25万ポンドとフライ - 人口肉

工場で作られた肉からできた世界初のハンバーガーが出されたところだ

無料のものとして、それは失望だった。8月5日にロンドンのテレビスタジオに押し込まれた世界のメディアの100人強の代表の中で、出された食事をひと噛みでもしたものは誰もいなかった。けれども、彼らが得たものは、食事の将来だと判明するかもしれないものだった。他の人が消化するのを目撃するために彼らが集まったその食事は、研究所で一から育てられた肉からできた世界最初のハンバーガーからなっていた。

その140グラムのパティに大きく欠けていたのは、それをなす価格だった。グーグルの共同創業者セルゲイ・ブリンが幾分かは負担した25万ユーロ(33万ドル)で、それは史上最も高い食べ物の一つに数えられなければならない。シェフの用心深い目の下で数分間鍋でジュージュー焼かれた後で、そのバーガーは二人の事前に選ばれた試食者に出された。栄養科学者と食べ物作家だ。「肉のよう」だが「それほどジューシーではない」という彼らの意見は、その肉を育てたマーストリヒト大学のマーク・ポストを不安にはさせなかった。実際、同じく彼の創造物のいくらかを知っていたポスト博士は、それを「良い始まり」だと呼ぶすべての理由を持っていた。

(つなげるための)卵の粉とパン粉、そして(色をよくするための)ビートルートジュースとサフラン以外に、そのパティは完全に養殖された筋肉細胞でなっていた。それを作るために、ポスト博士は生きた二頭の牛(ブラン・ブルー・ベルジュとブロン・ダキネーヌ)から取り出した幹細胞で始めた。彼はそれらの細胞を1兆倍に増やし、それからそれらをそれぞれが長さ3ミリ以下である(本質的に人口の筋肉繊維である)筋管の中に溶け込ませた。これをしたら、彼は海藻から取り出したジェル状のポリマーであるアガロースの中心の周りにその筋管を巻き、それらに(すべて植物由来の)アミノ酸、糖、そして脂肪の食べ物を与え、それらを大きく強くした。

緊縮しゆるむという筋肉細胞の自然の傾向は、その筋管が継続的な動きを通して筋細胞の輪の中に塊になることを意味する。

それぞれの輪が十分に成長した時(それは3か月かかり、ポスト博士は「牛よりも速い」と指摘する)、彼はそれが自由に撚糸を作り出すために切った。彼は、その歴史的なバーガーを作るために2万の撚糸を使った。

その結果は、上等なステーキかフィレのステーキと大違いだった。そのようなものを培養するのは、その細胞を大きな3次元の構造に育てることを意味するだろう。それはひいてはその繊維の中に深く栄養分を届けることを伴うだろう。そうすることは、血管か、何か人工のその同等物を必要とするだろう。本当のステーキはまた、脂肪細胞を含むだろう。それがないことがジューシーさの欠如を説明する。そのような細胞は、筋肉よりも培養するのが難しい。ポスト博士と彼のチームはこれらの点の両方について働いている。

肉食家は歓迎して当然だ。肉への世界の欲求は、2050年までに70%上がると予測されている。世界の不凍地の1/3近くは、家畜を育てたりこれらの動物の飼葉を育てたりするためにすでに使われている。抜本的な技術変化なしに、その新たな需要は満足させるのが難しいだろう。菜食主義者もまた、ポスト博士を駆り立てる理由を持っている。幹細胞の一つのサンプルは、2万トンの「培養牛肉」を収穫しうる、と彼は計算する。これは、1.75億のクォーターポンドを作るのに十分で、その数にためには44万頭の牛を屠殺することが必要だろう。

加えて、1世紀の間に出される二酸化炭素の20倍の温室効果の潜在力を持つガスであるメタンを牛が莫大な量を作り出すので、畜産は世界の温室効果ガス排出の18%に責任がある。工場での肉が増えることは、それらの排出を減らす役に立つだろう。そしてもし家での肉のキットが最終的に利用できれば、それは「子飼い」のフレーズに完全に新しい意味を加えるだろう。
 

発行日: 
2013-08-10
雑誌名: 
記事区分: 
主地域: 
主カテゴリー: 
キーワード: 
0
まだ投票はありません

コメント

コメントを追加