あなたは湿るだろう - 沿岸の都市と気候変動

アメリカ人は、海水面が上がっている時でさえも、海岸の家を建てている

ハリケーンサンデーがニューヨークとニュージャージーを通って引き裂く前に、それはフロリダで止まった。巨大な波がビーチを覆い、フォートローダーデールのコンクリートの堤防に押し寄せ、フロリダの沿岸の高速道路のA1Aにあふれた。ひと月後、別の一続きの暴力的な嵐が南部フロリダを襲い、フォートローダーデールのビーチとA1Aのかなりの部分をひどく侵食した。労働者は新しい堤防を建設し、高速道路を修理し、いくつかの歩道橋を付け加えている。ビーチの侵食はフォートローダーデールに中部フロリダの内陸の鉱山から砂を買うよう強いた。その鉱山の柔らかく白い砂は、もともとのより暗く粒の粗いものに対して目立つ。

ハリケーンと嵐は、フロリダにとって新しいものでも何でもない。しかし、海が温かくなるにつれ、ハリケーンはより強烈になっている。さらに事態を悪くしているのは、これが鋭く上がる海水面の背景に対して起こっており、かつては季節的な悩みだったものを実存する脅威に変えている。

約2,000年間、海水面は比較的不変に保たれていた。しかしながら、1880-2011年の間に、それは年平均0.07インチ(1.8ミリ)上がり、1993-2011年の間には、その平均は年に0.11-0.13インチだった。2007年には、気候変動に関する政府間パネル(IPCC)が、海水面は2100年までに23インチまで上がりうると予測したが、それ以来多くの科学者がその予測があまりに保守的だと言っている。海はまた、温まっていると予想され、それはハリケーンと熱帯性的気圧をより強烈にするかもしれない。

前世紀に海水面が上がっていた時でさえ、アメリカ人たちはビーチの近くに競って家を建てていた。現代アメリカの海岸線に襲いかかった嵐は、より多く破壊するので、以前のものよりも多くの経済的損害の原因となる。1926年のカテゴリー4の嵐大マイアミハリケーンは、現在のドル換算で10億ドルの損害を引き起こした。もしそれが今襲いかかれば、保険業者の損失は1,250億ドルになるだろう、と破壊モデリング会社のAIRワールドワイドは計算する。1992年に、カテゴリー5の嵐ハリケーンアンドリューは、230億ドルの損害の原因となった。現在ならば、それはその倍だろう。

ほとんどのフロリダ人は、沿岸の郡に住んでいる。建物は低地に群れており、どのほかの州よりも多くの人々が、満潮時の海水面寄りの4フィート(1.2メートル)以下の土地に住んでいる。フロリダの石灰岩岩盤のために、その真水の地下水は簡単に上昇する海からの塩水によって汚染される。そして、それは、たった6インチの海水面上昇で荒らされるだろう運河に、洪水管理を大きく依存している。

南部フロリダだけが気候変動とハリケーンによって脅威にさらされている地域ではない。増加する雨、暴力的な嵐、そして上昇する海水面は、サンフランシスコやシアトルの周りの低地、またはサクラメント川とサンホアキン川のデルタからサクラメントとカリフォルニアのセントラルヴァレーの一帯を守る土手を水浸しにしうる。

アメリカの石油化学産業の中心ヒューストンと、その最大の海軍基地があるヴァージニア州ノーフォークもまた、困難に陥りうる。だから、ノースカロライナのアウター・バンクスのような大西洋岸沿いや、メリーランドの東海岸のような伝統的な大西洋海洋地域の堡礁島もそうなりうる。これらの二つの地域は、南部フロリダのように、人口と開発の急速な増加を経験している。

ニューヨークもまたリスクにさらされている。ハリケーンサンデーが昨秋示したように、マンハッタンは上昇する海水面にたいして脆弱だ。サンデーによって洪水になった地区は、ほぼ完全に17世紀以来に埋め立てられた土地に対応する。その土地は、当時よりも今、はるかに脆弱だ。オランダのVU大学のジェローン・アールツトワウテル・ボッツェンは、嵐と洪水によって脅かされている構造物の価値が、前世紀の4-7倍に増えていると計算する。1983年に洪水地図が最後に更新されて以来、その町の氾濫域内部の床面積は、40%増えて5.35億平方フィートになっている。

しかしながら、家主から買い上げたり既存の建物の床を上げると言った伝統的な洪水緩和計画は、ニューヨークでは実際的ではない。その町のサンデー後の改造計画の先頭に立つセス・ピンスキーは、ニューヨークが今40万の人々、27万の職、そして6.8万の建物を、100年間の氾濫原の中に持っていると注意する。ニューヨークの1階は店舗に使われている。建物の床を上げることは、あまりに費用がかかるか、近所にとってあまりに破壊的か、またはその両方だろう。

海岸線をひっくり返してビーチ、砂丘、または湿地にすることは、混雑したマンハッタンではうまく行かない。そこでは、他の町のように、水辺をより少なくではなくより多く開発したいと思っている。ロンドン、ロッテルダム、サンクトペテルブルグを守る水門に似たもので、大西洋への口に巨大なアラウィの防壁を作ってその町を守ることを提案するものもいる。しかし、徐々に上がる値札(290億ドルにもなる)は別にしても、そのような障壁は、その地域外の洪水リスクを悪化させうる。

2007年に、ニューヨーク市長のマイケル・ブルームバーグは、気候変動に適応するための計画であるPlaNYCを発表した。それは、その市長への見方によって「野心的」とも「独裁的」とも呼べるだろう。それは、とりわけ、その町をより涼しく保ちより多くの嵐の排水を吸収するように、湿地を守りより多くの木を植えることを要求した。それはまた、建築基準の変化も要求する。
 

マイクの堤防

その考えの多くは、ブロンクスの食料分配センターや、マンハッタンのイーストサイドの病院、そしてスタテンアイランドの沿岸共同体と言った、重要な社会資本を守るための堤防や土手を要求する、6月11日に発表されたより広範囲に広がるサンデー後の計画に組み入れられた。それは、小川や河が居住地域に流れ込まないようにするための、高潮障壁を勧める。多目的の土手で守られたバッテリー・パーク・シティをモデルにした新しい低地マンハッタン地区、そして外側の行政区の周りの砂丘、ビーチ、そして湿地のような新しいまたは修復された天然の障壁だ。

その町は、電気設備のような重要なものを地面から高いところに動かすよう、建物の所有者に動機づけを提供するだろう。それは、ゾーニングと建築基準を修正し、新しい建築物に床を上げるよう奨励し、病院、通信などの公益事業がよりきつい回復力基準に合わせるよう要求する。ブルームバーグ氏は値札をほぼ200億ドルとしているが、今のところ町と連邦の財源からたった150億ドルしか見つけていない。しかし、ニューヨークの異常に高い経済産出は別にして、その価格はほとんど突飛ではない。

ニューヨークの計画は、気候変動は地球規模だけれども、適応は現地のものだということを例証する。アメリカでは、土地利用、ゾーニング、建設、そして交通は、一般的に国か現地の支配下にある。それは、アメリカをオランダのようなより中央集権的な国とは分けている。ブルームバーグ氏の元顧問のロヒト・アガーワラは、「たとえ責任を取りたいと思っていても、連邦政府がこの問題の先導者かどうかははっきりしない」と言う。災害の間に、アメリカ合衆国連邦緊急事態管理庁(FEMA)は、きれいにするために入ってくるかもしれないが、撤退命令は国や地方の当局から来て、警察、消防と医療チームもまた現地で雇われる傾向にある。

連邦政府は、特にそれが追加の資金を持ってくるので、補助的な役割を果たす。例えば、FEMAは繰り返し洪水に襲われる家を買い上げる。2009年以来、アメリカ陸軍工兵隊は、海水面上昇の予測をすべてその土木工事計画に組み込んでいる。アメリカ合衆国住宅都市開発省は、町や地域が気候変動適応計画や研究について一緒に働くよう奨励する補助金を提供する。そして、別の連邦のサンデー後の特別委員会は、災害基金から500億ドル以上使って再建された構造物全てに、もっとも最近の連邦洪水指針よりも1フィート高くすることを求めている。去年、議会は連邦政府が長い間氾濫原の上に住んだり建設したりした家の持ち主に提供してきた保険補助金を徐々にやめるよう求めた。そのような補助金は、事実上人々が危険な場所に住むために支払われているのだ。

ある地域の準備具合は、幾分かは、どれだけ真剣にその指導者たちが気候変動をとらえているかによる。率先した気持ちを持つ町は、力を合わせている。ニューヨークとほかの10の町は、世界中の61の町と一緒に、クリントン気候変動イニシアチヴの後援の下で、温室効果ガス排出を削減するための計画と情報を共有し、気候変動に適応している。フロリダでは、その全人口の1/4以上を占めるその州で最も人口稠密な3つを含んだ最南端の4つの郡が、南東フロリダ地域気候変動盟約を形成している。これらの郡は、データを共有し、立法で協力し、一致して財源を求めている。

連邦政府は、人々が気候変動にそれほど説得されない地域に対して限られた影響力しか持っていない。例えば、ノースカロライナの議員たちは、「そのような率が…歴史的な傾向と一致していない、加速する海水面上昇のシナリオ」を違法化している。(一人の怒ったノースカロライナ人が注記したように、これは気象学者に、沿岸に向かって疾走するハリケーンのレーダーの画像を見ることによってではなく、『ファーマーズ・アルマナック』に助言を求めることによって天気を予想するよう命令するようなものだ。)マサチューセッツ工科大学による調査は、世界的に見てアメリカの町はもっとも変化する気候に適応するための計画を持ちそうもないことを見つけた。しかし、いくらかは、少なくとも、始まっている。
 

発行日: 
2013-06-15
雑誌名: 
記事区分: 
主カテゴリー: 
キーワード: 
関連国名: 
0
まだ投票はありません

コメント

コメントを追加