ゴジラの孫たち - 福島後のアート

 

いかにして核災害が日本のアーティストを目覚めさせたか
 
日本では、自分の芸術のために監獄行きになることは名誉なことではない。それを破ることは言うに及ばず、曲げることでもかなりタブーだ。それが、水野俊紀が、福島第一原発にスパイではいり、ずたずたになった3号炉の前で審判のレッドカードを上げる写真を撮ろうとしたときに恐れた一つの理由だ。彼はまた、彼がその写真を撮ったところで最高値を記録した放射線にも恐れた。彼が言うには、彼が疑いを駆り立てなかったたった一つの理由は、彼が放射線防護服を着ていたからだ。そして日本では、人々は滅多に制服の人々に挑戦しない。
 
水野氏は、災害以来困難な場所に入り込んで多くの時間を過ごし、結果について愛想良く物思いにふける、かなり正式教育を受けていない6人の集団、Chim↑Pomに属している。2度、彼らは立ち入り禁止の第一原発を、著しく大胆な映像アートや写真のためのキャンヴァスとして使った。1度目は、彼らは有名な岡本太郎の反核壁画「明日の神話」にくすぶるような破壊の絵を付け加えた。彼らは芸術の破壊者では無い。彼らは、自分たちがそれを1日後にはがしたという。
 
Chim↑Pomの作品を広告行為だと退けるのは簡単だ。しかし、その芸術家たちの行動は、少なくとも彼らの画像と同じくらい大声で話す。2011年3月11日の核災害以来よりはっきりした彼らの7年にわたるゲリラアートにはロジックがある。実際に、著名な芸術批評家である椹木野衣は、彼らが日本の現代アートに新たな方向のヒントを与えているかもしれないと語る。
 
放射線と核消滅は、1954年の映画「ゴジラ」以来日本のサブカルチャーを悩ませてきた。その二つのテーマは、繰り返し漫画やアニメ映画に出現する。過去10年かそこらに渡って、日本のよく知られた芸術家の村上隆は消費主義と性のフェティッシュ化を、日本の買い物文化の無意味なユートピア主義を強調するための美術品とアニメの平たく押しつぶされた形を使った作品である「スーパーフラット」で探求している。キノコとキノコ雲はよく出てくるモチーフで、彼は最近カタールへ行き福島に感化された100メートルの絵のヴェールを取った。
 
Chim↑Pomは村上氏の消費主義の関心に、時に正面から立ち向かう。彼らの作品の一つである「アイムボカン」(2007)は、彼のルイ・ヴィトンとの共同制作を遠回しに引き合いに出している。それは、そのどこにでもあるハンドバッグを日本人芸術家の明るく簡単に認識できるマークで飾ったものを含んでいる。Chim↑Pomは、ルイ・ヴィトンのバッグをカンボジアに持って行き、除去された地雷を使って破裂させた。その日本へのメッセージは、かわいいものが家に帰ってくるように見えるかもしれないが、紛争は存在すると言うことだ。2008年に、彼らは飛行機雲を使って、広島上空に、漫画の中で原爆が作った閃光のことである「ぴか」という言葉を描いた。彼らは、その悲劇に被害者に対する侮辱と見えるものを笑いものにし、謝罪にふけったのだ。しかし、彼らはまた、自分たちが大衆に日本のサブカルチャーでしばしば忘れられているものを思い出させていたのだ、と説明した。それは、核の脅威が現実のもので、非現実的な想像の作り事ではないと言うことだ。
 
Chim↑Pomは、それは村上氏に敬意を払っているが、その作品は先に進んだと語る。椹木氏が表現するように、スーパーフラットは1990年代初めまでの「バブル期」(バブルは経済的なものだけではなく、「仮想現実」の一つでもある)安定性の文化をかなり反映している。Chim↑Pomは、その安定性自身に疑問を投げかける。「彼らの作品はフラットではない。彼らは疑問を持ち、スーパーフラット社会の中で何が見えないのかを議論しようとしている。」彼は語る。
 
他の若い芸術家は、似たようなところを掘り起こしている。たとえば、竹内公太は内緒で福島第一で職を得て、その場所の生きたイメージを流すカメラを怒れる指で指し示すのを記録された。後に彼は記者会見を使って、発電所の運営者の東電に、内部の労働者の状況について圧力をかけた。彼の作品は、Chim↑Pomのもののように、芸術と行動主義の間の区別をぼやけさせた。
 
日本の政治的芸術は一般的ではなく、新しい破壊性は、誰かが気付けば、新鮮な空気の息吹になり得る。Chim↑Pomの芸術家たちは全国紙の堅苦しい芸術欄にはほとんど出てこない。ほとんど彼らは非行に走った周辺の一部だと扱われるのだ。その集団は、日本で水野氏の原子炉の写真をたった1回展示しただけだ。彼は「タイミングが良くなかった。メディアはその作品が犯罪のように見えると思いたいのだろう。」と語る。
 
 
発行日: 
2012-03-10
雑誌名: 
記事区分: 
主地域: 
主カテゴリー: 
0
まだ投票はありません

コメント

コメントを追加