アイディアの市場 - 知的財産の取引所

新しい金融取引所は特許権取引を簡単にすることを望んでいる

技術産業は知的財産権で争っている。5月7日に、Javaプログラム言語に関わる特許と著作権の主張についてのオラクルとグーグルの間の3部の戦いの第1部が、どちらの会社にも完全な勝利を与えることを拒否した決定を下して終わった。アップルやサムスンなどは、スマートホン特許について戦っている。フェイスブックとヤフーは、インターネットの特許について紛争中だ。革新が訴訟の後部座先に座っているので、告訴で満ちている。

そのすべてが、知的財産の取引への新しいやり方を立ち上げるのによい時期にしている、と、ほかの資産と同じように知的財産権を会社に売買ヘッジさせる新しい金融取引所IPXIの社長の、ジェラルド・パンネクークは語る。その考えは、特許や特許の塊を株式のように売買できる「単位免許権(ULRS)」として提供することだ。一つのULRは、ある技術を一つの製品に使う一時的な権利を与える。例えば、車の新しいタイプのエアバッグセンサーといったものだ。もしある会社がその技術を10万台の車で使いたかったら、それは10万のULRSを市場価格で購入する。ULRSはまた、中古市場で取引されることを期待される。

これは、その高い費用が小さな会社を差別し、特許を本棚の中で使われないままにし、革新を邪魔する、知的財産の相互ライセンスの交渉の弁護士集約的な交渉過程よりも、簡単で、素早く、そして安い。IPXIのやり方は、すべての知的財産権には機能しない。例えばそれは排他的使用権を許さないからだ。しかし、それは会社がその革新から金儲けをすることを簡単にして当然だ。「それは、新興企業にとって、非希薄化金融の素晴らしい形だ。」パンネクーク氏は語る。

その取引所は、電器大手のフィリップスやいくつかの大学そして研究所を含んだ30のメンバーと契約を結んだ。IPXIは知的財産権に特化した投資銀行のオーシャン・トモによって2008年に設立され、その投資家には、シカゴ・オプション取引所の親会社であるCBOEホールディングスが含まれている。5月4日に、IPXIは以下に交換が機能するかを規定したルールブックを出版し、今年の終わりには事業を開始したいと期待している。その新しいやり方は、スマートホン関連特許の開放的で非排他的なライセンス付与には理想的だと、フィリップスの知的財産担当役員ルート・ピータースは語る。おそらく、革新家にとってはよいニュースだが、弁護士にとっては悪いニュースだろう?
 

発行日: 
2012-05-12
雑誌名: 
記事区分: 
主地域: 
主カテゴリー: 
キーワード: 
0
まだ投票はありません

コメント

コメントを追加