マリに追いつこうとしようではないか - 英国経済

なぜ投資適性で159番目になることは、ある国にとって回復を維持することができないのか

良い経済的ニュースは、旱魃の中の雨のしずくのように英国に降り始めている。その国は干からびている。先週発表されたGDP推計の改定は、産出が依然としてその2008年のピークよりも3.9%低く、イタリア以外のどのGDP諸国よりも悪い成績だということを示唆する。信認が戻るにつれ、英国経済が依然として弱い投資、生産性、そして賃金の病気の核を持っており、厳しい政策決定が前に横たわっているということを指摘するのは、ほとんど不作法なようだ。

その経済は、第一四半期に年率換算で1.2%成長した。経営者の調査は、今年の0.8%の成長と言う公的な予測が上方修正されなければならないことを示唆する。抵当信用は再び流れている。住宅価格は上がっている。FTSE100の株価指数は、5月にその2007年のピークを少し超えた。

これらの数字は、デヴィッド・キャメロンにとって良いニュースだ。2010年に、その首相は「法的に有効な、容赦のない成長への焦点」を約束した。彼の閣僚ジョージ・オズボーンは、成長の追求は冷酷だろうと言った。しかし、選挙が2015年5月に現れ、回復がうわべはバッグの中にあるので、彼らの優先順位は選挙の敵を阻止することに変わっている。7月5日に、キャメロン氏は、要領を得ないEUの国民投票法案に投票するよう、保守党の国会議員を国会に召還した。一方、オズボーン氏は、福祉支出について労働党へのずるい罠を案出する。

これは、成長よりもむしろ票を法的に目隠しされて追い求めるものであり、暴発しうる。英国の回復はいまのところ中身を伴わない。より安い通貨にもかかわらず、輸出には失望され続けている。GDPの2.2%の貿易赤字は、過去5年間でほとんど減っていない。消費は成長率を支持しており、本質的には問題ではないが、2007年終わりのそのピークよりも依然として9%低い実質賃金が下がり続けていることを考えると、心配だ。下落し続けていた対所得負債比率は、再び上がっている。その国は成長への道を借り入れているのだ。

全ての中で最も困難をもたらすことに、投資は5年間四半期ごとに実質で下がっており、今年の第一四半期にはGDPのたった13.5%になった。地球規模の平均は24%なのだ。これは英国を現在と将来にわたって傷つける。投資は現在のGDPを押し上げ、建物から道路、機械、ソフトウェア、そして特許まですべての、経済を走らせ続ける生産的な資本を打ち立てる。そのようなかなりの部分を失っていることは、破壊的だ。
 

債務の中により深く

これは英国にとっての問題だ。それはまた、キャメロンとオズボーン両氏にとっても問題だ。英国経済は、賃金が上がることなしに、消費で走ることはできない。しかし、投資がほとんどなければ、賃金上昇を正当化するのに必要とされる生産性の増加の望みは乏しい。低い投資と弱い賃金に基づいた回復は、2015年以前にかなりどもりうる。

投資を抑えるものへの容赦のない攻撃は、金融政策から始まる。イングランド銀行の新総裁マーク・カーニーは、二つの分野で押すべきだ。一つは、その銀行は、量的緩和として知られるその国債買い入れ政策を続けるべきだ。過去3か月、政府債の金利は1ポイント近く上がっている。これは、大企業への資金調達費用を上げ、投資を妨げる。そして抜け目のない社長たちは、将来についても考える。もし彼らが金利が上がるかもしれないと感じたら、投資への収益率はそれほど魅力的ではなくなる。これが、なぜカーニー氏が8月に、経済がしっかりと回復するまで金利を低くし続ける関与をするべきなのかの理由だ。

彼の2番目の仕事は、依然として英国企業を悩ませている4年の信用逼迫を和らげることだろう。貸し出すという条件で銀行に安い資金への接続を与える「貸し付けのための資金拠出」計画の政策は、抵当金利を下げる役に立つ。最近の微調整は、企業へ貸すものへのその枠組みを甘くした。抵当供給が健全なように見えるので、カーニー氏はいま、英国事業に向かうだけの直接支援をすべきだ。

多くの財政の歪みも、投資を妨げる。新しい建物に貸される税は、テナントを見つけることのできない開発業者さえも支払わなければならないことを意味する。これは投機的な建設を妨げる。土地税に変えることが役立つだろう。税制はほかのやり方でも成長を支持しうる。真に冷酷な閣僚は、新たな投資への一時的税軽減を考えるだろう。そして、研究開発への取るに足らない10%の税控除は引き上げられるべきだ。最後に、たとえNHSと海外援助の周りの環状フェンスを踏みにじることを意味しても、政府支出はさらにそして速く引き上げられるべきだ

もしそれが多すぎるように聞こえるのならば、投資を別の角度から見るとよい。2012年に、英国はGDPに対する投資の割合で173か国中159位だった。さらに下の14か国のうち、7か国はサブサハラアフリカだった。先進経済はマルタ、アイルランド、キプロス、そしてギリシャだけだった。オズボーン氏はこの中に入ることを心地よく思うべきではない。もし英国がG20経済に残るつもりならば、それはそのように投資を始めなければならない。
 

発行日: 
2013-07-06
雑誌名: 
記事区分: 
主地域: 
主カテゴリー: 
キーワード: 
0
まだ投票はありません

コメント

コメントを追加