0点 - アゼルバイジャンとユーロヴィジョン

 

国際的な見世物をどこで行うかについてもっと注意が払われるべきだ
 
それに直面して、アゼルバイジャンの大統領イルハム・アリエフとその国で今週行われたユーロヴィジョン歌唱コンテストは、よく合った。(広く定義した)ヨーロッパ中の視聴者が競合する国の参加者から勝者を選んだユーロヴィジョンは、キッチュの年に一度のお祭りだ。アリエフ氏の華やかさ好み、彼の強い男の口髭、そして彼がその地位を2003年に相続した父ヘイダルを中心に作り上げたそのカリスマは、すべてふさわしく復古調だ。悲しいことに、彼の体制もまた、あまり面白くない特徴を持っている。そしてそれは、ユーロヴィジョンのようなパーティーの組織者は、どこで行うかについてより注意深くなるべきだと示唆する。
 
その歌の後ろにある物語は悲しいものだ。特に彼を権力にとどめた準備された選挙の後で、アリエフ氏の支配への抗議者は繰り返し押しつぶされた。彼への批判者はたたかれ、投獄されている。アゼルバイジャンの人権侵害はユーロヴィジョンの道化のような行為に恐ろしい背景を作っただけではない。その責任で犯されたものもいるのだ。人権団体によれば、多数の家族が、新たなコンサートホールへの道を作るために、その家から強制的に立ち退かされているのだという。馬鹿げているが恐ろしいことに、以前のユーロヴィジョンで、アゼルバイジャン人は、1990年代に戦争を行いまだ別のものを戦っているかもしれないコーカサスの隣国であるアルメニアに投票したかどうかを訊問された。気前の良い準備費用は、首都のバクー中心部での輸入車の渋滞にもかかわらず、多くの基本的快適さを欠いている場所ではそれ自身不快なものだ。しかし当時、アゼルバイジャンは不正で12点満点を取っている。
 
アゼルバイジャンの恵まれた少数の富は、カスピ海から掘り出されパイプラインでトルコに送られる石油やガスからやってくる。ロシアとイランの間というその国の敏感な場所とともに、石油が、西側がしばしばアリエフ氏に甘い態度をとることを説明する役に立つ。しかしその甘さには制限があるに違いない。ユーロヴィジョンはそれを超えるべきだったのだ。
 
 
 
ほかの方法による政治
 
似たような不自然さは、最近、より重要な試合の今度のヨーロッパ・サッカー選手権で、その共催国であるより大きな国のウクライナで、起こる。感心にも、外交官の中には、前首相で今疑わしい罪で投獄されているユリア・ティモシェンコが人道的に取り扱われなければ、出席することを拒絶しているものもいる。ウクライナがポーランドとともに2007年のサッカー選手権で認められて以来、長い時間が経過した。間にある年月は、スタジアム建設のためだけではなく、もがいているが希望のある民主主義からより暗い場所へそれたためともみなされている。ユーロヴィジョンは異なった問題を提出する。アゼルバイジャンは、去年のコンテストで勝ったのでホストをする。アリエフ氏の評判に照らすと幾分不幸なことに、勝った歌のタイトルは「恐れて走る」だった。
 
そのルールは変わるべきだ。これらの豪華なショーを監視する主体は明らかに非政治的だ。彼らは、そのようなコンテストが国際的な親善を促進すると論ずる。しかし、彼らは、にもかかわらず政治的な道具になっている。安定しているが、民主諸国はしばしばそれらに皮肉な娯楽として近づく。アリエフ氏のような不快な指導者にとってこれらの見世物は価値のあるプロパガンダだ。1991年にそれが独立して以来アゼルバイジャンで最大のことであるユーロヴィジョンは、外交的な許可として紹介されてきた。例えば独立した人権データに基づくなど、より一層の慎重さがそれらを割り当てるのにつかわれるべきだ。ユーロヴィジョンは、もしアゼルバイジャンがこれらの価値を支持するまではホストになることを拒絶されるのならば、さらなる平和と博愛のためにより多くのことができただろう。
 
 
発行日: 
2012-05-26
雑誌名: 
記事区分: 
主カテゴリー: 
キーワード: 
0
まだ投票はありません

コメント

コメントを追加