まず手を洗いなさい - 生物医学

賢い消毒剤取り出し機は、医療職員に手をより頻繁に洗うよう巧妙に勧めることにより、命を救うことを約束するかもしれない

1800年代には誕生は危険な事業だった。多くの女性がそのあとすぐに亡くなったのだ。当時ウィーン総合病院で働いていた産科医のセンメルヴェイス・イグナーツは、患者に触る前に漂白剤で手を洗うことによって、死亡率を90%減らすことができた、と観察した。これはルイ・パスツールが細菌論を打ち立てるよりも前で、センメルヴェイスはその関連を説明することができなかった。けれども、彼がその発見を公開した後で、多くのその同僚はその手がきれいではないという示唆に立腹した。結局医者は紳士で、別の産科医のチャールズ・メイグスがいうように、「紳士の手はきれい」なのだ。くじかれたセンメルヴェイスは鬱になり、最後には精神病院に送られた。彼は看守に残忍にたたかれた後で14日後に亡くなった。

病院での衛生は、センメルヴェイスの時から大きく進歩している。しかし、まだ改善の余地がある。毎年、アメリカだけで10万人近くの人々が、病院での防ぐことのできた感染で亡くなる。英国のスキンケア会社デブ・グループのポール・アルパーによって考え出された発明が、これを変える役に立つかもしれない。

センメルヴェイスの時のように、汚い手は感染の大きな原因だ。病室には消毒手洗いを出す装置がたくさんあるが、すべきであるほどには頻繁に手洗いをしているわけではない。ほとんどの病院で、順守率は40%を下回るのだ。デブ・メド・グループ監視システム(GMS)は、職員に手を洗うよう奨励することを意図したものだ。

その発明自体は単純だ。それは単に取り出し機に使用を監視するチップを加えただけだ。例えばトイレの取り出し機がそこに入った人が本当に手を粗い消毒したかを確かめるためにカメラで監視されているときのような押し付けがましく割り当てられた非難の代わりに、それは同僚の圧力に頼っているので、それが賢いのはその後ろにある心理学だ。個人は選び出されない。病室がされるのだ。耐え難くなりうるのは、故に彼らの間での指の差し合いよりもむしろ、病室間での競争になるのだ。

それぞれの取り出し機の中のチップは、完全に自動化された過程で、離れたサーヴァーに情報を送り、そこで記録され、分析され、それからウェブ上でも病院職員への電子メールでも利用できるようにするのだ。GMSは、病院の中の異なった部分で取り出し機が使われた回数を記録し、それぞれの病院の環境のカスタマイズされた推計上の合理的な利用と比較する。この目標は、患者との異なった種類の接触のための最善の手洗い実践への指針である世界保健機関の「手の衛生のための5つの瞬間」に基づいている。目標点数への実際の比は、ある特定の病室や部署への順守率を与える。これは集団への格付けを提供するので、誰も選び出されない。そしてもし遵守が低ければ、犯人たちは、密室中で対決することなく、集団的にその行為をただすことができるのだ。

もしそのシステムが意図したとおりに動けば、それは多くの命を救うだろう。院内感染の治療は費用がかかるので、それはまたカネも節約してしかるべきだ。アルパー氏によれば、何十もの病院がすでに試験を契約しているという。センメルヴェイス・イグナーツの幽霊は、疑いもなく笑っている。
 

発行日: 
2013-09-07
雑誌名: 
記事区分: 
主地域: 
主カテゴリー: 
キーワード: 
0
まだ投票はありません

コメント

コメントを追加