絵のしきい - アート保険

保険業者は、あまりにも多くの価値のある芸術作品が一緒に貯蔵されていると心配している

投資のために購入された芸術の多くは、一度も展示されたことがない。代わりに、作品はしばしば、特別な倉庫か無税で持ち主を変えることができる「フリーポート」に保管されている。ジュネーヴとチューリッヒにある世界最大のフリーポートは、それぞれが十分100億ドル以上の価値のある絵画、彫刻、宝石、金、絨毯などのものが保管されていると信じられる木枠で満たされている。

手狭な空間にそれほどの価値がつまっていることは、保険業者を神経質にしている。「ほんの少しの設備にリスクが集中していることは、産業としての我々を本当に困らせているものだ。」専業芸術保険者のヒスコックスのロバート・リードは語る。いかにリスクが集中しているかがちょうどはっきりしたのは、2009年にスイス法が収集家に彼らの貯蔵ロッカーの中にある内容詳細を要求した変化の後のことだった。ブラックウォール・グリーンの仲介業者アダム・プリドューによると、収集家は以前はその保険業者に伝えることなく作品を倉庫の中に動かすことができた。「あなたは1億ドルの収集品を2億ドルの収集品のユニットの隣に置くことができ、それは保険業者がお互い30メートルの距離で隣接する3億ドルの負債を認識できないことを意味した。」

アートに支払われている価格の上昇は、顧客が現在価値を反映するようその政策を更新し、保険業者の中には裁定取引によって決められた市場価格で請求を支払うものもいるとき、リスクは誇張される。5月にエドヴァルド・ムンクの「叫び」に支払われた1.2億ドルは、オークションにかけられた作品に新たな記録を打ち立てたが、秘密の紹介はさらに儲かるものになりうる。カタール王家は、今年ポール・セザンヌの「カード遊びをする人々」の一つのために2.5億ドルを支払った。

保険業者は実際的な警戒を持ちうる。22のサッカー場の広さがあるジェノヴァの倉庫スペースは、2004年に東ロンドンのモマート倉庫を破壊した火災の後に大きな心配になっている防火のために2つの区画に分かれている。

多くの保険業者は、もはやそれが展示中、保管中、移転中かどうか知らずに作品のために空白の填補を行わない。反応として、少数の収集家は彼らの作品をより小さなスイスのフリーポートかシンガポールのチャンギ空港の隣の巨大な新しいものに移っている。新しいフリーポートはルクセンブルグと北京で建設中で、モナコで計画中だと言われている。芸術愛好家も利益を得ている。所有者の中には、収集品を倉庫から出し、家や博物館で展示するよう動かしているものもいる。
 

発行日: 
2012-09-01
雑誌名: 
記事区分: 
主地域: 
主カテゴリー: 
キーワード: 
0
まだ投票はありません

コメント

コメントを追加