突破口を開いている - 市民のクラウドファンディング

オンライン新興企業は、その近所を改良するために、市民に頼っている

名前、結婚日、そして愛の宣言が、オランダの町ロッテルダムの中央の混雑した主要道路をまたいだ新しい歩道橋のルヒトシンゲルを覆う。その計画への資金援助を求めるウェブサイトに頼まれて、地元の人たちはその1.7万の木製厚板の一つにメッセージを刻む権利のために、ひとつ25ユーロ(32ドル)を支払った。その歩道橋の長さは、寄付の量次第だ、と彼らは警告した。3か月以内に、夢想的慈善家たちがその全350メートルを作るのに必要な資金の1/3を支払った(政府の賞がそれからその上に上乗せされた)。もし彼らが市役所の官僚にそれを計画させていたら、ロッテルダムの住民はその橋が地面から離れるまでに20年待っていたかもしれない、とその建築家のクリスティアン・コレマンは語る。

公共心のある市民は、当局が切望するが、余裕のない事業を、長い間援助してきた。1885年に、12万人以上のアメリカ人からの資金が、ニューヨークが自由の女神のための台座を立てるのを助けた(新聞経営者のジョーゼフ・ピューリツァーがその募金を主導した)。いま、金に困った市役所がその予算を削るにつれて、地元の人たちは再び公園、運動場、そして公衆トイレを整えるために、民間贈与に頼っている。アーティスト、ゲームデザイナー、そして小物製作者がパトロンを見つけるのを助けるクラウドファンディングサイトキックスターターに感銘を受けたウェブ新興企業たちは、地元の人たちがその近所を改善するための資金調達を助けている。

都市計画のための英国のサイトスペースハイヴは、それらで最も忙しいものの一つだ。2012年3月に、ウェールズのかつての鉱山の村グリンコッホの村人たちは、コミュニティセンターを完成させるために2.8万ポンド(4.3万ドル)を集めるのにそれを使った。そのサイトへの訪問者は、そのカネの一部を、イングランドのマンスフィールドのセンターに無料ワイヤレスインターネットをもたらすために支払っており、エジンバラの人たちがもはや使用されていない電話ボックスを小さなアートギャラリーに変えるのを手伝っている。

寄付者は、その計画がその募金目標に到達した時だけ支払う。スペースハイヴは、それから、調達資金の小部分を取る。ほとんどのパトロンはその制約に何の見返りも受け取らないが、アメリカの競争相手Neighbor.lyは、ポスターや刻版といった特典を供給する。他のプラットフォームには、Citizenvestor、今年の夏に立ち上がったgroundUP、そしてチリのUrbanKITがある。

事業は注意深い調査が必要だ。空き区画に公園を作る計画は、もし近所や役人が承認しなければ行き詰るだろう。スペースハイヴは、計画主導者にその事業が利益があって達成可能だということを確認するために慈善団体か商工組合からの支持を探るよう求めている(資金調達された時に、彼らはその支援について料金を稼ぐ)。シチズンヴェスターは、計画が市役所によって推薦された時にのみ、促進する。それは4つのアメリカの町とともに働いており、さらに40と話をしている、とその共同創業者ジョーダン・レイノールはいう。

レイノール氏は普通の市民を「カーネギーやロックフェラー」に変えることを夢見る。クラウドファンディングサイトに載っている計画は、しばしばその資金調達目標に到達するために事業や財団からの大きな寄付に頼っている。しかし、それはそのモデルを侵食しない。何十人もの小さな寄贈者からの熱狂は、大きな寄贈者からの気前の良さに拍車をかけうる。Neighbor.lyの創業者ジャゼ・ウィルソンは、大会社が市民の寄付にあわせることを好む、という。価値のある運動の内容の充実した一覧は、グローバル企業を魅力的ではない場所の安いが重要な計画とつなぎ得る。会社の支援はまた、クラウドファンディングサイトに(料金の形で)資金を得させて事業にとどまるようを救うかもしれない。
 

波を起こす

オンラインのクラウドファンディングが成熟するにつれ、その提唱者たちはますます野心的になっている。3人のデザイナーが、ニューヨークのイーストリヴァーの露天水泳浴場である+プールに、その汚れた水をきれいにする巧妙なフィルターをつけて、浮かべたいと思っている。2011年に、そのクリエーターたちは、たった6日間でキックスターターの利用者から4万ドルを調達した。6月に、彼らはさらに25万ドルを頼む予定だ。彼らはクラウドファンディングがその計画の1,500万の値札のほとんどを賄うことを望んでいる。

批判者は、群衆がそのような新しい設備に簡単に興奮する、と指摘する。道路や駐車場といった、ある地域を最も改善しうる退屈だが機能する社会資本は、売るのがより難しいだろう。より深い心配は、クラウドファンダーからの資金は、役所が公共空間への支出を削減するのを促進するということだ。それは、ほとんどが余剰資金やノウハウまたは関与する時間を欠いた貧しい近所を特に傷つける。熱狂者は、そのようなサイトは、その資金調達を助けるだけではなく、地方政府を改善する、と反論する。役人のお気に入りの計画ではなく、本当に人気のある事業だけが資金を得る。推進者は、役所を率先することでいつの日にか市民はクラウドファンディングサイトを使ってその納税の一部を彼らが支持する運動に割り当てることができるようにするかもしれないと考える。

提唱者はまた、つまらない過程を奮い立たせたいとも思っている。「計画会議に行く人たちだけが計画を止めたいと思っている。」スペースハイヴのアンドリュー・ティーチャーは語る。フィンランド政府によって資金提供された市民調査計画のブリックスターターのブリアン・ボイヤーは、「NIMBYをYIMBY(はい、私の裏庭で)」に変えたいと思っている。彼は、クラウドファンディングが住民が小さな開発の計画をするのを助けるだけではなく、政府がより大きなものを考えるよう説得するために、調査資金をつけたり監査をしたりすることも望んでいる。ロッテルダムの歩道橋は、たった約20年持続するために建てられる。しかし、現地再生を促進することによって、その事業は将来の政府がより大きなものへの資金を見つけるのを助けるだろう。

会計会社のデロイトは、ウェブ利用者が2013年に約30億ドルをクラウドファンディングの計画に漉き込むと計算する。そのうち約5億ドルは見返りに何の持ち分も商品も提供されないグループに自由に与えられる。都市事業は依然としてその単なる小片だ。しかしもし不平家が、インターネットが本通りの商業を破壊し、地元の問題への関心を鈍くすると非難するのならば、クラウドファンディングの計画は反対のことをしている。買うべき考えだ。
 

発行日: 
2013-05-18
雑誌名: 
記事区分: 
主地域: 
主カテゴリー: 
キーワード: 
0
まだ投票はありません

コメント

コメントを追加