武器庫を築き上げる - テキサスでの生物科学

 

大きな連邦贈与がテキサスの反映する生物科学産業に光を当てる
 
連邦の保健福祉庁が6月18日にテキサスA&M大学が新しい生物防衛センターを作る大きな契約を得たと発表した時、外部者は目をとめた。連邦政府の目標は、アメリカの世界的な蔓延や生物戦争へのワクチンやほかの反応を開発し展開する能力を改善することだ。
 
似たような契約は、メリーランドのエマージェント・バイオソリューションズとノースカロライナのノヴァルティスに行った。しかし、1年目に1.76億ドルのテキサスの契約は、最大で最も目立ったものだ。ほかの州と比べて、テキサスは一般的に、連邦政府をひどく嫌い、カネを使うことを嫌い、そして公共財を提供することにほとんど関心がないと認識されている。州の議員の中で、科学は時に信念に一目置き、その点でテキサスは健康についてそれほど気にすらしていない。それは、その州の保険に入っていない人口の割合につながっている。
 
「それは、私が長い間証言してきた、2党連携の最善の表示だ。」1999年に州の監査官としての仕事を辞したにもかかわらず、依然としてテキサスで州にまたがる事務所を構えている最後の民主党員である、テキサスA&M大学システムの学長であるジョン・シャープは語る。A&Mは歴史的に、獣医科学、農業調査、そして工学という、そのすべてが生物科学に関連のある分野に強みを持っており、そしてそれはすでに、医療試験のためのクリーンルームのような必要な施設のいくらかを持っている。
 
それは偶然ではない。2009年に、その大学は治療学製造業国立センターを建設するために、テキサス新興技術基金(TETF)から5,000万ドルの贈与を受けている。テキサスは、決して成長に無頓着ではなく、そして経済成長官にとって、生物技術よりも良い産業はほとんどない。民間部門の全体的な雇用が2.9%下がった2001年と2010年の間でさえ、生物科学での全国の雇用は6.4%増え、9.6万の職の純増があった。
 
しかし、生物技術クラスターの開発は、特に、資本、施設、そして科学者や研究者だけではなく技術者や工場労働者といった洗練された労働力を必要とする。テキサスは、真の勝者を選ぶやり方で努力をしている。1月時点で、知事の事務所によれば、TETFは、そのほぼ半分が生物技術と生命科学企業である3.7億ドル以上に値する167の賞を発行したという。有権者も生命科学を支持している。2007年に、彼らは、がんの調査と防止を助けるための30億ドルの債券を発行する権限を州に与える州法修正を承認した。
 
テキサス医療生物科学研究所の所長トム・コワルスキは、生命科学が公共投資にとって良い選択だと説明する。その技術は複雑であり、それは初期の支援が重要であることを意味し、そしてその部門はすでに強く成長している。彼のグループはその産業の州への年間経済的影響を750億ドルだと推計し、R&Dを促進する非営利グループのバテルによる研究によると、テキサスでの生物科学分野での雇用は2001-10年の間で19%成長したという。州のコミュニティ・カレッジや大学へのさらなる投資が必要とされるだろう。しかし、その収益はすでに見えている。
 
 
発行日: 
2012-06-30
雑誌名: 
記事区分: 
主カテゴリー: 
キーワード: 
0
まだ投票はありません

コメント

コメントを追加