ベアテ・ゴードン

日本についてのアメリカ人への解説者ベアテ・シロタ・ゴードンは12月30日に89歳で亡くなった

憲法の起草は人が毎日やるものではない。それは、ワシントン、フランクリンとその仲間たちが1787年のフィラデルフィアの蒸し暑い夏に数か月かかって成し遂げた。1946年の春に廃墟となった寒い東京でベアテ・シロタがそれをするのに誘い込まれた時、彼女はびっくりした。彼女は弁護士ではなかった。彼女は22歳でただのアメリカ国民だった。彼女の楽しみの考えは、毎晩外出することだった。彼女は、ほとんどが戦争前に彼女が日本に残したその両親を見つけるために、マッカーサー将軍の占領軍に付けられていた。うまくやっていた彼女の仕事は、日本語の翻訳だった。しかし突然、20数名の男たちとともによばれ、最高機密で戦後の日本の基本法を書くことになったのだ。一週間で、「ベアテ、あなたは女性だ。」と同僚たちがいった。「女性の権利について少し書いたらどう?」「素晴らしい、そうしたいわ!」彼女は叫んだ。そしてそれから彼女にはどうしたらいいのかの何の考えもないことを認識した。

けれども、彼女は日本で女性がいかに扱われたかのすべてをとてもはっきりとみていた。5歳から15歳まで彼女はそこに住み、ウクライナからのコンサートピアニストだった彼女の父親のレオ・シオタは帝国大学で教えていた。その地は彼女を魅了しているように見え、すべての非常に美しい庭や桜の花や西洋人には見慣れない黒い目で直毛の子供たちと、彼女は遊ぶことを許された。人形劇と羽根つきでたった3か月半でその言葉を学んだ、と彼女はいった。そして彼女はほかのことも学んだ。例えば、日本人女性は彼女の母親が開くパーティーに決して来なかった。男性たちだけが来たのだ。日本人女性はその夫たちの友人の夕食に仕え、それから台所で一人で食べた。道では、彼女たちはいつも男性の3,4歩後ろを歩いた。知らない男と結婚し、何も相続せず、家財のように売買すらされることが普通だった。

その仕事に掻き立てられて、彼女は接収されたジープで東京中を走り回り、戦争で打ちのめされた図書館からほかの国の憲法を借り出した。それらと格闘して、彼女は24条となるものを生み出した。

「婚姻は、両性の合意にもとづき、基本として平等な権利を持った夫と妻の相互協力を通して維持されるべきだ。配偶者の選択、財産権、相続、住居の選択、離婚並びに婚姻及び家庭に関するその他の事項を、個人の尊厳と両性の本質的平等の見地に立って定める法律が制定されるべきである。」

彼女がその使命について調子が出てくるにつれ、さらにたくさんのことがあった。賃労働、子供の保護、平等な教育についての女性の権利だ。それは、日本人と同様にアメリカ人側でも男性の目に水を掛けたので、その多くは抜け落ちた。ある思いやりのある大佐が、彼女がアメリカ憲法よりもはるかに多くの権利を詰め込んでいると指摘した。彼女はそれは難しくないとやり返した。彼は彼女に離婚のような問題はここに属さないと話した。彼女は、彼女の両親の書類を日本の官僚にまとめようとした長い経験から、もし権利が憲法に書いて無ければ、それらは決して民法に書かれることはないだろうと彼に伝えた。それから、大きな無念で、彼女は泣きだした。

日本の交渉者は24条を嫌った。しかし、彼らは彼女が好きだったので、そして「シロタ女史の心がここに込められている」(この単なる少女がまたそれを書いたという事実の言葉はなかったが)と言われたので彼らは同意した。そして彼女が驚いて満足したことに、歴史は作られた。のちに彼女がいつ日本を訪れても、女性は彼女の周りに群がり写真を撮って、彼女の手を押しその贈り物に感謝しただろう。
 

オハイオでの能

振り返ると、彼女はそれをほとんど幸運とみなした。彼女の父親の仕事が1929年に彼女を東京に連れて行った幸運、彼女が日本と日本人、日本語を吸収することを許されたがかなりをアメリカンスクールで教わった幸運、戦後に日本に行くことができ、そこに行った最初の文民女性になり、その両親を衰弱していたが安全に見つけた幸運、マッカーサーが彼女をその秘密チームに引き揚げた幸運。

しかし、技術も伴った。彼女は自分がいつでもほとんどの人々よりもよく英語を理解したことを知っていた。例えばカリフォルニアでの学生時代をとってみると、他の人たちが日本の戦時宣伝放送で逃した脅威やニュアンスだ。平時には、彼女はその国の理解を再建し改善するためにできることは何でもするつもりだと感じた。1954年から、ジャパン・ソサエティの職員として、彼女は日本の名人をアメリカに送るために疲れを知らずに働いた。それによって、フロリダやオハイオの人々は茶道でのお辞儀や飲み方や、彼女を子供のように喜ばせた優しい琴の演奏や、能の仮面をかぶった厳粛さを見ることができた。1970年代にアジア・ソサエティに移った彼女は、ジャングル、モンスーン、チベットの息もできない高原、そしてタシケントでの7日間の宴会をものともせず大陸を旅行し、ジャワのダンサー、ハノイの水人形、韓国のパンソリ歌手を持ち帰った。

このすべてに没頭し、彼女の戦後の仕事が秘密だったことに気づき、彼女は回想録を書いた1995年になるまで憲法起草のことについて決して口外しなかった。そのあとで、彼女はそれに夢中になった。しかし、すべてを言ってした後に、彼女は24条が日本の戦後憲法で最も重要な条項だとは考えなかった。その名誉は、その下で日本が戦争を放棄し平和を抱きしめた9条に属する、と彼女は語った。そして彼女のものは2番目だった。
 

発行日: 
2013-01-12
雑誌名: 
記事区分: 
主地域: 
主カテゴリー: 
キーワード: 
0
まだ投票はありません

コメント

コメントを追加