多目的複合大都市 - 賢い都市

熱狂する人は、前世紀に電気がしたのと同じくらい、データサーヴィスが今世紀都市を変えることができると考えている。それを証明するのは長い道のりだ

泥棒でさえも、今ではスマホアプリを持っているようだ。(アムステルダムのスラングで「簡単な窃盗」のような意味の)マッキー・クラウウェは、自転車が良い目標のような、例えばリーストラートやタインストラートといった、コソ泥のためのその町で最善の場所を明らかにする。そのアプリは、その暗い技術を、ある地区で報告された、可処分所得、犯罪水準、そしてほかの問題についてのおおやけに利用できるデータをまとめたものに頼っている。盗むのによい場所は、例えば、高い所得、低い犯罪報告、そして壊れた電灯といった条件かもしれない。

アムステルダムの市民や観光客にとって幸運なのは、マッキー・クラウウェは存在しない。グラフィック・デザインの学生であるブラム・フリッツは、2011年にその町で開かれたアプリコンテストに、それが準備できていると考えた(それは「安全」部門で1等をとった)。彼は、そのアプリを1日で書いたかもしれないが、その主要な狙いは都市生活を変えることのできる大量の簡単に利用できるデータについての議論を掻き立てることだったと語る。「私は市民に彼らの財産への脅威になりうるものに向かい合ってほしいと思ったのだ。」フリッツ氏は説明する。

彼らが世界の富、新商品、そして人間の相互作用のほとんどを生み出している仕事に取り組むにつれて、都市はまた巨大なデータの量を生み出す。都市を運営する人々はかつてないほどこれらのデータが機能するようにすることに熱心だ。1週間に一度は世界のどこかの市長が「スマートシティ」計画を発表している。それはしばしばその考えを歓迎する多くの会議のうちの一つで発表される。8月に、中国はそのような計画を発表し、これはその国中で9つのパイロットサイトに広がる。今年の初めに、ケニアの当時の大統領ムワイ・キバキは、ナイロビ郊外にコンザ・テクノ・シティを着工した。
 

シティ・バイツ

ロンドン・スクール・オブ・エコノミクス(LSE)のリッキー・バーデットのような学者は、世界の大都市に「第二の電化」を提供するものとしてデータの収集、加工、そして作用のための統合システムを見ている。都市に19世紀終わりに浸透した電力ケーブルはその形 (エレヴェーターのない高層ビルはない) 、輸送システム、ナイトライフ、下水(都市はたくさんのポンプを必要とする)を変えた。ユビキタスデータサーヴィスは、広範囲にわたる影響を持っているかもしれない。それらは都市をより暮らしやすく、より効率的に、より持続可能に、そしてたぶんより民主的にしうる。(国連が2050年には都市居住者の数が10年前の地球上の全人口に相当する63億人に到達すると予想するように)大都市化の時代には、それは大問題になりうる。

しかし、賢い都市は、必ずしもより良いものになるわけではない。民主主義の模範になるよりもむしろ、それは、みんなが常に見張られる電子刑務所に変わりうる。それらはハッカーや迷路のようなソフトのバグによって麻痺しうる。それらは貧者を排除する新たな方法を備えうる。それらは、LSEの社会学者リチャード・セネットが論ずるように、町をそのように創造的な場所にしている偶然の幸運を危険にさらしさえするかもしれず、それはかわりに都市を鈍らせる。

これらの21世紀の都市についての相違する見方は、20世紀の「計画者対人々」の二極化を思い出させる。「家は生活するための機械だ」という建築家のル・コルビュジエの金言を繰り返す計画者の中には、都市を、中央計画、統一性、そしてたくさんのコンクリートから利益を得るだろう、現に生活の工場である、そのような機械の集まりだとみているものもいる。ル・コルビュジエ自身は、パリ中央部の大部分を、ジョルジュ・オスマンの並木道がめちゃくちゃに見えるようにするほどに整然と並んだ巨大な十字型の塔に譲り渡すだろう、「ヴォワザン計画」を提案した。

そのような計画の中に具体化され、都市が車の必要に応じて再建されるにつれてそれほど大規模ではないが世界中で実践された、全体主義者のその好みに対する批判者は、そのようなトップダウンの押し付けを嫌った。「都市はみんなに何かを提供する能力を持っている。そしてそれらがみんなによって作られたので、そしてその時にのみそれを持つのだ。」アメリカ人作家のジェイン・ジェイコブスは、その影響力のある1961年の「アメリカ大都市の死と生」の中で、書いた。

都市でのデータの利用は、似たようなやり方で、トップダウンとボトムアップを対抗させる。片側は自然体の計画と管理の必要を強調し、もう一方は市民が自分の決定をできるようにするデータへのアクセスをただ提供することだけを提言する。「スマートシティを作っている技術大手は、ほとんどが人々ではなく技術に注意を払っている。草の根での技術利用の創造的な過程を無視しているのだ。ニューヨーク大学のアンソニー・タウンゼンドは今度の本「Smart Cities: Big Data, Civic Hackers, and the Quest for a New Utopia-スマートシティ:ビッグデータ、市民ハッカー、そして新たなユートピアの探求」で書く。しかし、その二つの側は必ずしも対立する必要はない。

トップダウンの見方からは、都市についてのデータを集め使うことの主要な魅力の一つは、英国の首都の仕事をより賢くするための考えを開発するために立ち上げられた委員会の議長を務めるロンドンのインペリアル・カレッジのデヴィッド・ガンの言葉によれば、「都市の山を平らにすること」だ。もし正しいデータと正しい政策や介入の混ざりあいが、朝の混雑をより滑らかにしたり、エネルギー使用の夕方のピークをばらけさせることができるのならば、都市はより少ない努力でより多くができるだろう。
 

混雑した町での叫んでいる熱意

技術者は、下水道、駐車場、学校の温度計、その後ろでどれだけの窓の電灯がついているかを示すために設計されたカメラなどの、隅々からのデータを捕らえるデジタル神経系を夢見る。強力なコンピューターがそれからデータをかみ砕き、運用を最適化し、当局に初期の問題について教える。それは、部品やサーヴィスを売りたいと思っている技術会社に幸福に支持された管理の考えだ。「1兆ドルの機械の鍵を開ける」は、今年の初めにシンガポールで開かれたスマートシティのワークショップのスローガンだった。

支持者は、正しく組み立てられた正しい道具は、統合された反応の新たな水準をできるようにするだろう、と主張する。火災警報は単に消防車を呼ぶだけではないだろう。それは、その最善経路を決め、交通をそこから離すよう方向を変え、風下の学校にその窓を閉めるよう警告し、近くの水源で管理のために閉鎖されているものがないことを確認することができる。スポーツフェスティヴァルのような予期されたものであれ、洪水のような思いがけないものであれ、大イヴェントの圧力は、予測されたり計画されたりできる。

これに必要な種類のネットワークを新たな町に一から建設したいと思っている人もいる。既存の町では、それらは少しずつぶつかる必要がある。ストックホルムとシンガポールは、交通を管理するために、洗練された有料道路制度を開発している。強力な最高情報責任者を持つ数少ない大都市の一つ、バルセロナは、グラシア通りに始まるその通りに沿って「インテリジェント」街灯を作る計画を持っている。それらは、空いている駐車場、博物館の前の列、満杯のごみ箱、そして人々の疑わしい行動すらも見つけることができる。

多くのそのようなシステムは、自動的に動くよう想定されているけれども、電気製品、熱心さ、そして未来の感覚に満たされたNASA型の管理室を熱望していないスマートシティ計画は珍しい。例えば、リオデジャネイロでは、30の異なった部局からの何十人もの運営者が気象データや警察報告と同様に、その町中に置かれた400台のCCTVのいくつかからの映像を示す画面の壁の前に座っている。その希望は、その仕組みが来年のサッカーワールドカップと2016年のオリンピック期間中の群衆をリオが管理するのに役立つことだ。

ボトムアップの視点からは、管理室はスマートフォンだ。自分の場所を知っている装置は、利用者がその友人にその居場所を知らせるようにするアプリであるフォースクエアのようなすべての種類の新たなアプリケーションを、熱心な人々が作ることができるようにしている。これらは、彼ら自身の密集した都市の社会的世界に入ってきている。政治的議題を持った活動家とサーヴィスから金を稼ぎたいと思っている会社の両方が、最も重要なスマートフォンアプリで、より多くの彼らのデータをすべての種類の目的に利用できるようにするために、とりわけ都市政府にうるさくせがんでいる。

彼らは、いくらか成功している。ニューヨークのNYCオープンデータは、落書きをきれいにする要求リストから健康診断の結果まで、1,000組以上のデータをおおやけに提供している。別のオープンデータの開拓者サンフランシスコのウェブサイトは、駐車場や運動場から登録された性犯罪者まですべてを置いた数十のアプリを取り上げている。そのような創意は、先進諸国に限られたものではない。マプニティと言うバンガロールの新興企業は、運転手に適時の交通情報を提供するために、街頭カメラ、電話ネットワーク、そして町のバスからのデータを使っている。

活動家と分析技術を持った専門家が、多様な情報源からのデータを結びつける有益な方法を探してそれらを入れる、「データ・ダイヴ」を持っている都市もある。マッキー・クラウウェを推薦したようなコンペティションを開く都市もある。しかし、この熱狂は、今のところ、めったにゲームを変えるような成功に変わっていない。公共交通の分野は例外で、オープンデータを使って興味深い新しいものから信頼できる消費者サーヴィスにジャンプするようなアプリはほとんどないのだ。ヴェンチャーキャピタリストは、それらについてとても熱狂的だとは証明されていない。多くの開発者はあきらめているのだ。都市によって提供されたデータは無料かもしれないが、それらはしばしば形式がひどかったり、場所の詳細といったような必要なメタデータが欠けていたりする。商業データはカネがかかる。

しかし、もしボトムアップのやり方が問題を持っているのならば、トップからのものもそうだ。多くの都市は、都市計画者のより野心的な夢のための必要な資源に欠けている。シスコ、IBM、シーメンスのような会社は、そのシステムを売るのにみんな熱心だ。「どこもその収入目標に達していない。」大きなコンサルタント会社のあるスマートシティ専門家は語る。シーメンスの新しい「社会資本と都市」部門は、すべてのシーメンスの大事業の中で最も低い利益率になっている。

カネを持っている都市は、しばしばそれを使わない。そのような購入の経験がほとんどないので、彼らは大きな賭けに慎重になりうる。そして、どんなにそれに価値があろうとも、多くの部門に利益があるがたった一つによって支払われる計画は、しばしば道端に零れ落ちる、とコンサルタント会社のアラップのリーン・ドゥーディは語る。

政治的文化も問題になる。バルセロナは、強い独立の指導力を好む。地形的に適切なことに平坦な階層を好むアムステルダムは、プロジェクトがしみあがってくるのを好んで、専門部署やマスタープランを避けている。電化するのに一つ以上のやり方があったように、スマートシティになるのにも一つ以上のやり方がある。19世紀の終わりに、シカゴは起業家によって光がともされた。ベルリンでは、政治的と事業上のグループが一緒になって中央集権型の電線網を作った。ロンドンは、分断化された当局と既得権益の混乱の中でごちゃごちゃになった。1913年には、それは65の電力会社とその供給のための49の異なった標準を持っていた。
 

データが異なっている

ロンドンは最後には追い付き、都市への賢い制度を実行するための障害物もたぶん時がたつにつれて減少するだろう。けれども、政治的文化の重要性は残るだろう。

警察力の要件を別にしても、都市の効率性を改善するためにどの制度も目を光らせなければならない一つのことは、その市民だ。無線ネットワークはすでに市民が人の流れとその通信をリアルタイムで追うことができるようにしている。中国の重慶やドバイなどでは、CCTVカメラが事実上すべての街頭で目を光らせている。ロンドン中心部に入るすべての車は、混雑課金制度によって記録されている。

政策立案者と学者は、これが引き起こすリスクをいかにして緩和するかについて考え始めている。ロイヤル・カレッジ・オブ・アートのサーヴィスデザイン長のニック・レオンは、スマートシティサーヴィスの開発者は、建築家のように、認定されるべきだ、と論ずる。元IBMの重役でいまはニューヨークの都市科学進歩センターのアーヴィング・ウラドウスキー=バーガーは、都市が医療や国立公文書館の管理者からプライヴァシーの規則と規範について学ぶことを提案する。コロンビア大学の社会学者サスキア・サッセンは、より抜本的な線を取る。彼女は都市にそのソフトウェアの着物を開いてほしいと思っているのだ。「すべての我々のコンピューター化されたシステムは、透明になるべきだ。都市は文字通りおおやけに共有された領域になるだろう。」

この種の政治的選択は、技術的選択に影響するだろう。実際に都市のための情報システムを立ち上げている多くの人々は、その仕事を、(ウインドウズのような)コンピューターのOSや(フェイスブックのような)共有ウェブサーヴィスといったプラットフォームを提供することで、他の人々はそこにアプリケーションやサーヴィスを書くことができるのだ、とみている。OSの中には、アップルの電話やタブレットを動かしているiOSのように、どのアプリメーカーが提供できるかを規制した「壁に囲まれた庭」がある。そのライヴァルの、グーグルによって開発されたアンドロイドは、開発者により開かれている。プラットフォームの中には、何も追加することなく利用者の必要なものをほとんど全て提供するものもある。ほとんどの人々がフェイスブック上でしたいと思っていることの多くは、何もアプリを入れることなくすることができる。第三者の追加機能を必要とする、必要最小限のものもある。

IT産業のより思慮深い専門家の一人、ティム・オライリーは、政府自身がプラットフォームとして最もよく見られる未来について話す。もしそれが物事の進んでいる方法ならば、都市はヴァンの中にいるのかもしれない。都市政府は、環境や交通の情報のような基本サーヴィス、今大量輸送にしばしば使われているものに沿った都市全体の支払制度、そして利用者をハッカーやほかのデジタルのいたずらから安全に保つためのファイアーウォールを提供し、市民や企業が自分の提案を作るためにそれを使わせることができる。しかし、都市が提供するものと市民や会社が仕事をするために選別された物とのバランスは、場所によって違うだろう。

そしてその多様性は、本質的に、欠陥社会に対するセーフガードの役割を果たすだろう。都市についてすごいことの一つは、それらがお互いに競争し、またそうできることだ。ほとんどの国々では、人々は少なくともどの都市に住み事業をするかのいくらかの選択肢がある。ある都市が提供する情報プラットフォームの質は、ますますこれらの選択の要素になるだろう。未来の都市は、その内部のもの、サーヴィス、そして市民さえもの流れを管理しようとするかもしれない。それらは、出口への競争を止めることができないだろう。
 

発行日: 
2013-09-07
雑誌名: 
記事区分: 
主地域: 
主カテゴリー: 
キーワード: 
0
まだ投票はありません

コメント

コメントを追加