ブーム、ブーム - アンゴラ

Powered by Drupal

配信

配信 を購読

 

石油資金はしたたり落ち始めているかもしれない
 
庭師のチームが、刈り込んだ芝、ヤシの木、熱帯の灌木、そして舗装された歩道に最後の仕上げをしている。すぐに、これらは、アンゴラの騒々しい首都のルアンダの蹄鉄型の湾の周りに広がる大きな6車線の高速道路に変えられている海辺の道であるマージナルに沿ったすべての道に、これらはすぐに広がるだろう。現代的な事務所、ホテル、そしてアパート地区が後ろで急成長し、かわいいピンクと白の植民地風建物、とび色の崩れかけたフラット、そして豊富な掘立小屋街にとってかわっている。湾をまたいで、派手なヨットとスピードボートが、かつてはほとんど見捨てられた主に貧しい漁民によって使われた細長い砂地で、今では新エリートのための流行のレストランやナイトクラブが跳ね上がっている、イルハの岸に群がっている。
 
周りの郊外には、新しい住宅街がやぶから立ち上がり、町の中心の群衆を救っている。輝く商店街が、グルメフードから最新のファッションや車のモデルまで、アンゴラ人の心をとらえるだろうすべてのもので満ちている。価格は広く上がっている。基本的な建築資材でさえ、事実上すべてが依然として輸入されている。ルアンダは、最近東京が追い越したが、世界で最も物価の高い首都に数えられている。
 
それはまた、少し効率的になっている。数年前、100艘かそこらの船がドックに入る番を待つのに港の外で普通に数えられた。しかし、ルアンダの港を深くし、沿岸を下ったところに別のものを開いたことにより、今では列に並んでいるのはたった半ダースの船となり、アンゴラの天文学的な費用の削減の役に立っている。
 
ポルトガルからの14年間の独立戦争の後で2002年に終わったばかりの27年の内戦により、一般的に破壊されたと思われたアンゴラは、今では、ほとんど完全に石油のおかげで、アフリカの経済的成功の一つだ。2,000万の人口で、それはアフリカで5番目に大きく最も早く成長する経済を持っている。2004-08年の間に、そのGDPは、2007年の22%を筆頭に、平均して年に17%上昇した。それは、ナイジェリアに次いでその大陸で2番目に大きな石油産出国だ。外国投資が年間100億ドル以上の率で流れ込んでいる。過去10年、一人当たりGDPは3倍になったと言われている。
 
しかし、ほとんどの人々は依然としてとても貧しい。2/5が栄養不良だ。3人に1人の大人が字が読めない。幼児と妊婦の死亡率は世界で最も高いものの一つであり、平均寿命は最も低いものの一つだ。不正ははびこっている。アンゴラの人権記録は貧弱で、警察は横暴で、裁判所と報道機関はどちらも依然としてよろめいている。成績一覧表の並びで、アンゴラはほとんど底に来る。
 
アンゴラ解放人民運動(MPLA)は、37年間そのショーを運営している。アンゴラの若者、特に新興の中産階級が道に繰り出し始めているのは驚くにあたらない。彼らは、33年間大統領であるジョゼ・エドゥアルド・ドス・サントスを、その人民を何も気にしない「収奪の怪物」だと表現している。去年、ルアンダには、より多くの自由、より公平な富の分配、そしてドス・サントス氏の辞任を要求する、前例のないデモの光景が繰り広げられた。しかし、それは自己満足に浸る政府に衝撃を与えたけれども、そのかなり指導者のいない運動は、エネルギーを打ち立てるのに失敗した。40年に及ぶ闘争の後で、多くのアンゴラ人は自由よりも安定を好む。
 
いずれにしても、進歩は起こっている。ルアンダの刈り込まれた芝をあざけるものもいるが、政府はその国のほかの部分でより必要とされる社会資本に資金を注ぎ込んでいる。スラムはきれいにされ、道路は舗装され、電気は拡大し、診療所や大学が建設された。官僚主義は削られ始めている。外国人は1年前よりも早くヴィザを取得できる。
 
MPLAはゆっくりと緩めており、政府は少しだけ開放的になっており、ドス・サントス氏は少し超然とはしなくなっている。彼は依然として、復讐なしに平和をもたらしたとして広く尊敬されている。石油価格の下落は、過去3年間年間成長率を3%程度に減速させているが、今年また二桁になるかもしれない。8月31日に、アンゴラ人はこの20年間でたった2回目となる議会選挙の投票に行くかもしれない。大統領を直接選ぶための別の投票が行われる予定だったが、2010年に施行された議論を呼ぶ新たな憲法の下では、ナショナル・リストで勝った政党を率いるものが誰でも自動的に大統領になる。8月に70歳になるドス・サントス氏は、投票で彼の党を率いるだろうということを発表して、最近推測の口を封じた。今年経済大臣に任命されるまで国有の大手石油会社だったソナンゴルを12年間経営していた56歳のやり手マニュエル・ヴィセンテは、二番手に指名され、跡を継ぎそうだ。
 
2008年の前回、MPLAは投票の82%を得た。主要野党で内戦の敵だったアンゴラ全面独立民族同盟 (UNITA)は、たった10%を得ただけだった。かつてUNITAに所属していたアベル・チヴクヴクに率いられる活気のある新しい政党のアンゴラ人救済の広い集中(CASA)は、若い活動家を活性化させている。しかし、ドス・サントス氏の支持者は再び広い勝利を得ることをほぼ確信している。
 
 
発行日: 
2012-06-30
雑誌名: 
記事区分: 
主地域: 
主カテゴリー: 
キーワード: 
0
まだ投票はありません

コメントを追加