エイリアン国家 - 中国のソフトパワー

 

そのイメージを改善するために、中国はソフトパワーを推進している。しかし、それは固い端を持っている
 
1989年に、日本人がロックフェラーセンターとラジオ・シティ・ミュージック・ホールを含んだマンハッタンの中心街の支配的な部分を買った。それは、バブルがはじけ現代におけるもっともすばらしい経済的成功物語の一つから信頼を吸い出す前の、日本株式会社の最後の喘ぎの一つだった。1995年までに、その日本人たちは購入に10億ドル以上費やした建物のほとんどを放棄した。ぺブル・ビーチ・ゴルフコースやコロンビア・ピクチャーズのようなアメリカの名所を無茶食いした経済的超大国は、撤退した。日本の金融モデルの優越性についての傲慢さは、なぜ自体がそれほど不首尾になってしまったかについての20年にわたる痛みを伴った自省にとってかわられた。
 
17年を早送りして、中国の国営報道機関の新華社は、その岩から数ブロック先にその旗を立てた。新華社は、紅色中華通信社として始まったメディアグループからの番組を放送する巨大なLED画面とともに、タイムズ・スクエアに事務所を構えた。中国の公式な代弁者によるニューヨーク市への動きは、2010年に世界第二の経済の地位を日本からとってかわった国の増大する野望を象徴している。ワシントンD.C.では、中国国営放送のCCTVがアル=ジャジーラのような国際的ネットワークの競争者になろうとしているものの新たな本社を公開した。何十年にもわたる世界的な共同体からの孤立、またはそこへの無関心の後で、北京は今、その経済の動態と政治的権威主義の混合体が21世紀のモデルになりうると世界を説得するソフトパワー戦略を始めている。
 
しかし、先月、CCTVのダイアローグと呼ばれる国際番組の迎合的なホスト、ヤン・ルイは、中国版ツイッターのウェイボーで外国人嫌いの連発を爆発させた。北京での疑問符のつく居住をもった外国人に対する継続中の弾圧にコメントして、ヤンは中国の首都にいる外国人滞在者をスパイや人買いだと呼んだ。彼は、娯楽的な報道で最近中国から追い出されたアル=ジャジーラの記者を表現するのに、大変汚い言葉を使い続けた。「我々は、中国を悪魔化する奴らを黙らせるべきだ。」彼は書いた。「そして奴らを送り返すんだ。」中国と世界の橋渡しをするよう考えられる男が、代わりに世界を無礼に扱い、しかもかなり言い過ぎているのだ。
 
今では、中国の海外投資に対する反撃は、彼らの前の西側の植民地主義者(とソ連やアメリカの代理戦士たち)との比較をなす中国株式会社の傲慢な行動で、力を集めている。特に中国と水路を争っている北京の影響下にある国々はまた、神経質になっている。北京が世界にその興隆が平和的なものだと説得しようとしている時でさえ、中国の軍人は好戦的な言葉を増大させている。去年、中国の国と関連した報道機関は、もしフィリピンが紛争中の南シナ海に散らばっている岩や礁への主張をあきらめなければ、戦争が勃発しうると警告した。
 
中国のソフトパワーへの試みは、中国共産党の計画だ。アジアで道路を建設し、ラテン・アメリカで大豆の種をまき、アフリカで鉱物を掘っている、外国で事業をしている中国企業は、ほぼすべてが国有だ。日本政府も独自のソフトパワー戦略、クール・ジャパンを持っている。しかし、日本が大きな世界的絶賛を大量生産したハイテク装置、こぎれいなデザイン、そしてアニメ文化は、国によって生み出されたものではない。それは、かっこいい機械、Kポップ、そして中毒性のメロドラマの輸出で文化的外交得点を得ている韓国にしても同じだ。それでは、中国は何を文化市場に持ち込んでいるのか?国営のCCTVと、中国の広報大臣リー・チャンチュンがかつて「中国の外国における広報機関の重要な部分」と呼んだ北京が設立した文化言語センターの孔子学院だ。
 
中国の地域的腕慣らしと国内での外国人弾圧は、国際的な観衆というよりもむしろより国内のために造られているかもしれない。社会的緊張と政治的醜聞がある時に、党指導部は今年の後半に10年に一度の権力移譲に直面している。しかし、中国国民は手元にある深刻な問題からそらされていない。不正と所得不平等の増加、法による支配の欠如、そして経済成長の減速だ。「たくさんの中国人が、国を愛することが政府を愛することを意味しないことを認識している。有名なブロガーのリー・チェンピンはタイム誌に語る。「中国の愛国心は、政府を愛することから国を愛することへ、そして信じている価値を愛することに発展している。」今、本当にソフトパワーのように聞こえる。
 
発行日: 
2012-06-11
雑誌名: 
記事区分: 
主地域: 
主カテゴリー: 
キーワード: 
0
まだ投票はありません

コメント

コメントを追加