勝ち目のないゲーム - エイミー・ワインハウス

 

壊れやすいスターの悲劇的に予測された終わり
 
ある意味では、7月23日に北ロンドンの自宅で亡くなったエイミー・ワインハウスは、キャリアを遡って生きた。2003年に彼女がその最初のアルバム「フランク」を発表したとき、彼女はもう少しで10代でなくなるところだったが、彼女はすでに、その背後の悲惨な人生を持ったパフォーマーだという意図的な雰囲気を持っていた。そしてその20代では、彼女はその声の運ぶ音色で、悲劇的な世俗性を獲得し出していた。
 
タレントショーで大量生産される退屈で似たりよったりのバンドに比べて、ワインハウスさんは普通ではないポップアイドルだった。彼女は2006年のセカンドアルバム「バック・トゥ・ブラック」でソウル方向に変わる前は、ジャズに近いところから出発した。プロデューサーのマーク・ロンソンによって仕立てられ、彼女のヒーローであるレイ・チャールズに捧げられたその新しい音は、流行からは外れていたが、それが彼女の訴えを広げるのに役立った。彼女はそのアルバムのほとんどの曲を書き、それらは彼女を世界的な成功に導いた。
 
しかし、作曲はすでに壁に殴り書きされていた。アルバムの最初の曲の繰り返しは、「彼らは私をリハビリに連れていこうとした。私はいやいやいやといった。」これは、すでに知名度が高すぎることに対する皮肉なコメントで、自伝の正直な一部であるように聞こえた。ワインハウスさんは、その長く救いがたい悪循環を始めた。飲み過ぎ、薬物、さらに悪い結婚につながった悪い交友関係、逮捕、薬物過剰摂取、そしてその有名な詞にもかかわらず時折のリハビリ期間。それはよくある物語で、今回は恐ろしいほどの速さで演じられ、タブロイド紙に情け容赦なく列挙された。
 
彼女は薬物過剰摂取と思われる死因で、27歳で亡くなった。終わりに面して、彼女は、最初に名声を博した、快活な田舎臭い女性だとはほとんど認識できなかった。(外科的なやり方とは別に)痩せることに執着し、突飛なハチの巣型の髪型で、多くのタトゥーを刻んでいた。それは、不謹慎で評判の悪いマンガだった。彼女はこの5年間、1枚もアルバムを発表していなかった。彼女の最近のカムバックツアーは、ベオグラードでの極端にめちゃくちゃなパフォーマンスの後でキャンセルされた。
 
彼女の残した記録はとても小さく、彼女の人生はとても短かったので、ワインハウスさんの死への論評は素早く広範な問題に変わった。創造性と不幸の関係(「バック・トゥ・ブラック」は、彼女の自堕落なパートナーとの別れの間に作られた)、薬物の危険性、そしてセレブによるそのおおっぴらな使用(彼女の習慣は快楽主義というよりも、意図的な自己破壊あるけれども)、といったことだ。ワインハウスさんが住んでいたカムデン・スクエアにはビール缶、ウォッカ瓶、タバコ、そして地元のパブでの大酒盛りの写真が、花、カード、テディベア、自分たちの写真を撮っている人たち、といった21世紀の喪で広く見られる普通の私物に混じって、今回、ひどく散らばっていた。
 
恐らく、何より、彼女の人生は若い時の圧倒的な名声の危険への教訓と、原始的宗教のようにその神を壊すのに夢中になるポップカルチャーへの警告なのだろう。
 
 
発行日: 
2011-07-30
雑誌名: 
記事区分: 
主地域: 
主カテゴリー: 
キーワード: 
0
まだ投票はありません

コメント

コメントを追加