議会が寝ている間に - 気候変動

バラク・オバマは地球温暖化を遅らせるための一時しのぎ法を提案する

ワシントンの強烈な夏の日差しの中で、6月25日にバラク・オバマは、彼が「変動する気候への調整された急襲」と呼んだものを明らかにした。彼は、公的な建物へのより良い断熱からきれいなエネルギーへの融資保証まで、自由になるほとんどすべての環境兵器を展開することを約束した。敵にできるだけ早くかかわるために、彼は議会によってすでに彼に与えられた権威にのみ頼っている。しかし、彼の大気中の武器庫の中の変化のほとんどは恐るべきものに足らず、補強を提供しうる議会は、そうしないことを好む。

オバマ氏の「気候行動計画」の中心は、環境保護機関(EPA)に発電所が生み出しうる二酸化炭素の量を制限するよう指令することだ。EPAはすでに、新しい工場にそのようなルールを働きかけていた。その大統領は、9月20日までにそれを、そして既存の発電所からの排出抑制を今から1年以内に生み出したいと思っている。発電所がアメリカの温室効果ガスのほぼ40%を大量に出しており、まだいかなる制限にも従っていないので、この命令は理論的には地球温暖化へのアメリカの貢献に大きな影響を与えうる。

加えて、その大統領は、彼の1期目に全車両に採用されたものに加えて、トラックとバスへの燃料計財政標準を強化するよう命令した。彼は、炭素捕獲のような、化石燃料が気候にそれほど害を与えないようにする技術の展開への80億ドルの融資保証を提案した。彼は、政府機関にそのような電源から自身の電力をより多く得るよう求め、より効率的な電力網への許可を合理化することによって、連邦の土地に風力発電所や太陽光パネルの建設を奨励することによって再生可能エネルギーを推進することを約束した。

オバマ氏は、それが連邦の建物へのエネルギー効率性標準をきつくし、不動産の貸し手に住宅販売でエネルギー効率をより考慮させようとしている。天然ガスの漏れを抑制し、より多くの炭素を捕らえるために森林を管理し、(特に効能のある温室効果ガスであるエアコンや冷蔵庫で使われている化学品である)HFCSを徐々に減らすという話もされていた。

オバマ氏が、カナダの石油をアメリカの製油所に運ぶパイプラインのキーストーンXLを承認するだろうと考えているものもいる。代わりに、彼は、タールサンドからの石油にとっては高い障害であるそのパイプが炭素汚染を「大きく悪化させない時」だけそれは進むことができるだろう、と語った。

このすべては、2020年までにアメリカの温室効果ガス排出を2005年の水準よりも17%低くするという大統領の約束を満たすのを助けると考えられる。実際、景気後退と石炭から天然ガスの発電所への切り替えの広がりのおかげで、アメリカの排出は減っている。しかし、十分には早くない。それらは2005年の水準のたった7%下で、その政権はそれらが再び上がり始めると推計する。

環境団体は、オバマ氏の計画が、もし精力的に追い求められれば、アメリカをその目標に向けてかなり進ませるかもしれないという。しかし、その大統領は、例えば天然ガスの掘削と運搬からの排出を減らす必要についてほどあおられていない。彼は、その計画のもっとも重要な要素である既存の発電所から彼が見たいと思っているだろう削減の規模に何の指示も与えていない。そして、どれだけEPAのルールが過酷でも、それらを起草し実行することは、長くて不確実な過程だろう。

温室効果ガスについてのEPAの権威は、スモッグと戦うために1970年に最初に可決された清浄空気法から来ている。その同意のもとで、その機関は、既存の発電所の水準を提案し、コメントを聞いた後でそれらを修正し、それからそれぞれの州が数年後になるかもしれない従う火を決めるだろう実行計画を示すのを待たなければならない。オバマ氏は、故に新たな標準が排出を少しでも減らす前に執務室から出ていきそうだ。

さらに、その機関がその法の下で発布した二酸化炭素ほど広がった汚染物質ではないものへの比較的穏やかなルールでさえも、終わりなき訴訟を惹き起こしている。例えば、今週、最高裁は、州の境界を越えて漂うオゾンの制限への挑戦を聞くことに同意した。その法の関連項がEPAに削減を加速するための取引枠組みやほかの市場に基づいた気候を採用することを認めるかどうか、または特定の技術的修正を求めることを許すだけなのかについての大きな不確実性がある。そして、たとえそのルールが裁判所で生き残ったとしても、ジョージ・W.ブッシュの手下が2005年に、水銀がその法の特定項の下で規制されるべき特に危険な汚染物質だと言うクリントン時代の裁定についてしたように、将来の政権がそれをひっくり返すことができるかもしれない。
 

それを少なくしたければ、課税しろ

オバマ氏自身も、議会が事実上いかなるものからでも炭素に統一価格を課すというより包括的な腫瘍を採用すればはるかにいいだろうということを認める。それは、削減がより安く効率的に成し遂げられるようにするだろう。しかし、すべてのそのような提案は、議会で座礁している。2009年のその最後の大きな一押しは、翌年の中間選挙で多くの民主党員にその議席を犠牲にさせた。

多くの下院共和党員は、その惑星が熱くなっているということすら疑っている。オバマ氏の計画の費用と有効性について疑問を持つものもいる。ほとんどすべてが、環境規制で経済を締めたとして民主党を来年の中間選挙で非難するという見通しを熱望している。だから、オバマ氏の演説のもっとも情熱的な部分が、気候変動が本当であるとその隣人を説得し、それにしたがって彼らに投票するよう促すことを支持者に求めた時だったのは、何の不思議もない。
 

発行日: 
2013-06-29
雑誌名: 
記事区分: 
主カテゴリー: 
キーワード: 
0
まだ投票はありません

コメント

コメントを追加