社会的進歩の欠如に対する怒り - 南アフリカ暴動の背景

産業暴動は、1880年代後半にセシル・ローズがデビアスを創設して以来、安い黒人移民労働者の背中の上に立てられた産業と鉱業会社に強い焦点を当てているが、労働組合もまた労働者の怒りに耐えている。

30年にわたって、鉱山労働者全国組合(NUM)は、約50万人(うち30万人以上は金とプラチナ部門で働いている)を雇う産業で支配的な組合だった。しかし、労働者が彼ら自身を代表しようとしている無謀なストライキの波は、NUMと伝統的な労使関係への増加する不満を強調している。

NUMはまた、プラチナ部門で急速な増加をして労働者の不満に入り込んでいる、やや新しい成り上がりの鉱山建設労働組合連合との競争にも直面している。それはまた金にも向かおうとしているという報告がある。

NUMの報道官レシバ・セショカは、暴動の鍵となる教訓は、団体交渉を強化する必要だと語る。「さもなければ、20人や30人の集団に別れた労働力を持つことになり、別々に関与することを要求する。それはより大きな問題になるだろう。」

彼は、暴動に対する会社の姿勢を非難し、彼らが伝統的な組合を解体しようとし、その役員に多く支払いすぎると告発する。

「このすべてを引き起こしたのは、さまざまな階層での姿勢の問題で、それは変わらなければならない。彼ら(会社)は、問題が実際には彼らとのものである時に、遠くを見ることをやめる必要がある。」彼は語る。「変化について何年間も語り、会社はその足を引きずっている。」

その産業は、アパルトヘイト後の時代で、十分に早く変化していないと非難されている。

鉱業の重役たちはより多くのことができると認めるが、住宅や開発計画に何億ランドも費やしていると語る。

「人々は何がなされたかを認めたくないのだ。我々は実質的にインフレよりも高い賃金を払い続けており、生産性は下がっている。」ゴールド・フィールズの社長ニック・ホランドは語る。

News Analysis欄より
 

発行日: 
2012-11-08
雑誌名: 
主地域: 
主カテゴリー: 
キーワード: 
0
まだ投票はありません

コメント

コメントを追加