生き延びる - 生物多様性

少ない成長ではなくさらなる成長が第6大絶滅を避ける最善の望みだ

海南テナガザル、毎朝お互いに歌う。しかし、最近彼らはあまり歌うことがない。その種は、米とゴムの肥沃な産地であるだけでなく、ゴルファーの天国でもある、ある中国の島の固有種だ。その森のほとんどは、これらの活動のために場所をあけるために破壊されており、そのテナガザルの数は数十匹に減っている。もしその種が消えれば、それは1万2千年前の完新世の始まり以来絶滅した最初のサルになるだろう。

海南テナガザルは、国際自然保護連合によって絶滅寸前に指定された4,224種のうちのたった一つにすぎない。注意は哺乳類と鳥類に集まる傾向にあるが、カエルのような両生類は、さらに危険にさらされている。

過去数世紀にわたって、人類の経済成長は、他の種が直面する問題の多くを惹き起こしている。しかし、より大きな人類の繁栄はいま、他の種が生き延びる最善の可能性を提供する。
 

恐竜に何をしたか

地球の歴史で、これまでに5回の大絶滅があった。一つは恐竜を絶滅させた。別のものは地球上の96%の種を一掃した。すべてが多分地質的な事件が隕石によって引き起こされた。多くの科学者は6つ目のものが進行中で、それは人によって引き起こされていると考えている。

最初にやりを研いだ時から、技術的進歩と経済成長が人類にその惑星を支配することを許している。彼らは、かつて地上に住んでいたオオヘラジカ、オーロクス、フクロライオンといった大動物の多くを全滅させるのに責任があると説明される。彼らが太平洋に漕ぎ出したとき、彼らは植民化した島々の鳥類の生命の50-90%を絶滅させた。技術により、彼らはより効率的に生物を殺し森林を切り倒し、70億の人々を維持するのに十分な食料を生産できるようにした。結果として、過去数十年にわたって、絶滅は彼らがいなかったときの約100倍速く進んでいると考えられる。

しかし、人々が中所得水準に到達し始める時、他の種は利益を受け始めている。これは、部分的には、人々が豊かになるにつれて、その関心がぜいたくに向けた必要を越えて広がり始めているからだ。ある人にとってはそれは高価な靴を意味し、また別の人にとっては1日のバードウォッチングだ。環境圧力団体は政府に頼り始め、政府は会社が環境に被害を与えるのを制約する法を通す。西洋では、グリーンピースや環境防衛基金といった圧力団体の仲間たちが1960年代に立ち上がり始め、70-80年代に立法化するのを助けた。

成長はまた、生物多様性に間接的な利益を持つ。人々は、他の種を助ける形でその環境をきれいにする。例えば、下水処理工場建設を通して、そして工場が川に排水を流すのを禁じることを通してだ。平和と繁栄はともにやって来る傾向があり、コンゴでの戦争が示しているように、紛争は人類と同様にほかの生物も傷つける。先進国は一般的により良い政府を持っており、環境保護は有効な国家なしには機能しない。農業生産が上がり、より少ない土地でより多くの食料が生産できるようになっている。人口成長が下がり、東アジアでは出生率は女性一人の子供の数が1960年代には5.3人だったのが今では1.6人に下がっている。

ひとつの帰結は、先進国では、他の種にとっての条件は、概して改善しており、絶滅危惧種は崖の縁から離れている。例えばアメリカのハゲワシは、1960年代には412組にまで減っていた。今では7,066だ。クジラの数は、商業捕鯨の猶予のおかげで、ほとんどが回復している。より広く見れば、ロンドン動物学会とWWFによって生み出された生物多様性の広範囲にわたる指標を集めた物である「生きている地球指数」は、過去40年にわたって(一般的に豊かな)温帯諸国で上がり、(一般的に貧しい)熱帯諸国で下がっている。それは単に先進国がその成長を新興市場に輸出しているからだけではない。例えば、朝鮮半島の森林の運命を見てみる。ここ数十年で世界で最も早く成長している国の一つである韓国では、森林の植生は安定している一方で、北朝鮮は過去20年でその森林の1/3を失っている。

新興市場では、人々が政府に環境をより良くする管理をするように圧力をかけるにつれ、改善している指標もある。例えば、ブラジルのアマゾンの森林伐採は、2004年には2.8万平方キロだったのが、去年は5,000平方キロに減っている。1982年のスタンディングスタートから、中国はアメリカの3倍の土地を国立公園に与えている。
 

ハイドウ! GM

しかし、問題は決して解決されていない。何千もの種が絶滅のふちでぐらついている。ひっくり返るかどうかは大部分が2つの要素に依存している。一つは気候変動だ。もし気温上昇が推計範囲の真ん中から高い側にあれば、生物多様性の破壊はとても起こりそうだ。もし、現在の温暖化の休止が可能だと示唆するところである低い側にそれがとどまれば、ほとんどの種はそれほどひどく影響を受けなくてしかるべきだ。2番目は、土地への需要だ。生息地の喪失は、生物多様性への最大の脅威だ。人類はすでに地表の約40%を耕作しており、食物への需要は2050年までに倍になると予想されている。もしその需要がさらに多くの土地を耕すことなしに満たされるつもりならば、収穫は急速に増えなければならない。それは、より多くの肥料、殺虫剤、そして遺伝子組み換え(GM)の種を意味する。

これが起こるためには、環境運動はその姿勢を変える必要がある。それは政府が変わるよう圧力をかけることによってほかの種を助けているが、環境保護団体の中には成長が減速してほしいと思っているものもあり、ほとんどが集約農業に反対している。それらはヨーロッパを新たなGM作物の禁止地域にしており、その損害を与える偏見をアフリカとアジアに広めており、生物多様性の損失になっている。

もし人類が最初のやりを持ち上げなかったら、その星の他の種のほとんどがよりよくやっていただろうことに疑いはない。それに続いた技術的進歩と経済成長は、地球を第6の大絶滅への縁に運んでいる。しかし、少ないよりも多くの進歩が、それを避ける最善の可能性を提供する。海南テナガザルの現在の苦境は、その数が数十に減った10年前の改善だ。大きな注意を払えば、さらに数十年間生き延びて歌うかもしれない。
 

発行日: 
2013-09-14
雑誌名: 
記事区分: 
主地域: 
主カテゴリー: 
キーワード: 
0
まだ投票はありません

コメント

コメントを追加