チアリーダーと否定的な人々 - 南アフリカ

誰がアフリカの将来について正しい呼び出しをしているのか?

過去10年にわたって、南アフリカ政府は、アパルトヘイト時代の象徴的な町のソウェトの改装に、鉱山収入を使っている。道路に穴はなく、警察の巡回は安全の手段を提供し、子供たちは学校へ行く。しかし、彼らの両親には仕事がない。多くがその日中を先進世界からまっすぐやってきたショッピングモールのマポニャモールで、そして夜を黒人が合法的にはバーに行くことができなかったときに最初に開店した民間の飲み屋街のシェビーンズで過ごす。公式な全国失業率は25%だが、本当の数字は40%を超えている。

もし、豊かになりより発展するにつれてアフリカを待つ挑戦を例示する一つの国があるのならば、それは南アフリカだ。それは、アフリカ諸国の間で最大の経済の最も発展した民主主義を持っている。しかしながら、それはまた、最も不平等なものの一つでもある。所得不平等を測るジニ係数による世界ランキングで、南アフリカは最も悪いものの一つになる。南アフリカの経済は成長し、福祉支出は絶対的貧困水準を下げているが、豊かなものと貧しいものの間の差は、いまでは、アパルトヘイト下よりも広い。これには多くの理由があるが、主要なひとつは、その国が経済発展のはしごを登るのに失敗したことだ。産業化は停滞している。鉱業所得に落ち着いた政治家たちと有権者たちは、難しい調整をする必要をほとんど見ていない。とりわけ、彼らは労働市場を開放するつもりがない。

大陸の他の所は、これから教訓を学ばなければならない。資源所得は有益だが、それはほかの産業にとってかわることはできない。多くの国はこれを知っているが、南アフリカのように、彼らは事業が繁栄することができ職を作り出す環境を作り出すのに失敗する。アフリカの経済は、何十年にもわたってほかの国々が買いたいものを作ることに焦点を当て、今では同じことをサーヴィスにしている、成功したアジアの競争相手のいくつかとは根本的に違う。もしアフリカがアジアのまねをしたいのならば、それは製造業により高い優先順位を与える必要がある。

それはできるのか?南アフリカのビジネス首都ヨハネスブルグの手数料に飢えた銀行家たちは、その大陸を「離陸する準備ができている」と言う。ビジネス会議は、アフリカのライオンがアジアの虎を追い抜くという泡のような話でいっぱいだ。ライヴ・エイドの創始者ボブ・ゲルドフは、投資家集団の長としての彼の新しい姿の一部隊を率いている。

懐疑主義者も同じように雄弁だ。資本主義を疑いの目で見、植民地主義への回帰を感じているものもいる。1992年に出版されたトマス・パケナムのそこ以外は素晴らしい本「アフリカ分割:The Scramble for Africa」の最終章を引用して、すべての好況は終わりを迎える、と指摘するものもいる。それは、以前の商品ブームの終わりに向かう1980年のジンバブエの独立を明るい新たな夜明けだと描き、その国を破産させ続けたその最初の黒人指導者ムガベ氏の上昇を賞賛する。
 

敗者よりも多くの勝者

その潮流がどこでも上がっているわけではなく、マリの紛争のように揺り戻しがあることが避けられないという点で懐疑主義者は正しい。いくつかの国では、経済成長が今のところより良い生活に換えられていない。貧困は広がったままで、進歩は壊れやすい。無能な政府はどこへもつながらない道路を造り続け、多くの生徒が依然として込み合った教室で教えられ、たくさんの畑が汚染され、農民たちは投資家のための場所を作るために押し出される。不平等は、アフリカの55の国のうち、たった半分だけで下がっている。新しい富がより多くの武器を買い、より多くの国境を越えた嫉妬を生じさせる時、新たな紛争が持ち上がるかもしれない。

気候変動が更なる心配だ。アフリカほど影響を受ける人の住む大陸はない。ひどい旱魃、突発的洪水、そして下がる地下水面は、その大陸中での再発する転換テーマだ。南アフリカ人が特に心配している。「20年でこれは皆砂漠になるだろう。」ケープのそばのブドウ畑の所有者は、緑に覆われたブドウの間に立っていう。

同時に、アフリカの人口は、アジアのものとは違って、急成長している。今の10億人から、ひと世代ちょっとでそれは倍になる。若い人口はいろんな点で祝福すべきだ。しかし、もし追加の人口が職を見つけられなければ、彼らは不穏さと不安定さの原因となるかもしれない。南アフリカは、これをあまりによく知っている。職がないことが高い犯罪率の一つの理由で、そのために豊かな南アフリカ人はきつく防御されたドアと窓の後ろで眠る必要がある。

しかし、すべての警告にもかかわらず、アフリカ楽観主義者はそれを誤ってとっている。今回その大陸は本当に上昇中だ。減少する政治的暴力からの押上げといったその最近の利得のいくつかは、一度きりかもしれない。終わりになるかもしれない戦争の数は減っているが、平和がもたらす安定の感覚は今後数年間増え続けるだろう。商品からの利得のような、他のものは、最後には終わるかもしれないが、すぐにではない。多くのアフリカ諸国は依然として油田と鉱床を発見している。

最も重要なことに、この報告が報告したように、開発のエンジンは依然として強く進んでいる。民主的統治、政治的参加、そして経済的管理は、さらに改善するように見える。すでに導入された多くの改革は、まだ完全な効果をもたらしていない。新しい社会資本、より良い技術、増加する都市化、そして移民の帰国は事業を加速し続けるだろう。経済学者の中には、アフリカのGDPの数字は、いずれにしても、その真の成長を過小評価していると信じているものもいる。

アフリカ人は、失業、不平等、そしてたくさんの他の問題を正しく心配している。しかし、過去10年間にわたって、勝者が敗者の数を超え、その道からの眺めは彼らがそうし続けることを示唆する。記者は雨降る午後にレンタカーでケープタウンにつき、かつては珍しかったほかのアフリカ諸国からの観光客で満ちる水辺を見る。「間もなく我々の母国もこのように見えるようになる。」3人の子を持つアンゴラ人の父親がその10代の子供たちに一群の高くそびえたつ建物を指さしながら言う。「私は彼らにその将来を見せるために連れてきたのだ。」

Emerging Africa欄より
 

発行日: 
2013-03-02
雑誌名: 
記事区分: 
主地域: 
主カテゴリー: 
キーワード: 
0
まだ投票はありません

コメント

コメントを追加