するのを許すのに十分なほど弱い。問題は、下院を支配する共和党が単にそれを無視するだろうということだ。オバマ氏は、より小さな安い考えのより良い見込みを主張する。12月に期限切れになる予定の所得税減税と失業手当を延長し、中小企業に援助を提供し、運輸基金を再認可しおそらく拡大し、不動産借り換えを簡単にし、立ち往生した自由貿易協定と特許制度改革を通過させることで、全て幾らか債務を削減する。

クルーガー氏は以前にオバマ氏の財務省に仕え、雇用法のような物を監視した。それは、少なくとも60日以上仕事をしていなかったものを雇った雇用主に社会保障税の中断を与えたものだ。彼はプリンストンに残ったので、彼はその法の影響をよく勉強しただろう。今、彼は新しい説明を助言しそうだ。オバマ氏は新しい労働者を雇った雇用主への所得税減税を延長することを提案された。

クルーガー氏はリベラルの見地から経済学に接近する。アダム・スミスの「諸国民の富」のまえがきに、スミスの「貧困を減らす目的での」政府介入に対する寛大さがあるのに、彼は慰めを見た。しかし彼は経験主義者だ。保守主義者でさえも、彼の調査の中に彼らの好むものを見つける。彼の欠点は、ローマー女史やラリー・サマーズが去って以来目立ったマクロ経済学者のいない政権での、別のミクロ経済学者だということだ。

さらに、CEA委員長は、学術的な背景を通してではなく、大統領の耳を得る能力によって影響力を行使する。去っていくCEA委員のオースタン・グールズビーとは違って、クルーガー氏はオバマ氏と何の古いつながりもない。しかし、彼はテニス仲間で元のボスである財務長官のティム・ガイトナーの後ろ盾を持っている。それにより、彼はオバマ氏のインナー・サークルに入ることができる。それによって彼が政策を具現化できるかはまだ見ないといけない。
 

発行日: 
2011-09-03
雑誌名: 
記事区分: 
主カテゴリー: 
キーワード: 
0
まだ投票はありません

コメント

コメントを追加