チェックポイント・チャーリー - がん療法

新階級の薬が、がんに対する苦闘で展開されている

腫瘍学の辞書は、軍事的な比喩で満たされている。がんとの闘い、攻撃的腫瘍、魔法の弾丸、と言った具合だ。そして、これらは実に単なる比喩だが、それらは基礎となる姿勢を反映している。手にしている武器が何であれ、患者の主要を直接攻撃し破壊するのは、臨床医の仕事だ、と言うものだ。現実の戦争でのように、これらの武器は、伝統的(外科手術)、化学的(抗がん薬)、または原子力(放射線療法)かもしれない。その腫瘍の目標を探し出し除去するために特別に仕立てられたウイルスの形で、生物学的代理人の話すらもある。

それはすべて、戦略が進むのと同様良いことだ。しかし、孫子が観察したように、最も賢い将軍は、100戦100勝するものではなく、自身が戦うことなく敵の軍隊を負かすものだ。そして、それをする一つの方法は、誰か他の人を自分の代わりに戦わせることだ。

それは、腫瘍学の文脈では、免疫療法が入ってきているところだ。がんを直接攻撃する代わりに、免疫療法は、攻撃するのに感謝の免疫システムを採用する。それをする最新の方法は、肉体的に平和な期間中に免疫システムが守ることを想定した戸を傷つけることなしにそれをチェックし続ける支配を取り除くことによってだ。そのような「チェックポイント阻害物質」免疫療法は、従来は死に至った進行した黒色腫の治療で過去3年間に渡って証明している。いま、今週シカゴで開かれているアメリカ臨床腫瘍学会の年次総会で紹介された一連の論文が示すように、その範囲は拡大されている。より効果的なやり方が黒色腫に持ち込まれているのだ。そして、その全部のやり方が、肺、腎臓、膀胱、結腸、胃、頭、そして首のがんを含んだたくさんの他のがんで試されており、しばしば成功している。
 

チェックアウト時間

そのボールを転がし始め(3年前にその学会の会議で発表され)た黒色腫の治療は、イピリムマブと呼ばれる薬を使った。これは、単クローン性抗体として知られる階級に属する。抗体は、特定の化学的目標を自動追跡するために形成された免疫システムタンパク質だ。そして、特定の目標を狙った特定の変種の抗体は、その仕事のために作られた遺伝的に同一な細胞の養殖から作り出すことができる。つまり細胞クローンだ。

イピリムマブは、Tリンパ球と呼ばれる免疫システム細胞の外側の膜にあるCTLA-4と言うタンパクす角活動を自動追跡し、故に邪魔する。これらのリンパ球は、ウイルス感染した細胞やがん細胞のような、脅威となる体細胞を殺すために存在している。

CTLA-4の役割は、リンパ球を落ち着かせ、それらが増殖するのをやめさせることだ。これは、脅威があたりにないときにはよいことだ。しかし、がん細胞の中には、免疫システムから隠れるのに熟達しているものがおり、だからCTLA-4のスイッチを切る薬は、リンパ球が必要とされているがCTLA-4のスイッチが切られなければ利用できない状態で、リンパ球を自由にする。

イピリムマブの成功は、似たようなやり方で働く更なる抗体の開発に拍車をかけている。ニヴォルマブとランブロリズマブは別の表面たんぱく質PD-1をくっつけ、とても新しいので依然としてその研究所の識別子MPDL3280Aの名で通っている4つ目のものは、そうしなければPD-1がその仕事をするのを助けるたんぱく質のPD-L1を縛る。それらは少し違ったやり口だが、4つすべての抗体は、リンパ球の増殖を制限する生化学的チェックポイントを閉鎖することによって機能する。

イピリムマブのもともとの試験で、患者の11%が反応した。それは多いようには見えないかもしれないが、反応した人々は、しばしばとても強く反応し、病気の証拠なく何年も生き延びている事例もある。イピリムマブの後継者は、長期的な利益を維持する一方で反応率を押し上げている。イェールがんセンターのマリオ・イスノルに率いられたニヴォルマブの試験は、成功を腫瘍が30%かそれ以上縮小したと定義した時に、107人の黒色腫患者の集団で、ほぼ1/3の成功率を示した。それらの成功の生存期間の中央値は、今のところ16.8か月であり、ほんの数年前にそのような人々に予想されていたかもしれない9か月に対してかなりの増加だ。

ランブロリズマブもまた、見込みがあるようだ。ロサンゼルスのカリフォルニア大学のアントニ・リバスとその同僚は、それで治療された135人の進行性黒色腫患者のうち1/3以上の腫瘍が縮小したとその会議で報告した。これらの人々の中には、以前にイピリムマブで治療されたがうまく行かなかった人々がおり、その二つの薬が本当に違ったやり方で機能していることを確認した。

これらの別々の活動様式は、ニューヨークのメモリアル・スローン・ケタリングがんセンターのジェド・ウォルチョックによってその会議に報告された研究によっても確認された。彼とその同僚は、イピリムマブとニヴォルマブの組み合わせが、それぞれが別に処方されるよりも、早くてより完全な反応を惹き起こすと報告した。今のところ、彼らは52人を治療している。これらの患者の約3/4の腫瘍は、治療を始めてから12週間で縮み始めた。症例の1/3では、その期間内に腫瘍は80%かそれ以上縮み、90%でその患者は最後の健康診断で反応し続けた。

これは、そういうわけで、黒色腫を持っている人々にはよいニュースだ。しかし、そのシリーズの最も面白い論文は、同じくイェールで働いているロイ・ハーブストによって届けられた。彼とその同僚は、いずれかの転移したか、そうでなければ不治の腫瘍を持つ、つまり既存の治療では望みのない人々に、公開でMPDL3280Aの試験を行っている。予備的な結果は、この試験を受けた140の患者のうち1/5が反応していることを示唆する。そして、ウォルチョック博士の研究のように、これらの反応は長く続いている。

MPDL3280Aの試験の重要な点は、反応している人々は、黒色腫だけではなく、様々ながんを持っているということだ。かつては黒色腫だけへの治療だったものが、今では少なくともいくつかの場合では半ダースの普通のがんに機能するかもしれないように見えるのだ。もしそのような結果が将来の研究で確認されれば、がんとの戦いで新たな戦線が開かれるだろう。さらに、この前線での軍隊は、テストを受けていない徴集兵ではなく、敵に精通し戦いに参加するのにほんの少しの刺激が必要なだけの同盟軍なのだ。孫子は間違いなく承認しただろう。
 

発行日: 
2013-06-08
雑誌名: 
記事区分: 
主地域: 
主カテゴリー: 
キーワード: 
関連国名: 
0
まだ投票はありません

コメント

コメントを追加