彼らが言うほど悪くない - 中国人とアフリカ人の態度

 

ザンビア人や他のアフリカ人は、中国人とうまくやらなければならないことを知っている
 
「我々は中国人が去り、古い植民地支配者に戻って欲しい。」と、ポピュリストのマイケル・サタは語った。「彼らも我々の天然資源を搾取したが、少なくとも彼らは我々の面倒をよく見た。彼らは学校を作り、彼らの言葉を教え、英国文明を持ってきた。少なくとも西側の資本主義は人間の顔をしていた。中国人はただ我々を搾取するだけだ。
 
しかし、それは当時のザンビアの最大野党の愛国戦線の指導者として、サタ氏は銅が豊富なかつての英国植民地の中国人投資家に対して募る憤慨を利用することに熱心だった2007年のことだ。彼は、中国人たちが奴隷のような賃金しか払わず、基本的な安全や環境水準に逆らい、「紐のつかない」何十億ドルもの取引で、大陸中の指導者を堕落させたことを非難した。中国がザンビアとの関係を断つよう脅したことは、彼をこれまで選ばせてきた。
 
今日、74歳の大統領となり、両方において調子は変わっている。中国は今ではザンビアの主要な輸出品である銅の世界最大の消費者だ。平常通り中国は誰が権力の座にあっても共に働く準備はできている。サタ氏が9月23日に就任した後の、最初の公的な面会の約束は、胡錦濤主席からの祝福の手紙を携えた中国の丁重な大使の周欲暁(Zhou Yuxiao)だった。サタ氏は、中国人が低賃金しか払わず、ザンビア人ができる仕事を奪っていることへの不平を繰り返したが、彼は以前よりも歓迎している。
 
彼は政治家というものを理解しており、この困窮した国の1,300万の人々が中国の現金をどれほど必要としているかを認識している。過去10年間に渡って、中国人は、そのGDPがたった160億ドルであるザンビアに20億ドル以上を投資してきた。その半分以上は去年やってきた。そして中国はさらに何十億ドルも注ぎこむことを約束する。今、その多くが民間の、約100の中国企業がザンビアにあり、約2.5万人の地元の人を雇っている。標準が異なっている。労働者をひどく扱う会社もあるが、多くの大手国有企業は本当に現地の法を尊重しようとしている。
 
周氏は申し訳なさそうに笑みを浮かべ、「我々は学んでいるのです。」過去には間違いがあったと彼は認める。2005年の中国の爆発物向上で51人のザンビア人を殺した爆発と、去年のコルム石炭鉱山で中国人管理者が反抗するザンビア人労働者に発砲し11人を負傷させた件はたしかに中国のイメージを低下させた。
 
中国人は、特に西洋の報道機関からの批判の狙い打ちにされていると思っている。周氏は、これはまた中国の経済的政治的復活に対する西洋の恐れのためだと語る。しかし、文化的、言語的な障壁もまたその一翼を担っている。多くが英語を話せない中国人は、打ち解けず、高い安全壁に囲まれた住宅に住み、仕事の後に地元の人とバーに出かけるよりもまっすぐに家に帰る傾向にある。一般的に一生懸命働き、規律があり、仕事に尽くす彼らは、ザンビア人のしばしば情熱に欠ける人生への態度を目にしてしばしば当惑する。
 
 
発行日: 
2011-10-01
雑誌名: 
記事区分: 
主地域: 
主カテゴリー: 
キーワード: 
関連国名: 
組織: 
0
まだ投票はありません

コメント

コメントを追加