枕元の物語 - 子供の知的発展

定期的な就寝時間は、本当に子どもたちにとって良い、もしそれが女の子ならば

子供たちが見られるが聴かれない、そして議論なしに話されたようにした、神話時代には、誰もが定期的な就寝時間が重要だと知っていた。「夢見ろ!」ほとんどの現代の親たちは答えるかもしれない。しかし、ユニヴァーシティ・カレッジ・ロンドンのイヴォンヌ・ケリーによる研究は、古代の知恵は正しいと示す、半分は。娘たちは定期的な就寝時間から利益を得そうだ。息子たちはそうではない。

ケリー博士は、大人と青年での睡眠習慣と認知能力のつながりについてみた多くの研究を知っていた。すべてが、気まぐれな睡眠予定が、貧弱な学問成績と一緒に来たことを示した。しかしながら、驚くべきことに、そのような研究は、子供たちにはほとんどなされていなかったのだ。彼女と同僚のチームは、故に、ミレニアム・コーホート・スタディと呼ばれる学際的な調査計画に参加した、2000年9月から2002年1月に英国で生まれた11,178人の子供たちの、就寝時間と認知能力を調査した。

彼らが使った就寝時間情報は、研究に参加した人々の家に面接者が行った4回の訪問中に集められた。これらは、子供たちが、9か月、3歳、5歳、そして7歳の時に行われた。子供たちがウィークデイに就寝時間を決めているかどうか、そしてそれはいつも、ふつう、時々、または一度もそうしていないかを聞くこと以外に、面接者は、家族の日常の仕事、経済環境、そして、子供たちが寝る前に本を読み切させられるかどうか、寝室にテレビがあるかどうかと言ったことを含んだほかの問題についての情報を集めた。問題の子供たちは、3歳、5歳、7歳の時に、そこから彼らのIQが推定できるような、標準の読書、数学、そして空間認知のテストを受けるよう頼まれた。

『疫学と地域保健』誌に掲載されたばかりのケリー博士の報告は、子供たちが7歳になるまでに、定期的な就寝時間を持っていなかったものは、彼らの認知能力に影響したようだ、と示す。それは、たとえ、就寝時の読書、寝室のテレビ、そして両親の社会経済的地位といったほかの関係する変数が管理されていてもそうだった。しかし、それは彼らが女性だった時だけ当てはまった。中間値が100であるIQスケールで、定期的な就寝時間を持っていた女の子は、そうでない子たちよりも8-9ポイント高い点だった。

少年たちも完全に影響を受けないわけではなかった。不定期な就寝時間は、3歳の時に、彼らのIQをその同級生よりも約6ポイント低くした。しかし、その区別は7歳の時には消えた。

性におけるこの違いは、まごつかせる。ケリー博士はそれを予想しておらず、それについて何の説明も提供していない。科学者が習慣として言うように、しかし今回はよい理由で、さらなる調査が必要なのだ。

一方、ほとんどの家庭で若い子供たちと苦しんでいるベッドに行かせる戦争の中で、息子たちは追加の弾薬を得ている。とはいうものの、ケリー博士の結果を読んで理解する知恵のある人々は、いずれにしても、たぶん彼らの睡眠体制には悩んでいないだろう。
 

発行日: 
2013-07-13
雑誌名: 
記事区分: 
主地域: 
主カテゴリー: 
キーワード: 
関連国名: 
0
まだ投票はありません

コメント

コメントを追加