中国国際基金(CIF)

中国国際基金は、発展途上国で大規模な国家再建計画や社会資本建設に出資する、香港に拠点を置く中国人所有の公式には民間会社だ。CIFと香港やシンガ ポールにあるその関連会社は、主に不安定なアフリカの独裁国家に200億ドル以上投資した。彼らはアンゴラやギニアの政府と、それらの国々の様々な資源を 探索するために、協定を結んでいる。これらの協定は、その二つの国々へ何十億ドルもの金が投資されたことにつながるだろう。その会社は「鍵となる人物が中 国の国有事業や政府機関とつながりを持っている」ので、国有企業ではないかという疑念を持たれている。

構造
米中経済安全保障調査 委員会は、2009年6月に大遠(Dayuan)、CIF、そしてアフリカ、ラテンアメリカ、アメリカにあるその子会社の投資についての報告書を発表し た。CIFは約30の子会社を持つ大遠国際開発に99%所有されている。その報告は、これらの会社を、大多数の子会社の本社がある香港の住所にちなんで 「88クイーンズウェイ・グループ」と呼んだ。CIFについてのファイルは、政府の所有についての確固とした証拠を与えなかった。一方、会長の羅方紅 (Lo Fong Hung)女史は2つの国有石油会社である、中国のシノペックとアンゴラのソナンゴルの合弁会社である、ソナンゴル=シナペック国際Ltd.の役員だ。 CIFの役員の一人であるWu Yangは2006年3月の国連の報告書によるとシノペックの副会長だ。

アンゴラ
アメリカの大使 のダン・モゼナと中国の大使のBolum Zhangとの会話の中で、Zhang氏は「CIFはアンゴラに多くの約束をし、その会社はアンゴラで大きな存在感がある一方で、その弱い管理体制と指導 力の欠如は多くの計画を立ち往生させている。CIFは「民間企業」であるので、中国大使館はそのアンゴラとの関係について積極的に参加したり、監視したり しない。CIFは香港にいる所有者の、ドス・サントス大統領との’近い関係’から利益を得続けている」と語った。

ギニア
2009 年10月にCIFとギニアとの間で鉱業と社会資本の取引が結ばれた。CIFは少なくとも70億ドルを、ダイヤモンド、鉄鉱石、石油、そして特にボーキサイ トと言ったその国の天然資源の鉱業を発展させるパートナーシップに投資するだろう。その会社は全ての鉱業計画で「戦略的パートナー」だと考えられてい る。

元記事更新日: 
2011-08-15
元記事: 
主カテゴリー: 
主地域: 
キーワード: 
評価: 
0
まだ投票はありません

コメント

コメントを追加