地下の収入 - オーストラリアの新しい税金

財政的資源を探す正しい場所
 
どこでも金に困った政府は、新しい収入の素を探す。国外脱出者や税難民を追いかけて、網を外に向けるものもいる。高所得者や金持ちの会社に課税して、上を見るものもいる。一つか二つは後ろすらも見ている。例えばインドは、5年かそれ以上さかのぼって大きな外国の買収のいくつかに遡及税を課している。
 
オーストラリアは、えーと、下(ダウンアンダー)を見ている。7月1日に、それは、二つの新しい税を課した。鉱業税と炭素税だ。どちらの税金も議論を呼び、それらが導入されたやり方はまずかった。だがしかし、他の所でのぎこちない収入調達のいくつかに比べれば、オーストラリアの新しい税は、少なくとも健全な政策立案への家族的類似を生む。
 
誰も税金を好まない。経済学者は、それらが人々から金を巻き上げるためではなく、それが人々の行動を歪めるので、税を好まない。所得税は労働をくじく。法人税は事業を抑制する。消費税さえも相互に利益をもたらす交換のいくつかの邪魔をする。これらの失われた購入は、政府のためにどんな金も調達することなしに、消費者から取引や売り上げのための店を奪う。最善の税は、人々の下す決定にほとんど影響を及ぼさず、または禁止する価値のあるものに降りかかるものだ。炭素税は、人々に、地球温暖化への価格のついていない寄与を含んだ、彼らが燃やした炭素の費用よりも多く負担することを強いている、二つ目の例だ。ほかのどのG20の加盟国よりも多くの一人当たり二酸化炭素を排出しているオーストラリアは今、ヨーロッパ連合の排出取引枠組みの下で広く行われているものよりも高い価格である1トン当たり23オーストラリアドル(24ドル)を300の企業に課している。
 
オーストラリアは、かなりがそのうらやむべき鉱物の富の一つの例である石炭が豊かなために、炭素集約的だ。これらの天与の鉱物は、それらを抽出するのに必要な労働力、資本、そして専門家をひきつけるのに必要となる最低限のものよりも大きな収入である、「レント」を稼ぐ。商品価格が上がるにつれ、これらのレントは目立つようになっている。そのような余剰収益に対する税金は、動機づけを傷つけることなしに資金調達する役に立ち、意味がある。
 
オーストラリアの税金への政府の評論は、そのような税金を2010年に提案した。悲しいことに、今月導入された鉱業税は、いくつかの点で足りていない。それは鉄鉱石と石炭に限られており、既存の石油やガスへの税金よりも低い率で課されている。理想的な税金は、すべての資源を同じように取り扱うことだ。現在の税金はまた、そのような財政的整理が必要となるだろう交渉のために政府が時間を残していなかったので、オーストラリアの国によって課されるロイヤルティに置き換えることに失敗した。
 
 
 
あなたがより望まない税的なもの
 
オーストラリアの炭素税はまた、政治によって台無しにされている。それは、炭素の環境的費用を反映しているだけではなく、少数派労働党政府を支持するオーストラリア環境党によって抽出された政治的費用をも反映している。労働党は、数年以内にそれを取引の枠組みに変えたいと思っている。野党はそれを廃止することを誓っている。それは、人々に、その周りの計画をすることを難しくしている。
 
どちらの税金も、それ故に、先天的欠陥を持っている。しかし、それはその概念の長所を曇らせるべきではない。それらは、政府に所得税への閾を上げることにより、仕事への税金を低くすることを許す。そして、野党は法人税の削減を邪魔しているが、その政府は代わりに事業に対するほかの税控除を提案するだろう。ほかの政府は、税金負担をしっかり稼いだ賃金や利益から、不労所得のレントや補償されていない害に移すというオーストラリアの努力をよくまね、改善するだろう。
 
 
発行日: 
2012-07-07
雑誌名: 
記事区分: 
主カテゴリー: 
キーワード: 
関連国名: 
組織: 
0
まだ投票はありません

コメント

コメントを追加