岩の上での関係 - 中国と日本

反日運動の勃発が敏感な時の中国指導者を不安にしている

中国共産党が10年間でその指導部の最大の改造の準備をするにつれ、高官はしばしば臨時の手早さで「調和して安定的な社会環境」を作り出す必要を詠唱する。8月19日に、多くの人々が日本に対するデモで通りに繰り出したとき、彼らの戦術はテストされた。その党は旧敵をたたくことを避けてはいないが、中国で反日感情が燃え上がることは不安の原因となる。

その抵抗運動は、中国民族主義者のお気に入りの原因によって引き金が引かれた。東シナ海での尖閣諸島の領有権を巡る日本との紛争だ。これは、その問題に同じように敏感な台湾からの集団による接近と同様に、両国の活動家によるその無人の岩への売り言葉に買い言葉の上陸によって、最近エスカレートした。その岩周辺の水域は豊かな漁場で、石油とガスの埋蔵があるかもしれない。

その抵抗運動は2005年の反日デモ以来、その種で最大のものだった。中国の国の管理下にあるメディアは、10を超える町で影響があったと述べる。抵抗者の中には、それは30に近かったというものもいる。南部の町で香港に接する深圳では、抵抗者が和食レストランの窓を壊し、同じように攻撃にさらされやすい警察車両1台を含むいくつかの日本ブランド車をひっくり返した。最大のデモの一つは南西部の町成都で起こり、そこでは何千人もの人々がオフィス街を練り歩き、日本のデパートに閉鎖を強いた。

中国はどんな種類のデモも嫌っているが、役人はこの場合市民をこの流れに開放することを許したようだ。その党は、民族主義者の怒りの目標になることに神経質だ。第二次世界大戦で日本を打ち負かしたその貢献を強調するととんでもない長さになり、いかなる軽視が感じられてもすぐに非難する。尖閣諸島のそばで中国漁船とその船員を日本が拘束した2010年に、中国はハイテク産業に重要な商品であるレアアースの日本への輸出を2か月間停止した。

その国の二つの政治的に敏感な町北京と上海でデモが小さかったことにより、高官は救われるだろう。しかし、指導者たちは端に立たされたままだ。この最近の勃発が、そのあとに指導部の交代が発表されるだろう秋の5年ごとの党大会の準備と同時に起こったことは、彼らの心配を高くしただけかもしれない。新たなラインナップで地位を動かしている人々は、日本に弱腰に見られたくないと思うだろう。しかし、彼らは、民族主義的な不穏さが、経済成長の減速と高い地位での非行についての大衆の不満が広がっているときに、党それ自身に対するものに変わりうると特に恐れているだろう。

特にツイッターのようなマイクロブログといったソーシャルメディアが過去数年間で急速に成長していることは、政府の努力を複雑にしている。それらは8月19日のデモで大きな役割を果たした。しかしそれらはまた、制御されていない民族主義の危険についての普通ではない議論の導管になっている。多くのインターネット利用者は、公的メディアの最近のデモの間の暴力への批判にこだまし、日本製品でいっぱいになっている国でのそれらのボイコット要求をあざけった。もっとも人気のあるマイクロブログサーヴィスであるシナウェイボーでのある世論調査は、ボイコットすべきかどうかについて聞いた。5万件以上の反応のうち半分以上がノーだと言った。

日本関係の運動についての北京のヴェテラン運動家Tong Zengは、当局があまりにイライラしていると語る。ほとんどのデモ参加者は、週末や休日にデモをすることを好み暴力を慎む中産階級の人々だと彼は語る。(彼は頻繁に、みんなで立ち去るよう伝える警察からの電話を受ける。)
 

兵士たちは言いたいことを言う

新たな声がまた、聴かれている。中国軍のものだ。デモと同じ日に、攻撃的な民族主義新聞の(環球時報)グローバル・タイムスは、紛糾する島々について議論するフォーラムを北京で組織した。話者の中には、軍事学者の羅援(Luo Yuan)少将がおり、その提案は、周辺海域への機雷の敷設、その島を中国空軍の爆撃訓練の目標として使用すること、そして中国の新しい空母を釣魚と名付けることを含む。彼の意見は主流派の党の考え方を代表しているようにはとても見えないが、それらは中国がその増加する軍事力をより威勢よく展開したいと思っている強硬派軍人の間の増加する率直さの兆候だ。潜在的に動揺させる指導部の交代の間に、その党はやりくりしなければならない利害がたくさんある。
 

発行日: 
2012-08-25
雑誌名: 
記事区分: 
主地域: 
主カテゴリー: 
キーワード: 
関連国名: 
0
まだ投票はありません

コメント

コメントを追加