噛みつかれた - ビットコイン

暗号通貨の王様にとって荒れた週

チャーリー・シュレムは、1月26日のマイアミでのビットコイン熱狂者の集まりで、メインの話し手だった。次の日、彼は違法薬物のオンラインの市場であるシルクロードの店に100万ドル相当のその仮想通貨を提供しようと企んだとして逮捕され告発された後で、それほど歓迎されない見出しを飾った。シルクロードは去年閉鎖された。その創業者だと言われるロス・ウルブリヒトは、それから起訴されている。いま、犯罪取り締まり人は、顧客がそのような闇市場で跡を追うことができる古い経済の通貨を匿名に近い仮想のものに交換することをできるようにする交換所に、その注意を向けている。

シュレム氏の逮捕は、ビットコインのファンに衝撃を与えた。その24歳の男は、その通貨のもっとも雄弁な提唱者の一人で、暗い側とつながりを持っていないとみなされていた。彼の交換所、ビットインスタントは、フェイスブックが自分たちの考えだと主張するインターネット事業家ウィンクルヴォス兄弟から金融支援を受けている。

しかしながら、原告申し立てによると、シュレム氏は、そのビットコインが(10%の利幅で)シルクロード利用者に転売されるだろうことを知っていたのにもかかわらず、同じような罪に問われているロバート・ファイエラのために個人的に注文を実施した。彼は、事業パートナーが疑った時、そのパートナーからの注文を隠したのだ。そして、彼は、順守官として反資金洗浄政策を行うのがその仕事であるのにもかかわらず、どのようにしてビットインスタントのその政策によって課された取引上限を迂回することができるかを、(そのオンラインの名前がBTCKingである) ファイエラ氏に助言したのだ。もし有罪になれば、その二人は30年以内の刑になる。

ビットコインのファンは、その違法な利用者があまりに注意を惹きすぎており、支払いの仕事を大改革するその潜在力をあまりに小さくしていると不平を言う。規制者たちは依然としてそれをどうするか確かではない。国によって反応が違うのだ。フィンランドの中央銀行は、ビットコインを通過ではなく「デジタル商品」だとみなしている。ドイツでは、それは民間の金として取り扱われる。中国は銀行による仮想通貨の利用を制限して弾圧している。

アメリカでは、規制指針はゆっくりと来ている。去年、連邦当局は、仮想通貨の交換所が手形交換会社や通貨交換所の仲間である「貨幣サーヴィス」事業とみなすかもしれない、といった。これらは身元確認などの資金洗浄ルールに従わなければならないが、州によって免許を得られる。だから、州の規制者はいま電子通貨をよりよく知ろうと急いでいる。

全ての目は、その金融サーヴィスの監督責任者ベンジャミン・ロウスキーが今週その問題についての公聴会を開くニューヨークに注がれている。彼は、仮想通貨に特化した「ビットライセンス」とあだ名された新たなルール一式を導入したいと思っている。ビットコイン利用者たちはその考えについて意見が分かれている。それが、銀行によって課される取引費用を迂回する役に立ちうる見通しのある新技術を締め付けるだろうと恐れるものもいる。それが腐った事業に正当性を与えるかもしれないと信じるものもいる。

官僚主義の嵐を予想して、仮想通貨の会社はより多くの法令順守専門家を集め始めている。その新規雇用者たちは忙しくなるだろう。「もし規制者の選択が、片手に資金洗浄を許可し、もう片手に革新を許すことならば、我々はいつも資金洗浄を叩き潰すことを選ぶだろう。」ロウスキー氏は宣言した。
 

発行日: 
2014-02-01
雑誌名: 
記事区分: 
主地域: 
主カテゴリー: 
キーワード: 
0
まだ投票はありません

コメント

コメントを追加