神聖ながん - 北極生態系

がんの肉を食べることは、ホッキョクグマが地球温暖化を生き残るのに役立つかもしれない

ホッキョクグマは、アザラシが息をするために氷の穴から上がった時に待ち伏せするのが上手だ。けれども、夏の数か月間、氷が後退するときに、この鰭足類をたたく死のゲームは難しく、クマたちは冬の間に蓄積した脂肪の層に代わりに頼ると推測されている。これが、環境保護家の中に、地球温暖化が北極の海の氷をかつてないほどに早く融かし、クマたちがその脂肪貯蔵を補充するための時間を減らすにつれて、その種は将来困難に陥ると結論付けるものがいることにつながっている。しかし、新しい研究は、アザラシだけがクマの食料貯蔵庫に入るものではないということを示唆する。彼らは、それを夏の食料であるがんで補完し、故に変化する気候の帰結を逃れることができるかもしれない。

ホッキョクグマ監視人は、夏の間に時に彼らが羽毛が抜けて飛べないハクガンを追いかけるのを見つける。しかしながら、そうすることの費用と性交から得られるエネルギーを素早く比べると、そのような狩りはふつう努力に値しないということが示唆される。その議論によると、利益を出すためには、(大人の平均である)320キロのホッキョクグマがもし2キロのがんを狩りするならば、12秒以内に終わらせなければならない。もしそうしなければ、その獲物を追って走って展開したカロリーは、それを捕らえて得るものを越え、取り逃がしたものの費用を含めると、その計算はさらに鳥の方に傾く。

にもかかわらず、1960年代になされた研究でたくさんの鳥がホッキョクグマの便の中に残っているのが見つかったので、がんやほかの水鳥はその食生活の重要な部分を形成しているようだ。アメリカ自然史博物館の生物学者ロバート・ロックウェルは、故に、カナダのマニトバ沿岸のハドソン湾に行き、誰も以前にしたことがないことをし、実際にホッキョクグマのがん狩りを組織的な方法で記録したのだ。

彼らが『極地生物学』に報告したように、2011年7月の11日間にわたって、ロックウェル博士とその同僚は、クマが6つの別々の狩りで9羽のハクガンを捕らえ食べたことを記録した。野生でクマの狩りを観察するのがどれほど難しいかを考えると、それは大きな数だ。それは、鳥の狩りがかなり一般的だという便のデータからの示唆を確認する。けれども、ロックウェル博士を本当に驚かせたのは、クマが鳥を殺すまでに費やした平均時間が25秒だったことだ。その狩りが努力に値しないと想定された長さの倍以上だ。
 

適合する、死なない

ロックウェル博士が集めた明白に小さなデータサンプルをよく調べると、起こったことの二つの説明が示唆される。一つ目は、12秒以上かかった狩りの5つのうち4つは、亜成体のクマによるものだった。動かす体重が少ないので、彼らはエネルギーバランスが彼らに対して傾くまでより長く走ることができたかもしれない。

二つ目に、そのチームが見た一つ以外のすべての追跡は、浅い水の中で起こった。実に、クマたちはしばしば鳥たちを慎重に水の中に追い込むようなのだ。がんは走るほどには速く泳げないので、これはたぶん役立つ。けれども、水上の狩りは、時間とより繊細な利益をもたらすかもしれない。それは狩りをするクマを冷ます。そのチームが見た一つの事例では、あるメスグマが狩りの間に意図的に前進を水に沈めた。彼らは、それ故に、水中の狩りが、通常エネルギー集約的な行動である運動時の余剰の熱を、そうでない時よりも、クマにとって負担ではなくするのでは、と推測する。

その結果は、ホッキョクグマがハクガンを狩るのが上手であるということのようだ。少なくともがんが飛べないときには。そして、その問題を確かめるには更なる観察と計算を伴うだろうが、夏にがんを食べることは、たとえ気候変動によって冬のアザラシ狩りの季節が切りつめられたとしても、彼らの食欲を鈍らすには十分かもしれない。ホッキョクグマの場合、野生のがんを追うことは時にあざけられることではないのだ。
 

発行日: 
2013-06-01
雑誌名: 
記事区分: 
主地域: 
主カテゴリー: 
キーワード: 
0
まだ投票はありません

コメント

コメントを追加