ラメントーソ - アメリカの金に困ったオーケストラ

ピットの中の困難

ほとんどのアメリカ人に対して偉大な組織での賃金闘争について尋ねれば、彼らはたぶん去年NFLに課された管理締め出しについて思い出すだろう。それは一時的にプロの審判をアマチュアで代用することにつながった。

それは、しかしながら、誰かの給料や組織の威信に深刻な損害を与えることなく比較的早く終わった。アメリカ最高の交響楽団のいくつかはそれほど幸運ではないかもしれない。その理由を見るために、その国最高のものの一つであるミネソタ交響楽団を見るといい。

景気後退のおかげで、過去6年間でチケットの売上と寄付は約10%下がっている。今のところ、その不足は交響楽団の基金を取り崩して埋めている。これが過去数年間のみすぼらしい投資収益とあいまって、オーケストラの経営陣が2007年にその団員との最後の契約に合意した時に予想したものと、その楽団が今実際に持っているものとのかなりの差を生み出している。

差を埋めることに絶望して、その楽団の経営陣は、団員たちに対してその補償を50%切り下げることになる給与と福利の削減を提案した。団員たちはその提案を9月に拒絶した。経営陣はコンサートをキャンセルすることによって反応した。早くても2月の中ごろまでないのだ。

経営陣は団員たちが賃金凍結以外の何の逆提案をすることもしていないと論ずる。団員たちはその音痴の経営陣が一時的な下降に過剰反応しているという。もしその交響楽団の「未来を作る」運動が景気後退中にほぼ1億ドルを調達できれば、それほどひどくはならないと彼らは言う。しかしながら、その資金のいくらかは、間もなくその楽団の財務の健全性について欺かれたかどうかについて聴聞会を開くミネソタ州から直接来た。

ミネアポリスでの騒動は、悲しいことに、独特だとは言い難い。フィラデルフィア、シカゴ、インディアナポリス、アトランタ、セントポール、デトロイト、スポケーン、そしてリッチモンドのものを含んだ多くのほかの交響楽団でも、議論のある賃金闘争に直面しており、ストライキすらもある。芸術コンサルタントのドリュー・マクマナスは、これは衰える経済が「ほかの何よりも組織的な問題を明らかにした」からだと信じている。彼によれば、ある交響楽団の団員は、積極的な帝国建設や悪い時のための不十分な準備を含んだ経営者たちの過去の失敗のために支払うよう強いられている、という。
 

発行日: 
2013-01-12
雑誌名: 
記事区分: 
主カテゴリー: 
キーワード: 
0
まだ投票はありません

コメント

コメントを追加