鳥の群れは一緒に着陸する - 動物の行動

群がる鳥は着陸するときにいかに衝突を避けるか

着陸は飛行の最も危険な部分だ。飛行機のパイロットは、乗客を運ぶことができるようになる前に、何百回も練習しなければならない。それからでさえも、彼らは副操縦士、管制官、そして彼らを助けるためのすべての種類の器具を持つ。そして、彼らは、はっきりとしるしのついた滑走路で、一度に1機だけそれをする。いま、飛行機の群が狭い水面に何の助けも器具もなしで、みんな一緒に着陸しようとしているのを想像してほしい。その結果は、確かに災害的なものだろう。しかしながら、水鳥はしばしば集団になって、めったに衝突することもなく、特徴のない水域に着水する。だから、いかにして彼らはそうするのか?

それを理解するために、プラハのチェコ生命科学大学のハイネク・ブルダと11人の動物学者グループは、地図、双眼鏡、コンパス、そして風速計を準備した。彼らはこれらを持って、1年にわたって、8か国にまたがって、3,338の群に属する14の種類の15,000羽近くの鳥を観察した。動物学前線誌に掲載されたこの鳥類学的なマラソンの結果は、その単純さが特徴的な発見だった。どの方向から鳥の群れが水面に近づいて来ようとも、そのメンバーは普通、地球の磁場の方向で列を作って着水するのだ。

鳥が磁気感覚を持っているということはよく知られている。例えば、それは長距離飛行をすることができるようにする道具の一つだ。そして、この感覚が衝突回避に関与しているかもしれないというブルダ博士の疑いは、なぜそのチームがコンパスを持って行ったかを説明する。だから、その結果は完全な驚きではなかった。しかし、彼らの仮説を確認する以外に、彼とその同僚たちは、正確に鳥がいかにそれをするかも知りたかった。

最新の研究は、鳥が磁場を二つのやり方で検知することを示唆する。一つは嘴か耳の中またはその両方にある(磁気を帯びた鉄鉱石である)磁鉄鉱に頼っている。他のものは目の中での磁気に敏感な化学反応を使い、たぶん戦闘機の操縦士が見るヘッドアップ表示のようにその視野に二重写しにされる明暗の点として、地球の磁場を「見る」ことができるようにすることだ。鳥がその頭を動かすとき、その点は場所を変え、真北か真南に操縦できるようにする。より巧妙に、それらはそこから最適な降下角を測定する現地の地勢とは独立した参照を提供するかもしれない。この理由で、着水の間の選択の磁場感覚として、くちばしや耳よりも目がそれを持っているだろうとブルだ博士は考えた。彼とその同僚は、それ故に、91のマガモの連続写真を見て、水平線と比較した鳥の頭の角度を測った。

もし衝突回避が普通の視覚に基づいているのならば、カモたちはその仲間たちがどこにいるか見るために時に周りを見渡すだろう、と彼らは理由づけた。代わりに、すべての鳥が、翼を上げて近づくとき、空気ブレーキになるように翼を下げて近づくとき、(彼らの着水装置、すなわち足を出すことの鳥類学的表現である)ギアリングの時、そして着水時の、着水の4つの段階全てで、正確に同じ方向(真北か真南)で前を見続けた。しかし、カモたちはまた、その頭を水平線に対して一定の角度に保ち、それは単に前に操縦するためにその点を使うのならば必要ではないだろうことだ。けれどもそれは、もしその点が彼らの接近角度も決めるのならば重要なことだろう。

着水時にマガモの頭が動かないことは、彼らが飛行するために磁気視界を使っていることを証明するわけではないが、それは確かにその考えにあっている。少なくとも、その鳥が着水時に北か南を向くことに合意していることは、衝突を起きなさそうにしている。もし彼らの磁場感覚がまたすべての効果を同じ角度ですることも助けているのならば、彼らがお互いぶつかる可能性をほとんどゼロにするだろう。いかにしてその角度が合意されたかは、まだ定まっていない。しかし、そうした時でさえも、最も大胆な人間の操縦士でも依然としてそれに挑戦しそうもない。
 

発行日: 
2013-08-17
雑誌名: 
記事区分: 
主地域: 
主カテゴリー: 
キーワード: 
関連国名: 
0
まだ投票はありません

コメント

コメントを追加