夢の大陸 - アフリカの銀行業

アフリカ中で、銀行は拡大しているが、彼らの収入はそうではない

「昨日はぎっしり、明日もぎっしり、でも今日のジャムはない。」それは、南アフリカで設立され今では世界的に営業する特化銀行のインヴェステックの最近の業績発表での株主の不平だった。その嘆きは、アフリカの急成長する多くの銀行の投資家に一般的なものだ。その地域の借り手は、その大陸中に拡大するにつれ、素晴らしい収入を約束している。彼らの野望は、自家製の地域原動力の集団を作り出している。しかし、支店網を作り、成長に投資する費用が掛かるので、そのような収益は遠い未来のままだ。

アフリカの銀行市場の主要な魅力は、それが潜在的に巨大で事実上未開発なことだ。その大陸の10億人の住民への銀行の浸透は、国によって大きく異なるが、例えば、セネガルとタンザニアの人口の帯は、事実上まったく銀行へのアクセスを持っていない。

国内での相違も著しい。例えば南アフリカは、ヨハネスブルグの主要な銀行地区のエアコンの効いた事務所と緑に覆われた芝生から、世界クラスのサーヴィスと技術を提供する。しかし、ほんの少しバスに乗れば、多くの人々が依然として現金をそのマットレスの下にしまっている、貧困に悩まされたアレクサンドリアの町がある。

サブサハラアフリカ全体にわたって、たった約1/4の大人しか公式の金融機関に口座を持っておらず、3%しかクレジットカードを持っていない。挑戦は、残りに到達する利益の上がる方法を見つけることだ。銀行員は、一般的に、ひとり頭のGDPが、支店を建設し始め口座を開き始めるのに利益が出るようになる水準の約1万ドルに到達し、離陸の準備ができると、市場だと考える。しかし、前払いカードや携帯バンキングといった技術はそのハードルレートを下げているかもしれない。

銀行技術の商品化と、提携する銀行にクレジットカード事業を運営するのに必要なすべてを提供できるマスターカードのような会社の拡大は、かつては国際的なライヴァルに完敗していただろう、国内や地域の銀行に大きな押上げを与えている。「技術が大きな平準化作用を行う。」シティグループのアフリカ事業を運営するナヴィード・リアスは語る。「最近ではクレジットカードや携帯バンキングのプラットフォームを持つことはそれほど複雑ではないのだ。」

幾つかの面で、アフリカの銀行は国際的なライヴァルの一歩先を行っている。1960年代からそこにある費用の掛かるレガシーシステムにパッチを当てることなしに、位置から真新しいコンピューターシステムを搭載するからだ。銀行業務技術会社のミシスのアル=ノア・ラムジは、アフリカのリテール銀行はその収入の30%まで低くコストを下げることができると計算する。先進国の銀行は、対照的に、費用収入比を50%にできれば一般的に満足だ。

これらの技術を最も熱心に抱き寄せている銀行のグループは、大きな地域銀行だ。その中には、アフリカの18か国で営業する南アフリカのスタンダード・バンク、32か国で事業展開するトーゴが本拠の汎アフリカ銀行エコバンク、19か国にあるナイジェリアのアフリカ統一銀行(UBA)がある。彼らの成長は、近年のいくつかの国際的銀行の縮小によって助けられている。例えば、去年フランスの銀行を苦しめたドル基金の凍結は、多くがフランス語圏西アフリカでの活動を減らす原因となった。HSBCは、2010年に南アフリカで4番目に大きな銀行のネドバンクを買収する交渉から引き揚げてから、その注意をアジアに移している。

金融危機もまた、その地域の銀行のいくつかが、海外に行くよりもむしろアフリカで拡大することに焦点を当てるよう刺激した。かつては自分自身を国際的新興市場銀行として売り出したスタンダード・バンクは、危機中にその資金調達費用が跳ね上がるのを見た。中規模組織として競争するのは難しくなった、とスタンダードの副頭取シム・シャバララは語る。「我々は、資本を取り、それをアフリカ大陸に持ち帰ることについて緊急だと話し始めた。」

別の南アフリカの銀行のサウス・アフリカン銀行はもまた、危機以来そのアフリカでのリテールネットワークを拡大している。それは、かつて不動産取引を通して多くの所得を生み出した投資銀行事業を持っていた。その事業は今では多くの役員と規制者によってあまりに危険だとみなされている。それは以来減少している。顧客のためだけに取引しているのだ。成長のために、それは、市場の中でも特にアフリカでのリテールバンキングに向いている。

地域銀行はそのリテール営業を打ち立てるために大きくボトムアップ戦略をとっている。彼らは預金を現地で集め、法人顧客を対面で求める。「ナイジェリアで会社に仕えるために、彼らの現金を集めることができなければならず、支店網を持つことなくしてそうすることはできない。」シャバララ氏は語る。紙上では、その収入は巨大だ。ナイジェリアを含んだ多くの国での純利益率は8%にもなり、それは南アフリカの倍で、西側の平常時の4倍にもなる。

しかし、これらの富に手を上げるために、外国銀行は地元の銀行を買収するか支店ごとにネットワークを打ち立てるというゆっくりの仕事を引き受けるかのどちらかをしなければならない。買収主導法の欠点は、とりわけケニアとナイジェリアで銀行を買っているスタンダードによって示されている。そのアフリカ事業での自己資本利益率は去年の上半期に尊敬すべき13%だったが、その買収の営業権の評価減がなければ、それを平凡な10.6%に押し下げなかった。

一から打ち立てることは、簡単でもない。「我々はそのハードルレートを資本コストの点で作っているのか?」ファーストランドの頭取のシズウェ・ンクササナは訊ねる。「短期的には、そうではない。」ンクササナ氏は、いくつかの国で小さな買収を考えるだろうが、依然として本質的成長を好むという。

三つ目のやり方は、シティが良い例である、ほとんどの大きな国際的銀行によってとられているものだ。それはトップダウン法を取っており、政府が債券を売るのを助け、それぞれの国の最大の企業に銀行サーヴィスを提供している。これにより、それは、アフリカで、地理的に巨大だが社会資本的には軽いネットワークを作ることができるようになっている。より敏捷なのは、その社員が取引締結のために飛んでくるが現地での存在感がほとんどないゴールドマン・サックス、モルガン・スタンレー、そしてドイツ銀行といった投資銀行だ。

問題は、これらのモデルが、国内や地域の銀行が彼ら自身やその顧客のために地位と資本市場へのアクセスを得るときに持続可能か、と言うことだ。国際的銀行もまた、特化したライヴァルとの競争の発生を防がなければならない。そのような競争者の一つは、新興市場に特化し、ニューヨークやロンドンでの重量級の企業での地位から誘い出されたアフリカ生まれの銀行員を含んだ多くの社員を雇っているロシアの投資銀行ルネサンス・キャピタルだ。「我々は地に足をつけており、不動産に足をつけている。」ルネサンスのアフリカ事業を率いるクリフォード・サックスは語る。

国際的銀行の中には、混合法を採ろうとしているものもいる。スタンダード・チャータードは多くの国で正しいリテールと法人銀行サーヴィスを提供しており、地球規模資本市場へのアクセスを享受している。多数をバークレイズが保有している南アフリカの銀行アブサの株主たちは、今週その英国の銀行の他のアフリカ事業を購入する承認を受け、地域的なアフリカの銀行と国際的な銀行の両方になろうとするその戦略を固めている。それは確かに、スーツケースの銀行員モデルよりも意味が通じる。高収益の約束は、少量の不確実性によって相殺される。アフリカがその潜在力を実現するとき、その勝者はそのリスクとともに生きる準備ができているものだろう。
 

発行日: 
2013-03-02
雑誌名: 
記事区分: 
主地域: 
主カテゴリー: 
キーワード: 
0
まだ投票はありません

コメント

コメントを追加