遅れたが、手ぶらではない - アフリカのバラク・オバマ

アメリカの大統領は、4年たってからその父の大陸を訪れる

アフリカ人たちは、少なくともヨーロッパの探検者が、派手な陶磁器類や蔵書すらも満たしたトランクをたくさん持った荷物持ちの長い列の先頭で、サヴァンナをだらだら歩いて以来、大きな随員たちを連れ異国風の荷物を持った訪問者たちに慣れている。しかし、バラク・オバマが6月26日にアフリカに足を踏み入れる時、彼はさらによいことをするだろう。病気になったとき用の最高水準の病院を備えた軍艦が最初のアフリカ系アメリカ人の最高司令官に同行し、ジェット戦闘機が止まることなく空を警護し、3台のトラックが彼の寝るホテルへの防弾ガラスを運ぶ。しかし、チーターやライオンに対して狙撃種を雇うことに高官の木が進まなかったので、大統領のサファリはキャンセルされた。

オバマ氏の2008年の選挙は、その大陸中で祝福された。ナイジェリアの外務大臣はすすり泣き、ケニアは国の休日を宣言し、ネルソン・マンデラはオバマ氏がアフリカ人が「あえて夢を持つ」べきだと証明した、と語った。彼の就任の直後に、彼はその大陸におおやけの愛情を降り注ぐことによって、その賛辞に報いた。「私は体の中にアフリカの血を持っている。」彼は、2009年のガーナでの20時間の途中下車で宣言し、彼がアフリカの地球規模の王者になるだろうという望みを引き上げた。しかし、彼はそれ以来訪れていない。アフリカ人の中には彼が長く訪れないことが彼らを無視していることを示唆しているとして憤慨するものもいる。

それは理解できるが、正当化はできない。アメリカとアフリカの多くとの関係は、オバマ氏の旅行日程に関わらず深まっている。アフリカのテロリスト集団の増加する一覧に不平を持っているペンタゴンは、より多くの存在感を示している。彼が大統領になって以来、アメリカの無人機をかくまっている場所の一覧は、少し例を挙げれば、ジブチ、エチオピア、そしてニジェールと、増えている。それらは、オバマ政権の初めから使用できるようになっている新しいアフリカ司令部によって運営されるサヘル地域に点在する。約3,000のアメリカの軍事教官が今年アフリカにおり、過去最高だ。空軍はリビアとマリで、特殊部隊はウガンダとソマリアで、行動している。

同時に、アメリカはそのソフトパワーを拡大している。人数が増える外交官と現地職員が、その大陸中で国の政治に関与し、現地のエリートを援助し、助言し、甘言で釣り、そそのかしている。アメリカは2011年に新国家南スーダンで助産婦の役割を果たし、ギニアとコートジボワールを2009年と2010年の長引く闘争の縁から戻すのを助けた。それは民主主義を促進し、他のどの国よりも大きな心からの喜びで援助を供給する。新しい大使館が建設されており、より多くのワシントンからのアメリカ人高官訪問者がアフリカのあちこちに乗り込む。ペンタゴンの政治的目標を犠牲にして安全保障を強調する姿勢に不満を持っているものもいる。アメリカの軍事的欠点を指し示すものもいる。マリのクーデター指導者はアメリカの兵士によって訓練されたのだった。

けれども全体では、オバマのチームはアフリカを賢明に扱っている。それは、ナイジェリアのテロ集団ボコ・ハラムの勃興に反応しすぎたかもしれなかったが、そうはしなかった。対照的に、ジョージ・ブッシュ大統領の上級役人の中には、無邪気なのぼせあがりと同様に妄想症の発作に苦しんでいると言われるものもいる。彼らは、ルワンダのポール・カガメ、エチオピアのメレス・ゼナウィ、そしてウガンダのヨウェリ・ムセヴェニといったアフリカの指導者たちと、内部者が言うところの「恋に落ち」、彼らの活発さを賞賛したが、彼らの非民主的な傾向を大目に見た。オバマ氏の群はそれほど友好的ではなく、ルワンダへの軍事援助を保留し、代わりに組織を支援することに焦点を当てている。

だから、6月26日に始まるオバマ氏のアフリカ旅行で選ばれた国々があるのだ。セネガルは、去年模範的な選挙を行った。特別な歴史としっかりと確立した民主主義を持つ南アフリカは、依然としてその大陸の主導的な国だ。タンザニアが訪問の褒賞を受けたのは、たぶんその新大統領ウフル・ケニヤッタがハーグの国際司法裁判所に告訴に直面しているのでオバマ氏が面会しない、そのより重要な隣国で彼の父親の生誕地でもあるケニアの目の前での侮辱としてみなされる。

アメリカのアフリカでの弱みは、その大統領の外遊の主要な点である、投資だ。アメリカ企業は、長い間その大陸で操業しているが、アフリカの最大の貿易相手で年に約2,000億ドル売買している中国に追いつけないでいる。アメリカの貿易は、過去10年で5倍になっているが、その半分で、その多くがアンゴラとナイジェリアからの石油の輸入である。

オバマ氏は、社会資本計画により多くのアメリカ人が参加するよう活動するだろう。しかし、アメリカ人の中国がアフリカを乗っ取っているという恐れは誇張されている。アメリカとその西側の同盟国は、全面的により大きな影響力を持ち、一方中国の知識と政治的関与は浅いままだ。アメリカは、その多くが過ら離礁業に限られている中国の41に対して、アフリカに51の大使館を持っている。さらに、中国ははっきりと追いつきたいと思っている。その新主席習近平は今年の彼の最初の外遊で、その大陸を訪れた。彼の前任者は、権力にあった10年間で5回そこに行き、3年ごとにアフリカ首脳会談を開催した。

国務大臣として4回の外遊で15のアフリカ諸国を歴訪したヒラリー・クリントンは、去年、彼女をあまりに中国と仲良くやっていると見た人々に食って掛かった。アメリカは、「違う方を向いた方がより簡単で利益が出るかもしれない時でさえも、資源を流し続けるために」人権を支持するだろう、と彼女は言った。「どの提携相手もがその選択をできるわけではないが、我々はそうし、またそうするだろう。」アフリカに反映か民主主義化の間で選ぶよう言うことは、間違った選択というだけでなく、魅力的でもないものだ。アメリカがより多くアフリカと貿易すれば、より多くの政治的影響力をそれが持ちそうだ。それはまた、オバマ氏の見方でもあるようだ。
 

発行日: 
2013-06-22
雑誌名: 
記事区分: 
主地域: 
主カテゴリー: 
キーワード: 
0
まだ投票はありません

コメント

コメントを追加